--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろしくお願いします / KREVA

2007年09月23日 02:39





01. ストロングスタイル
02. THE SHOW
03. YOU DON'T STOP!!
04. 揺さぶるブルー
05. ビコーズ
06. You are my sunshine feat. 千晴
07. 今日だけでいい feat. SONOMI & ALI-KICK
08. ため息はCO2
09. くればいいのに feat. 草野マサムネ from SPITZ (ALBUM VERSION)
10. 東西南北脳内回想録
11. SWEET SWEET メモリーズ feat. SONOMI
12. アグレッシ部
13. 終わりたくないオーワラナイ
14. THE SHOW(熊井吾郎Remix)
15. Have a nice day!
16. アグレッシ部(Remix) feat. KOHEI JAPAN & SHINGO☆西成



ヒップホップを世間に広げるという以前はジブラが中心的に担っていた役割を、今や彼に代わって担っていると言っても過言では無い
クレバの新作のタイトルは「よろしくお願いします」。
「アグレッシ部」「くればいいのに」に続きアレなタイトルの本作だが、
多作な彼が珍しく時間をかけただけありかなり完成度の高い一枚に仕上がっている。

冒頭の「ストロングスタイル」では本作で最も挑戦的なトラックの上で、
近年の彼にしては珍しいセルフ・ボースティングを示したリリックをストレートに聴かせる。
ライムの塊の定番フックが心地よい「THE SHOW」では
「狙い外さねぇ つーか狙わねぇ リアルな表現に目が覚め 人は人 俺は俺 やいのやいの言う前によこしなbeat beat」と、
巷に溢れる自身に対するディスへの返答を聴かせてくれる。
この曲では自身の音楽活動への一途な想いを歌っており、この曲全体がディスへの回答とも捉えられると思う。

DJタツタ・プロデュースの「東西南北脳内回想録」ではライブ等の直接的な表現を使わず全国巡行の様子を描写したリリックが秀逸。
オリジナルの「アグレッシ部」の歌詞は「今日は俺が俺の味方 広い世界 ただ一人になろうが」と、
よくよく考えたらあんまりな内容なのだが続編ともいえるリミックス曲で上手く着地したので安心した。
客演は歌詞の展開や韻の踏み方をクレバに上手く合わせいい仕事をしている。
特にここでもゲトーの現状を叫ぶシンゴ☆西成のストイックさに感動した。

ライブを意識したという本作の構成はアウトロからアンコールへの流れも含め素晴らしい。
特に驚いたのが「Have a nice day!」の位置で、人気曲をアンコールまで取っておく感じが実際のライブっぽい。
クレバの耳辺りの良さを追求したラップは今作において更なる飛躍を遂げている。
ライムの数は物凄く、ひたすらBPM遅めのメロウ曲が続くアルバムを客演も大して呼ばず
リスナーの耳を飽きさせないのは多くのフロウの引き出しがある証拠だ。
リリックも素晴らしくその辺の粋がってるだけのラッパーの歌詞より遥かに上質だ。

ただ前作に引き続き、恋愛がテーマのメロウな曲がアルバムの大半を占め、
次回作も同じ感じだと流石にマーケティング的に考えても不味いと思うのだが。
次はぜひ「ストロングスタイル」「Have a nice day!」辺りの作風を突き詰めた作品が聴きたい。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/97-19bb8fcc
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。