--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOCK to BLOCK / MARS MANIE

2007年08月29日 18:45





01. BLOCK to BLOCK
02. FIRST CHOICE feat. DELI
03. HOOD STAR
04. BOWSOWSHA feat. FULL CONTACT
05. INTERSECTION (SKIT)
06. STONEHILL feat. SMOKEY GUNZ
07. GET SHOT
08. STAND UP!
09. 24 feat. SHOEFLY, KENWHEEL & NICKY-HYPE
10. VOICE MESSAGE (SKIT)
11. MONEY feat. LUNCH TIME SPEAX
12. LUV FLIGHT feat. KASHI DA HANDSOME
13. MIDFINGAZ UP feat. BIG Z & MIKRIS
14. NEVA TOO LATE feat. SUIKEN
15. DEAR…



フルコンタクトのメンバーとして活動していたマーズ・マニーは、デリ関係の作品に数多く客演する事で徐々に知名度を上げていった。
ただ、デリやミクリス等同じJBL周辺の強烈な個性を持つラッパーと比べると少々影が薄い印象は否めなかった。
そんな彼がヤッコをエクスキューティブ・プロデューサーに迎え、ファースト・ソロアルバムを製作した。

本作の目標として世界標準のクオリティを目指したそうで、
ヤッコ製作のスケールの大きいトラックがUSのメインストリームHIPHOPにも負けない鳴りを聴かせてくれる。
ヤッコのトラックはクオリティは高いもののバラエティ豊かとは言えないのが欠点だが、
そこをBUCKFIRE、TEE$UE等の他のプロデューサーのヤッコとはまた一味違ったトラックをアルバムに加える事でマンネリ感を回避している。

ゆっくりめのフローを基本とするマーズ・マニーのラップは時に瞬発力に欠けるが、
そこをフック参加の客演が補う「BOWSOWSHA」「MIDFINGAZ UP」辺りが本作のハイライトとなっている。
しっとりとリリックを聴かせる彼の持ち味が発揮された終盤の「NEVA TOO LATE」「DEAR…」もまた聴き所。

ヤッコのトラックとマーズ・マニーの相性の良さや各ビートのかっこ良さ、客演陣の使い方の巧みさ等により本作はかなり高い完成度となっている。
マーズ・マニーという素材の魅力を120%引き出したヤッコのプロデュース能力に拍手。
マーズ・マニーに苦手意識を持っている人にもぜひ聴いて欲しい良盤。


JBL SHIT / MARS MANIE


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/94-0be686bb
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。