--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛・自分博 / KREVA

2007年01月26日 22:20





01. H.A.P.PY
02. 国民的行事
03. It`s for you
04. いいと思う
05. Island life feat. SONOMI
06. イッサイガッサイ
07. 涙止まれよ feat. SONOMI
08. 江戸川ロックオン feat. CUEZERO, WADA
09. 暗闇のナビゲイラ
10. トリートメント feat. DABO, CUEZERO
11. スタート
12. My Life



幼馴染のキューゼロとのグループ・バイファー・ザ・ドーペストによる現場の活動は長く、
B-BOY PARKのMCバトルで1999年から2001年にかけて三連覇を達成するなど、アンダーグラウンドで確実なプロップスを得ていたクレバ
しかしメジャーデビュー以降のキック・ザ・カン・クルーの音楽性はポップスに寄り添ったものになり、
商業的な成功を収めはしたもののヘッズからの評価は賛否両論であった。

ソロ・アルバムとしては二枚目となる本作も一般層を強く意識した作品になっているものの、
キック・ザ・カン・クルーのメジャー三枚目の「GOOD MUSIC」以降顕著になっていた
音数を絞ったトラックで聴かせるスタイルが更に研ぎ澄まされ、かなり完成度の高い一枚になっていると思う。

非常に統一感のあるアルバムの中で唯一浮きまくっているのが元韻踏合組合のエヴィス・ビーツが手掛けた「国民的行事」。
モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の主旋律をサンプリングするという、
エビスお得意のギリギリのネタ使いが炸裂したこの曲は意外に悪くない出来。
この曲の狂いっぷりはある意味ヒップホップ的であり、この曲が有線等を通して全国的に流れた事実そのものが痛快であった。
ダボとキューゼロを迎えた「トリートメント」もスケールの大きな曲となっており、
ダボとクレバの競演という事実も然ることながら曲その物の出来も素晴らしい。

本作でのクレバのラップは聴こえの良さを最優先しており、フロウやライミングの面白みには欠けている。
またリリックもシンプルなものが多く、捻った言い回しを求める向きには少々物足りないかも知れない。
とは言えひたすらメロウな楽曲を集めた本作ほどミニマルな作品は、日本語ラップは元より邦楽全体を見渡しても例が無いと思う。
そういった意味でも本作のオリジナルティは非常に高いと言える。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/62-6f296fba
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。