--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EPOCH / RIP SLYME

2006年12月30日 06:03





01. EPOCH ~intro~
02. ELEPHANT
03. Hot chocolate
04. ブロウ
05. Island
06. パーリーピーポー
07. DIG DUG
08. レッツゴー7~8匹 feat. スチャダラパー
09. Break beats ERA
10. アゲインスト
11. ラヴぃ
12. Present
13. LINDA
14. Wonderful



メジャーデビュー以来順調にキャリアを積み重ねてきたリップだが、
ベストアルバム発表後DJフミヤが自律神経失調症の為休養期間に入り、
プロデューサー不在のままの活動を余儀なくされる。
フミヤが復帰するまでの間、ペス・プロデュースのシングル「Hot chocolate」を発表したり、
布袋寅泰やくるりといった他ジャンルのアーティストとのコラボレーションを果たしてきた。

そして約1年の充電期間を経てフミヤが復帰し、久しぶりにメンバー全員揃ってのシングル「ブロウ」が製作された。
疾走感のあるトラックに楽しげな掛け合いのラップが乗り、フックの爆発力とキャッチーさも素晴らしく、
まさにリップのシングルの王道を行く安定した出来であった。
そしてフミヤの溜まりに溜まった製作意欲に急かされる様にして、メジャー5枚目のアルバム「EPOCH」が製作された。

精神的には1stに近い心境で製作されたという本作は、曲の濃度の高さやバリエーションの豊富さなど、「FIVE」と重なる部分も多い。
シングル等で様々なコラボをした影響か、リップにしては珍しく本作には
バーバルやスチャダラパーなどベテラン所のアーティストを客演に迎えている。
しかし大した化学反応は起こっておらず、彼らの必要性はそんなに感じなかった。

また曲の繋がりなどは悪くないものの、長めの曲が多くアルバムの流れはかなりゆっくりに感じた。
本作のテーマは自然と人間との共存らしいが、リリックからその様なものはあまり読み取れず
トラックもピコピコの電子音入りまくりで、自然が感じられるのはジャケットと前半の数曲くらいである。
MC陣の中ではやはりペスが一番上手く彼のラップが最もスリリングである。

作品の大きなウエイトをパーティーチューンが占めている一方で、歌フロウが心地良い癒し系の楽曲「Island」は
ボサノバやジャズの要素を取り入れており、ヒップホップの王道から外れているもののかなり素晴らしい出来。
リップはこのように様々なジャンルの音楽をヒップホップのフィルターを通して処理し、
ポップスとしても聴けるような作品に仕上げるのが本当に上手いと思う。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/55-b1779d57
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。