--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKYO TRIBE 2 / MURO

2006年11月22日 16:56





01 .THE EXTRAVAGANZA feat. YOUNG CHRIS from YOUNG GUNZ, KOOL G RAP
02. J.P.N. PART2 feat. BIG-Z & B.D.
03. V.I.P. feat. BIG-O, SUIKEN, ChiefLOW
04. TRIBE LIFE feat. TWIGY&KASHI DA HANDSOME
05. REAL TOKYO SHIT feat. S-WORD
06. Mr.PITIFUL 2006 feat. Prodigy
07. MIDNIGHT MOVERS feat. HIPSTER & ASIAN STAR
08. THE ROOSEVELT feat. GHOSTFACE KILLAH, RAEKWON, TRIFE DA GOD
09. ROCK BABY ROCK feat. JBM, KGE,MIKRIS, B.D.
10. SO COOL feat. DE LA SOUL&LUNCH IME SPEAX
11. TRAIL BLAZER feat. t-Ace
12. FOREVER FRESH feat. BIG-O



本作は東京のストリートカルチャーに強い影響を受けたヒップホップ・コミック、
「Tokyo Tribe 2」のアニメーションのサウンド・トラックであり、全編をキング・オブ・ディギンことムロがプロデュースしている。
ムロは本作において全曲をサンプリングを用いて製作しており、そのセンス溢れるネタ使いによりトラックのクオリティは全曲凄まじく高い。

ジャスト・ブレイズと共同で製作した冒頭とラストの曲では、ムロがネタを選び、ジャスト・ブレイズがそれを組み立てるという手法がとられ、
ムロとジャスト・ブレイズのアイデアが融合した素晴らしい出来となっている。
スウォード流の「Tokyo shit」である「REAL TOKYO SHIT」では幻想的なトラックで彼の魅力を倍増させている。

本作では、ゴースト・フェイス・キラー、レイクウォン、デラ・ソウル等海外の超豪華な客演を迎えているが、
日本勢のアーティストも負けじと数々の好演を見せてくれ、彼らが同じ土俵で切磋琢磨している様が頼もしくさえある。
しかし何よりも、ムロ自ら最高傑作と言うだけあり、今作のムロのプロデュース・ワークは素晴らしく一曲一曲の完成度が非常に高い。



コメント

  1. SL-78 | URL | -

    コレって今日発売ぢゃないんすか!?レビューの完成度もさることながら、耳の確かさもハンパないっすね、、いやはやマジ参考なります。

  2. taill | URL | -

    お褒めの言葉ありがとうございます!
    せっかく発売日に買ったので、早めにレビューしとこうと頑張りました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/34-d2b2ec35
この記事へのトラックバック


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。