--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルダン 【世界一周 10ヶ国目】 ペトラ編

2015年08月04日 00:00

【滞在した場所】アカバ、ワディ・ムーサ
【訪れた世界遺産】ペトラ

DSC08707.jpg

DSC08735.jpg

DSC08738.jpg

DSC09127.jpg

DSC08754.jpg

IMG_6125.jpg

IMG_6126.jpg

DSC08827.jpg

DSC08857.jpg

DSC09071.jpg

DSC08858.jpg

DSC08914.jpg

DSC08936.jpg

DSC08975.jpg

DSC09049.jpg

アカバに宿泊した翌朝、今度こそワディ・ムーサに到着すべくバスステーションに向かう。
バス停に近づくと赤の頭巾を被った男がバスはこっちだと案内してくる。
警戒しつつもついていくと、バスの正面にワディ・ムーサ行きと書いてある。どうやらこれらしい。
男が5JDを払えと言ってくる。旅行ガイド本記載の料金だ。チケットをくれと言うと男は取ってくると言って去っていった。
その後、本物のドライバーがやって来て危うく騙されかけたことに気が付いた。

ヨルダンのバスは出発時間が決まっておらず、バスが満席になるまで出発しない。
バスの中で待っていると、昨晩追い掛け回してきたタクシードライバーが中に入ってきて
「タクシーならすぐに出発するよ」と勧誘してくる。しつこ過ぎる!誰が載るか!
結局3時間位待ってやっとバスは出発した。
砂漠と岩の異国情緒全開の大地をバスは2時間で駆け抜け、念願のワディ・ムーサに到着する。
翌日はついにペトラの観光だ。

ペトラ遺跡はとても広く、最短コースでもアップダウンの激しい道を8km程歩くことになる。
翌朝、1.5リットルの水と食料を持って心して出発する。
宿からタクシー(1JD/110円)で3分で遺跡の入口に辿り着き、チケット(50JD!)を買って中に入る。
道中では客引きをするラクダやロバ、馬使い達の声が飛び交う。
この手の乗り物は尻が痛くなるし、料金も20分で10JDと高いので絶対に乗りたくない。

しばらく歩くと、シークと呼ばれる両脇を60m~100mの高い岩に挟まれた小道が見えてくる。
道幅は5m程でまわりの景色が遮断され、空からの光のみが見えるこの光景は非常に幻想的。
この道をしばらく歩くと岩と岩の間からペトラ遺跡の目玉であるエル・ハズネ(宝物殿)が見えてくる。

ペトラは2000年以上前から、アラビア半島からやって来た遊牧民のナバタイ人やベドウィンによって栄えた中継都市だ。
かつて隊商が、インドからアラビア半島を横断して地中海に至るルート上で、
ヨルダン高原から標高差のある死海~アカバのワディ・アラバにどうやって下りるかが大問題だった。
ペトラはワディ・ムーサを源にした川が、険しい渓谷をうがってワディ・アラバへ流れ落ちるその入口に位置し、
隊商にそのルートを通行させることで栄えていた。
岩をくり抜いて造った多くの建造物の岩肌は様々な色をしており、早朝と夕方は幻想的な赤色に染まる。
インディジョーンズ/最後の聖戦の舞台にもなったエル・ハズネは
光の微妙な違いにより、1日に50色ものバラ色を見せるとも言われている。

エル・ハズネに感動し先に進む。道中には岩をくり抜いて作った住居が数多くある。
ペトラには2000年前には2万人もの人が住んでいたらしい。
住居の中は丸みをおびており、バルセロナのガウディ建築の元ネタはこれなんじゃないかと思ったりした。
他には岩を切り出して作ったコロッセオの小型版のようなローマ円形劇場もある。
これはこの地がローマ帝国に支配されていた時に作られたらしい。

ペトラ考古学博物館に行ったりしつつ(2部屋しかなくて博物館というより資料室)、
最終目的地であるエド・ディル(修道院跡)を目指す。
ここは1世紀頃に建てられたナバタイ人の神殿で、エル・ハズネと並ぶペトラ遺跡の目玉だが、
遺跡の一番奥に位置し、急な坂道を1時間かけて登らないと見ることが出来ない。
険しい坂道をロバに乗った他の客に何度も追い抜かれながら登り切り、ついにエド・ディルに辿り着く。
エル・ハズネの方が造形は細かいが、立体感はこちらが上で、一回りおおきいものあり凄い迫力だ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/282-4d1ffe12
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。