--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア 【世界一周 8ヶ国目】

2015年07月31日 00:00

【滞在した場所】ベネチア、ローマ
【訪れた世界遺産】ヴェネツィアとその潟、ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂、バチカン市国

DSC08034.jpg

DSC07744.jpg

DSC07807.jpg

DSC07839.jpg

DSC07653.jpg

DSC07707.jpg

DSC07853.jpg

IMG_5338.jpg

DSC07908.jpg

IMG_5637.jpg

DSC08114.jpg

IMG_5737.jpg

IMG_5795.jpg

IMG_5893.jpg

IMG_5970.jpg

バルセロナ観光翌日、イタリアのベネチアを目指した。まずはバルセロナ空港からイタリアのベニスに向かう。
所要時間は2時間程。楽勝だ。そこからベネチアはバスで30分程度。

世界で最も美しい都と言われるベネチアは周囲約11km程の小さな島で、
海面ギリギリまで建てられた歴史ある建造物と海が美しく調和している。
街には乳母車ぐらいしか車輪の付いたものは走っていないのでとても静かだ。
また治安も非常に良く、迷路みたいに入り組んだ街中で夜、本気で迷子になったのだが、身の危険を感じることはなかった。
街中の移動手段は船。12時間乗り放題のチケットが20ユーロだった。海上には船タクシーやゴンドラも走っている。

街中にはたくさんの教会や美術館がひしめき合っていて、観光には事欠かない。
また小さなショップがあちこちにあり、街を散策するだけでも楽しい。
街を散策していると、観光客が集結するポイントだけでなく地元民の生活エリアにも流れ着いた。
船に載せたまま商品を販売しているお店を見つけたりと、地元の雰囲気に触れることができ、ホッコリした気持ちになった。

ベネチアを観光した翌日、新幹線でローマに向かった。
所要時間は5時間程だったのだが、あいにく15時40分発の便しか取れず、ローマには20時着となった。
宿に向かうため駅前のタクシー乗り場でタクシーに乗ったのだが、
車が出発してしばらくすると運転手がローマのタクシー料金は一律20ユーロだと言い出した。
ローマの面積はかなりあり、明らかな嘘だ。
警察を呼ぶぞと反論すると運転手は急に弱気になり、なら8ユーロにまけると言い出した。
それでも十分高かったが、これ以上交渉するのもめんどくさいので料金を支払って宿に向かった。

翌日はローマの観光日だ。当日乗り放題の地下鉄チケット(6ユーロ)を買って、ローマを周遊する。
まずはローマで一番有名であろう建造物、コロッセオに向かう。
2000年前の西暦80年に造られた闘技場の、東京ドーム程の大きさに圧倒される。
その後ローマ共和政時代の政治所フォロ・ロマーノに行く。
帝政時代に度重なる蛮族の侵入によって破壊され、今ではほとんど廃墟と化している。
ローマの休日で有名な真実の口があるサンタ・マリア教会は完全に観光地化していた。
後ろ向きでコインを泉に投げ入れると再びローマに訪れることができるという言い伝えのある、トレヴィの泉ではコイン投げを実践した。
現存するローマ建築最大の石造り建築であるパンテオンは神々しいまでの迫力だった。

ローマ観光中は地下鉄が動かなくなり、結局歩いて周わったのだが、車の往来が激しく大変だった。
ローマの休日みたいな優雅なイメージも持っていたが、実際は全然違った。

翌日、ローマ内部に位置する独立国ヴァティカン市国の観光に向かう。
ここの観光ポイントはサン・ピエトロ寺院とヴァティカン博物館の2つのみだが、
ヴァティカン博物館が非常に広大であるため、一日かけて周ることにした。

広大なヴァティカン博物館の内部を、日本語の音声ガイドを聞きながらじっくりと周る。
素晴らしい作品だらけだったが、ラファエッロ作の壁画が描かれたラファエッロの間と
ミケランジェロ作の最後の審判が描かれたシスティーナ礼拝堂は別格だった。
構図の素晴らしさであったり、彩色の立体感であったり、素人目にもその凄さは伝わってきた。
最後の審判では、人類の誕生から審判の時まで、キリスト教世界の真理の全てが表現されている。

その後、いよいよキリスト教の総本山であるサン・ピエトロ寺院に向かう。
これまでオーストラリア、南米、ヨーロッパで主要な教会を周ってきたので、なんとも感慨深い。
寺院の内装は非常に豪華なのだが、装飾過多な印象はまるでない。
全ての装飾が完璧な計算の元配置されているようにも感じる、素晴らしい場所だ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/279-4a246ef8
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。