--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本のある生活

2011年10月07日 23:00



読書好き的にはタイトルだけでつい手に取ってしまう技有りな題名の本書。
内容は大手取次勤務(取次とは出版社と本屋の橋渡しをする本専門の問屋)、自営の本屋店長を経て
現在は出版社の代行で本屋に出版書の営業をしている筆者が、
小説家その他との対談であったり、コラムであったりで本に関するアレコレを語った本。

もう少し具体的に言うと、活字離れのことだったり、電子辞書の到来による紙の本の危機、
アマゾンに飲み込まれる本屋のことだったりとネガティブな話題が多い。
逆にポジティブな話題としては、筆者が日本支部代表を務める「ブッククロッシング」というものがある。

アメリカ発のこの活動は、自分の本に「これは旅する本です。興味のある人はぜひ読んで他の人に渡して下さい」
と書いた紙とタグを貼り付け、街のどこかに置いてくる、
運よく街の見知らぬ誰かがその本を読んで、また街に置いてくれればそのサイクルが続き本が旅をするというもの。
本のタグに付いた情報に基づきネットで検索すれば、その本の旅の履歴
(あくまでそれまでの持ち主が登録をしてくれればの話だが)を確認することができ、そこでその本の感想を書くことも出来る。
その本を拾った人が活動の意図を理解して、それ実施してくれれば良いのだが、過半数はそうしないと思うのだが。

出版業界の悪習慣(出版社から本屋に本が出荷された時点で、それが実際には消費者に売れなくても出版社に売上が発生してしまうこと)
書店員の給料が全業種の中でもトップレベルに低いことなど、興味深かい話題も多いのだけれど、
電子辞書より紙の本が良いとか、ビジネス書は糞とか、ブックカフェはスカしてる等単なる好き嫌いの話が多いのにはゲンナリする。

対談に関しても筆者が似た意見の人達と同調して盛り上がっているだけで読み応えが無い。
どうせならもっと意見をぶつけ合えば良い。これでは対談というよりインタビューだ。

★★★★★★☆☆☆☆


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/259-e5491a28
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。