--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のカルテ

2011年08月28日 23:00

ベストセラー「神様のカルテ」の映画化作品。2011年夏公開。



地域病院で深夜勤務等の激務をこなす一止(いちと)は、医療のあるべき姿、患者への接し方に思い悩んでいた。
上司の推薦で大学病院の学会に参加した彼は、そこで大物に認められ、職場の移動を勧められる。
その一方で、彼は大学病院で治療を断られた末期患者に熱意を傾けていく。

原作は読んでいないのだけれど、ベストセラーらしく整理整頓された話の中に分かりやすくテーマが並べられる。
例えば、医者と患者のあるべき距離。一人の患者に入れ込み過ぎると他の患者への対応が疎かになったり、
感情に振り回されて正しい判断が出来なくなる恐れがある。だが、逆に事務的に接し過ぎると患者は医者に心を閉ざしてしまう。

あるいは、医者のするべきこと。医療現場で目の前の患者の命を救うのか、
それとも最先端医療の研究・実験を重ねることで医療技術の進歩に貢献するのか。どちらが命を救うことになるのか。

本筋の話はこちらの予想を超えてくることは無く大人しい映画と言えるのだけれど、
主人公が住んでいる元旅館の集合住宅の造形や、そこの住民達の人となり、
それらの大正時代にタイムスリップしたかのような浮世離れした雰囲気、
一止の奥さん(宮崎あおい)の無邪気な魅力が、優しいスパイスとなって映画を肩肘張らずに楽しめる。
これらの雰囲気を盛り上げてくれる音楽も良かった。

ただ、映画を観終わった後に残る印象が、末期患者とのやりとりより、
旅館での仲間とのやりとりだったりするのはちと問題か(自分の人格的に)。

★★★★★★★☆☆☆


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/254-56905944
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。