--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFFECTION&HATE / ROWSHI

2011年06月11日 23:00

ソロデビュー以来順調に作品を発表し続ける籠獅改めROWSHIの3rdアルバム。

2011.5.18 Release

01. INTRO
02. WARRIOR
03. EMMM feat. AK69, ZANG HAOZI
04. ALCOHOL feat. BIG RON
05. YOUTH -baby baby-
06. FRENEMY feat. BIGIZ' MAFIA, D+C
07. AFFECTION&HATE
08. SURVIVE feat. RYUZO, FREEZ
09. DACHI
10. SKIT -DOGENYA-
11. どげんや!?日本 -Chapter2-
12. R&X feat. TOKONA-X

これまでの作品でもZEEBRAであったり般若であったり、日本のHIPHOPアーティストからの強い影響を感じる
ラップを聴かせていた彼だが、本作でも他アーティストの影響、というかそのまんま同じ表現が見られる。

例えば2曲目「WARRIOR」の冒頭「真っ直ぐな眼差しの少年が ひた向き歩いてた十数年間 
自由を追い求めた正念場 故郷捨て未来の挑戦さ」なんかはDS455の代表曲「僕の中の少年」のサビ
「僕の中の少年は 未だ毎日が正念場」に似ているし、7曲目「AFFECTION&HATE」の
「手にしたモノは腐る程ある 失うモノは気にしてもしゃあねえ」は、TOKONA-X の「New York New York」の
「はれて手に入れたものは数知れねー 亡くしたモンとかしゃあねー」とほぼ同じだ。
歌詞が似ているだけでなく、フロウも同じなので偶然とも言えないし
ラップをそのまま流用しているだけなので、オマージュとしての引用にもなっていない。

上記のようなネタ元の曲は全て2000年前半の作品で、本作の雰囲気も日本語をはっきり発音するあの頃の
ハーコーラップを彷彿とさせるものとなっている。今となっては古風な作風だが個人的には嫌いじゃない。

戦ってきた自分の人生を振り返る「WARRIOR」や仲間への想いを歌った「DACHI」は
前作のミニアルバムと作風が同じだし、叶わぬ恋を描いた「YOUTH -baby baby-」の方向性は
2ndアルバム収録の「オマエ」に通じる。
また、1stアルバム収録の「どげんや!?日本」のサビを流用した「どげんや!?日本 -Chapter2-」、
同じく1st収録の「This is my memory 」の続編的な「R&X」等
(ROWSHIのシリアスな歌詞とTOKONAの能天気な歌詞に落差ありまくり)
本作にはこれまでの作品で表現してきたものを再構築した楽曲が多い。

その為フレッシュな印象は無いが、1stアルバムの頃は言いたい事そのまんまの簡素過ぎな歌詞だったのが
耳当りの良さであったり単語の持つ力であったりを意識した言葉選びがされるようになり、
以前の作品よりもすいぶん洗練されてきている。リリースと共に少しずつ積み上げてきたスキルが感じられ、
ベタながらも日本語ラップの旨みが丁寧に表現されている。

ただ歌詞に言葉足らずな面があり、説得力に欠けるのはもったいない。
例えば「WARRIOR」に「クズだカスだ後ろ指さされ 子連れの親が睨んだ白い目 
腐った大人達に呑み込まれ 放り込まれた冷たく高い堀」とあるが、この歌詞には
なぜ彼と家族が後ろ指をさされたのか、また彼がなぜ刑務所もしくは少年院に入ることになったのか
具体的な理由が明示されていない。
これでは「家が貧乏だったので世間で差別されて、その腹いせに犯罪に走った」程度にしか解釈出来ず
(てか実際そうなのかもしれないが)共感は出来ない。もう少し歌詞の情報量を増やすなりして、
説得力を持たせないと自分の主張を一方的にしているだけの印象にしかならない。
ラップの響きだったり聴き取り易さだったりは仕上がっているので、後は歌詞の中身を改善するべきだろう。

いくつか苦言を呈してしまったが、それは今では貴重なスタイルを守っているROWSHIへの期待の裏返しだ。
全曲を手がけたZETTONの作風の全く異なるトラック群は皆水準以上の出来だし、
(特にキャッチーでハーコーな「FRENEMY」のビートは良い)
お約束な展開をするドラマが高視聴率を取るように、自身や他者の過去の作品を器用に取り入れ
アルバムをみごとに起承転結させた本作はROWSHIの現時点の最高傑作だと思う。



FRENEMY feat. BIGIZ' MAFIA, D+C / ROWSHI


WARRIOR / ROWSHI


DACHI / ROWSHI


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/246-b0553e9c
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。