--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bay Blues / OZROSAURUS

2011年06月05日 23:00

渾身の傑作アルバム「ROLLIN’045」より遡る事3年、結成間もないOZROSAURUSが
発表した4曲入りマキシシングル。

1998.10.1 Release

01. 鉄の意志
02. ドツボ
03. Bay Blues
04. 命のメロディー~遠い記憶Ⅲ

この作品を最初に聴いたのは10年以上前になるのだが、友人宅で強力ウーハー搭載のラジカセから流れて
きた冒頭の2曲の音圧の高さに飛ばされたものだ。

まだスタイルが完成していないとは言え、すでに個性がほとばしっているMACCHOのまくし立てるような
ラップに対しDJ TOMOは前半の2曲でビートを極限まで太くし対抗している。
変則ビートと変態フロウが絡み合う小曲「鉄の意志」と、極太ビートの猛襲にMACCHOが展開ごとに変化する
フロウで味付けしてみせた「ドツボ」は頭空っぽにして体で感じるべき2曲。
実際歌詞は押韻重視で意味はあってないみたいな仕上がりだ。

一転表題曲「Bay Blues」はタイトル通りブルージーな歌詞とトラックが用意され、言葉を伝えようと強く意識
された曲だ。ラップが聴き取りづらかったり、歌詞が韻に引っ張られて書かれている印象はここでもあるが、
歌詞は悪くない。ラスト「命のメロディー~遠い記憶Ⅲ」も同じ系統の曲で、DJ PMXの透明度の高いビートが
MACCHOの癖の強いラップを聴きやすくしてくれる。この曲に比べると表題曲はちょっと落ちるかな。

作品を触れて間もない頃は前半2曲のインパクトに惹かれ、聴き込む内に後半2曲の渋さに惹かれる非常に
バランスの良い一枚で、シングルサイズなのに1枚アルバム聴いたかのような充実感を与えてくれる作品だ。

mic02.gif


Bay Blues / OZROSAURUS

Ozrosaurus - Bay Blues 投稿者 riem2k


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/245-177cb5cc
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。