--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE EP / SCARS

2011年02月06日 23:00

SCARS名義では初となるミニアルバム。DEN主宰のLEGENDARY incより発表。

2010.12.15 Release

01. INTO LOW
02. MONSTER feat. 4WD
03. ツレズレ feat. DAG FORCE & VIKN
04. DISCONTENT feat. 4WD & 林鷹
05. CASH&THE CASHER feat. SARU & OHLD
06. GUTS EATER feat. G.P.S & DEN
07. はぐれメダル feat. 林鷹
08. OUTRO

ブランドの商品に消費者は、機能やデザイン、耐久性など商品そのものが持つ価値に加え
信頼性やイメージといったブランドが持つ価値に対して、高い対価を支払う。

本作はSCARS名義での作品だが、BES、A-thugは不参加、MANNY、STICKYはスキットのみ参加
bay4kも数曲の参加に留まり、SEEDAが多くの曲に参加しメンバーの抜けた穴は大量の客演が埋めている。
その為SCARS作品というよりSEEDA主導のコンピアルバムといった趣。
前作から製作者や出演者が総入れ替えした続編映画を見せられている気分だ。
SCARS名義なのはメンバーの裁判費用を稼ぐ為とか、またそう言った理由なのだろうか。

作品の名義と実際の参加者の乖離が酷い本作だが、SCARS名義だからなのか
参加者はSCARSの流儀に忠実にアクトをしていく。(DENの言いたい事をリズム感とか無視でラップしていく
KY加減もA-thugの代理と考えとく。A-Thugの方が好きだけど)

M-4「DISCONTENT」はシンプルで耳に残るギターとピアノのループとパキパキのビートに
林鷹の男前なフックがえらく映える。
4WDとbay4kのコントロールが行き届いたバースとフックとのバランスも絶妙で、
3分に満たない小曲なのはもったいない。この曲にはSEEDAもラップして欲しかった。

I-DeA製作のちと地味ながらも安定感溢れるトラックと、他プロデューサー製作の飛び道具的なトラックの上で
定番と実験が試みられた各曲の出来はそれなりだが、ボリュームが圧倒的に不足している。
タイトに短い作品にまとめたというより単にそれだけしか作れなかったという印象が強い。
デフレの今時分、20分程度の作品で1680円という価格設定は高過ぎる。
結果SCARSブランド(世間的にはあるのか知らないけれど自分の中にはあった)の評価を下げる作品となった。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/236-0cd50dc9
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。