--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEAVEN / SEEDA

2010年11月29日 23:30

「花と雨」で世間からの評価を決定的なものにしたSEEDA。
その後の豪華な客演を多数迎えたメジャーデビューアルバム「街風」の製作は、メジャー特有の制約も多く
フラストレーションの溜まるものだったらしく、それらの不満を払拭する為に
前作から3ヶ月という非常に短いスパンで発表された6枚目のアルバム。

 2008.1.30 Release

01. ヒダマリ
02. 自由の詩 feat. A-Thug
03. Lost Heaven
04. Homeboy Dopeboy
05. Son gotta see tomorrow
06. 空 feat. Luna
07. 紙とペンと音と自分
08. 光
09. I try
10. Nyce Dream
11. Mary Mary
12. Outro
13. Bonustrack

花と雨」の後半部分が好きな人は絶対ツボであろう繊細な作風の本作。
フィーチャリングラッパーは自身のグループSCARS所属のA-THUGひとりのみで、
プロデューサーも馴染みのI-DeAとBACH LOGICの2人にとどめており、
SEEDAのラップを純粋に楽しめる作品だ。
例えるならば醤油にワサビを少し添えて食べる刺身のよう。
良く言えば混じり気が無い、悪く言えば閉じた作風だ。
短い曲が多く、シンプルなビートにSEEDAのラップを乗せ、要所にコーラスを添える、
非常に無駄の無い構成で日本語ラップの作品全体を見回してもここまでタイトなアルバムは珍しい。

歌われている内容はドラッグにまつわる話も少なくないのだがアーティストとして世間の評価を得たという
自信からなのか、「花と雨」のようなガツガツしたハングリーな印象は皆無で
人生や世界の明と暗が、情景描写を絡ませ美しく表現される。
アルバムの中で喜怒哀楽は表現されているが、それらの感情の幅は狭く
ある意味悟ったかのようなニヒルな印象さえ抱かせる。

SEEDAはそんなに韻をガチガチ踏んだり、意識的にパンチラインを作るタイプではない。
それはトラックの音程にはまった美しいフロウであったり、一曲を通して説得力を持たせる歌詞によって
欠点にはなっていない。
いかに韻を踏むか、いかに耳を奪うパンチラインを聴かせるかを競っていた
かつての日本語ラップ創成期のラッパーにとって、彼はまさに宇宙人のような存在なのかもしれない。
そのようなタイプのラッパーとSEEDAは優劣がどうこうというより、
そもそもジャンルが違う存在なのではないだろうか。

このアルバムは構成に無駄が無く、ビートもフロウも歌詞も美しい。
SEEDAのラップを好む人にとっては完璧なアルバムなのかもしれない。
それと同時にライミングやパンチラインを楽しむ向きでもないのも事実だ。
SEEDAは日本語ラップのネクストレベルへ到達した存在なのか。
それは彼に追随するものが今後どれだけ続くかによるだろう。
自分は彼をラップの表現の幅を広げた存在。もしくは新しい表現方法を世間に広めた存在だと思っている。
所謂さんぴん世代を代表とするかつての日本語ラップ。SEEDAを始めとする次世代のラップ。
両者に優劣は本当の所あるのだろうか。
ひとつの方向性としてある意味「完璧な」本作を聴いてそんなことを思った。

mic02.gif


Son Gotta See Tomorrow / SEEDA


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/230-91be1a01
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。