--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【其の五】その後は吾郎の五曲 / V.A.

2010年09月22日 23:00

 2009年6月17日発表作品

01. 都会陸上 feat. KREVA, Romancrew
02. NEXT LEVEL feat. THE FLEX UNITE, KREVA, SONOMI
03. Good Boy, Bad Boy feat. SEEDA, KREVA
04. 無くない!無くない! feat. KREVA, L-VOKAL, AMIDA
05. 忘れずにいたいもの Remix feat. 千晴, KREVA (Bonus Track)



KREVAがソロアルバムの間の課外授業の意味合いで自主レーベルから発表したコンピ集。
熊井吾郎製作のトラックにKREVAがラップを乗せ、全曲に日本語ラップの有力アーティストを迎えた意欲的な一枚だ。
吾郎のトラックはKREVAの影響が非常に濃くKREVAが作ってると言われても違和感が無いレベル。
「愛・自分博」の頃のKREVAの作風に近い。KREVAのフロウをコピー&ペーストしたラップを披露するM-5の千晴といい、
KREVA周辺のアーティストは彼の影響を受け過ぎだ。やり手の客演ラッパーに混じってソロアルバムより自由なテーマとフロウで
生き生きとラップするKREVAが印象的で、このコンピを作った理由はそこに尽きるだろう。

テーマ1発でサクッと作った割にそこそこの水準の楽曲(M-4のAMIDAのラッパーあるあるは面白い)が続く中、頭一つ抜き出ていたのがM-3。
吾郎のキャッチーかつ中毒性の高いビートに乗せ、オートチューンにまぶされたKREVAの男前なサビに導かれ、
SEEDAが短いながらも生き様を刻んだラップを披露する。ボールを置きに行ったような手堅い作りだが良い。
KREVA・SEEDAとも自身から湧き出る衝動のみに任せてラップするのでは無く、他者から求められる需要を敏感に察知し
高いスキルでそれを具現化して来たという共通点がある。だからこそ実現したであろう抜群の相性が生み出すハーモニーがただただ素晴らしい。

Good Boy, Bad Boy feat. SEEDA, KREVA


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/223-9603cd5d
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。