--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOOD TIMES / RIP SLYME

2010年08月16日 23:30

good time 2010年8月4日発表作品

<Disc 1>
01. STEPPER’S DELIGHT
02. 雑念エンタテインメント
03. 楽園ベイベー
04. BLUE BE-BOP
05. JOINT
06. TIME TO GO
07. Dandelion
08. GALAXY
09. Super Shooter
10. 黄昏サラウンド
11. Rock it!
12. Hot chocolate
13. FUNKASTIC BATTLE ~RIP SLYME VS HOTEI~
14. ラヴぃ (リップスライムとくるり)
15. ブロウ
16. I・N・G

<Disc 2>
01. SCAR
02. 熱帯夜
03. One (CHRISTMAS CLASSIC version)
04. SPEED KING
05. NP
06. Bubble Trouble
07. Tales
08. Remember (RIP SLYME with MONGOL800)
09. 太陽とビキニ
10. love & hate
11. STAIRS
12. Good Day
13. Journey
14. 星に願いを
15. マタ逢ウ日マデ 2010~冨田流~
16. Good Times



メジャーデビュー10周年を記念したRIP SLYMEのベストアルバム。
シングル全曲とアルバム・カップリングの人気曲、配信限定曲に新曲2曲を加えた内容になっている。
「ONE」と「FUNKASTIC」、「マタ逢ウ日マデ」はバージョン違いを収録し、
メジャー5年目に出したベスト「グッジョブ」を買った層にもアピールしている。
CDが入っている紙ケースの内側にまでメンバーの写真が印刷されていて仕事が細かい。
こういう普通は見ないような所にもこだわり、所有欲を満たしてくれるのは大変素晴らしい。

メジャーで成功した頃、K DUB SHINEや妄走族を始めとしてあちこちでディスられまくっていたリップだが、
まともにアンサーも返さずひょうひょうと活動を続け、一時期より売り上げが落ちたとは言えCDの売れないこのご時勢に
コンスタントにメジャーで作品を発表し続けているのは大変タフだと思う。
ポップなHIPHOPの先駆者としてチャートに攻め入ってた頃の超キャッチーな楽曲群のDisc1、そちらの方面をある程度やりつくし
前人未踏の音の挑戦を続けているDisc2へと分かれる。自分はDISC1の方が好きだけれども。

リップが売れた時に他のHIPHOPアーティストのフックアップをしていないって批判もあったのだけれど、
リップの世界観って基本的にはリップだけで完結してて、他のアーティストって必要ないと思う。
日本語ラップってカテゴリーの中で彼らは明らかに異質で、他のラッパーを呼ぶ必要性を感じない。
むしろJポップのアーティストとやる方が違和感が無い。日本語ラップのアーティストとやって音楽的にも面白いことになるとは思えない。
同じクルーのFUNKY GRAMMARの面子がギリギリ合うぐらいだろう。

リップ以降オレンジレンジを筆頭にHIP POPなアーティストが雨後の竹の子の如く大量に生まれ、
成功した者もいればすぐ消えたものもいたのだけれど、リップにはそれらとはっきり境界線を引ける高度なセンスがあった。
フラメンコに攻める「SCAR」と一昔前のディスコを彷彿とさせる「Good Times」と、新曲は挑戦を続けるリップを象徴するフレッシュなものだ。
「YAPPARIP」「グッジョブ」に続き3枚目のベストアルバムを出したリップ。
15周年、20周年と5年おきにベストを出して来そうだけれども20周年の奴は買おうかしらん。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/218-6830681b
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。