--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考の整理学

2010年04月30日 23:30


思考の整理学 / 外山滋比古
★★★★★★★★☆☆

今から20年以上前に発表された「思考すること」について考えた作品。

考えることを、既存の知識を吸収し整理する事と、与えられた知識から新しい発想を生み出す事の2つに分ける。
学校教育は前者に偏ってきたとし、より生産性の高い存在になる為に後者を鍛えるべしと説く。

その方法を主に経験法則に基づいて語っていく本作で気になった箇所が、情報をメタ化するというもの。
具体的な知識の中からその本質となる要素を抽出し、他の情報から抽出した要素とまとめていく。
情報としての質が高まるにつれて、その内容は抽象化していく。
これが情報のメタ化であり、これらを使って新しい発想を生み出す。

筆者が引用した発想でも気になったものが。
作品に向けられた解釈は、そのどれか一つが正しいのでは無く全て正しいというもの。
作者の手から離れた作品は受け手から様々な解釈がなされる。
それは作者の意図するものだったり、そうで無かったりするが、その全ての考えがその作品を構成しているという発想。

具体例がひとつ。
ガリバー旅行記は元々は政治風刺だったが、時が経ちその要素は無くなったことで世界へ読者を広げていった。
作品は作者が作るのでは無く受け手が作るのだという発想。

作品の評価は受け手が決めるのであり、また長い長い時が決める。
そういう風に考えるとたかだか10年20年前の作品、
まして発表されたばかりの作品をクラシッククラシックと騒ぐHIPHOPの文化は自戒も含めて変だ。
クラシックには古典という意味に加えて秀でたという意味もある訳だけど。
物事を本当に評価するには時間がかかるのだろう。

経験法則に基づいた記述が多いので、内容によっては頷けないところもあるけど(貴重な朝を長くする為に朝食を抜け!とか)
20年前に書かれたとは思えないフレッシュさを保った、これからの時の試練にも耐えるであろう作品だ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/206-4a0c2fde
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。