--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE DAY / 韻シスト

2010年04月07日 23:30

 2001年3月3日発表作品

01. 韻TRO
02. 東西南北
03. ONE DAY ~ある日の出来事~
04. 車窓
05. リベンジ
06. タイムフロウ
07. OUTRO



生楽器隊とMC陣でHIPHOPを奏でる集団・韻シストの1stミニアルバム。
メンバーチェンジを何度かしている彼らだが、本作は2MC+ギター+ベース+ドラム+サックスという体制で作られている。

ミクスチャーロックバンドではなくJAZZY HIPHOPを志向するこういったグループは日本ではあんまりいなくて、
グループの形としては珍しいんだけど、韻シストというベタなグループ名から想像出来るように、
MC陣は基本に忠実なオーソドックスなラップをする。
聴き取りやすく耳辺りも良いのだが、ありがちなリリックが目に付く。ベタ過ぎるというか綺麗にまとめ過ぎというか。

BASIはリップのILMARIに声が似ており、サッコンもRYO-Zに近いフロウで、たまに声を聴かせるドラムのクーマもPESっぽい。
たまたま声が似てるだけだろうしRIP SLYMEのフォロワーって程では無いけど、
グループの方向性から考えても多少の影響は受けているだろう。

生音の上で激しくラップするというより、BGMにも使える緩く心地よいグルーブの曲が並ぶ。
ボーナストラックではMC陣が思い出したかのように激しくシャウトする曲が聴ける。どっちのスタイルも良い。

M-2に「言葉じゃなく 魂をまず あらゆる場所でいろんな人に出す」とあるが、
最初「言葉じゃなく 魂をまわす」だと勘違いしてて、超カッコ良いと思ってた。魂をまわすとか素敵。言って無いけど。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/199-84f296ec
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。