--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VICE / AKIRA

2010年04月04日 23:30

akira2200.jpg 2010年1月25日発表作品

01. FLOWS TO BLOOD -INTRO-
02. WELCOME BACK
03. UNDISPUTED BEAUTY feat. DJ OLDE-E, CITY-ACE
04. CRAZY LOVE
05. CHANGE THE WORLD feat. AK-69, 尾崎真希
06. MEN OF YEAR
07. VICE
08. PAST TO THE FUTURE
09. RUNWAY
10. PEGASUS feat. プリメラ
11. NUMBER feat. HI-D
12. I’VE GOT POWER feat. Equal, NaoWest
13. RAPPER OF DEATH
feat. Mr.OZ & G.CUE for Phobia Of Thug, EL LATINO, TWO-J
14. VICE ver.2



顔面と声質が魅力的なM.O.S.A.D.のAKIRAによる前作から3年振りとなる2ndアルバム。

スキルはそんなに無いけど個性はあって、濃すぎないキャラクターでグループの潤滑油としての役割を果たしている点、
音楽活動よりもファッション関係の仕事に力を入れている点等、個人的にAKIRAとニトロのXBSが少し被る。
XBSが1stアルバムすぐ後のミニアルバムを最後にリリースを全くしなくなり、服ばっかり作るようになったのと同様に、
AKIRAも前作の発表から3年以上たっていたので、てっきりもうアルバム作らないのだと思っていたら、
突如2ndアルバムが発表されたのでちょっと驚いた。

相方のEQUALが最近発表した「SWORDFISH」で自身の方向性に迷いまくっていたのに対し、AKIRAは最新作でも全くのマイペース。
いつも通りの俺自慢と男尊女卑なリリックを何の躊躇も無くぶっ放す。
M-6で「皿でも洗ってなBITCH」とビッチビッチ連呼し、M-11では「そうNO.1は1人しかいない 他は俺の前に並んだNUMBER」と歌い、
お!と思ったら「でも数が増えていくのは 誰のせいでもないだろう?」と続き、肩透かしを食らう。
女性の事を歌った曲がいっぱいあるのに「お前が大切だ」的な曲が1つも無いのは凄い。

曲調的にはいつものUS志向(てか、もはや名古屋スタイル?)のド派手なトラックの他に、
やたらとギターを使ったロックサウンド、オートチューンを使いつつのテクノサウンドの3つに大別出来る。
なんだかんだ言ってAKIRAは声がとっても魅力的なので、
その時その時の流行の音を取り入れつつラップを乗せるだけで、細く長く続けていけそうなアーティストではある。
スキルも前作より上がっている。PVではリムジンでシャンパンを飲んだりジャグジーで美女と戯れたり、
このご時勢にまだこの手のスタイルをやるのは素晴らしい。この手のスタイルも最後の要と言えましょう。貴重です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/196-27106365
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。