--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REC

2010年02月27日 23:00


REC / ジャウマ・バラゲロ / パコ・プラサ
★★★★★★★☆☆☆

消防士の一日を追うドキュメンタリーを撮影していた女性レポーターとカメラマン。
彼らは緊急出動に同伴したアパートで壮絶な事件を目撃する。アパートは隔離され彼らは逃げ場を失い…。

スペインで100万人の動員を記録したP.O.V.(主観映像)によるホラー映画。
古くは「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」最近では「パラノーマル・アクティビティ」等、
登場人物が撮影した映像という設定の映画が増えているが、この手法は映画にのめり込み易いので、ホラー映画にはうってつけだろう。

「ブレア」や「パラノーマル」が主観映像という点に全力をかけた飛び道具的な映画だったのに対し、
本作「REC」はその手法を臨場感を高める手段の一つとして使っている。
正直主観映像で無くても成立する映画だし、主観映画ということを除くと案外オーソドックスなホラー映画となっている。

退屈な消防署の取材場面から壮絶な事件現場への切り替えが自然なのが良い。
何でもない映像が序盤にあった方が、始めからショッキングな場面が連打されるより効果的だ。
スロースタートな映画は嫌いじゃない。

事件現場では老婆がゾンビと化していて、駆けつけた人達を襲う。
周辺は政府が厳戒態勢を敷き脱出不可能に。次は誰が殺されるか結構予想出来、分かりやすい展開だった。
後、山勘で事件の首謀者をその人が出てきた時に当てたのがちょっとした自慢。
登場の仕方が若干不自然だったので。

ホラー映画王道の展開をする、主観映像の長所を生かしたそつの無い作品な訳だが、
恐怖は予測しない所からやってくるものだと考えているので、あんまり怖くなかった。
案外グロい映像は少ないので人を選ばない映画だと思う。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/188-4ea03466
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。