--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MANIFESTO / RHYMESTER

2010年02月20日 23:00

 2010年2月3日発表作品

01. 午前零時 -Intro
02. ONCE AGAIN
03. H.E.E.L.
04. New Accident
05. 渋谷漂流記
06. Under The Moon
07. 付和Ride On
08. ライカライカ
09. K.U.F.U.
10. ちょうどいい
11. ミスターミステイク
12. Come On!!!!!!!!
13. ラストヴァース
14. ONCE AGAIN Remix feat. DABO, TWIGY, ZEEBRA



前作「HEAT ISLAND」から4年のスパンを経て発表された、20年選手のライムスターによる7枚目のオリジナルアルバム。
20年も活動を続けるとフレッシュさを維持するのはとても難しいが、彼らは計画的にグループの活動を4年停止させ、
ソロや他グループでの活動を行い、更に本作のトラックを殆ど外注するという力技でそれに挑んだ。

宇多丸とMummy-Dのラップや、Mr.DRUNKやDJ JINのトラックは好きだけど、
メンバーのみで全てをまかなうオリジナルアルバムはライムスター濃度が高過ぎてちと苦手だ。
そんなファンとは口が裂けても言えない自分にとって、トラックのほぼ全てを外部に振った本作のバランス感覚は今までで一番好き。

隙間を空けたトラックと挑戦的なネタがラップを彩るDJ MITSU THE BEATSによるM-6や、
ライムスターぽく無い煙たさをMAKI THE MAGICが加えたM-12辺りはトラックメイカーとライムスターの個性がぶつかっててフレッシュな印象。
他の曲も地味ながらライムスターのラップをしっかりサポートしており、トンデモな曲は見当たらず。

2人のラップは昔ながらのスタイルを維持しつつ、今風に聴こえの良さも向上させるという離れ業を実践しており、
所謂さんピンスタイル(大雑把過ぎるけど)の現時点の最新進化系と言える。
リリック面では激熱のM-2、M-13を除くと、理屈っぽさが下がっており、メッセージがスッと入ってくる。
そもそもメッセージ性の無い曲も多いけど。

残念だったのはリベンジを誓うベテランの言葉が心に響くM-2のハイライトが冒頭に配置され、これに並ぶ曲がその後にないことだ。
ボーナストラックM-14に国内最高水準のスキルを持つベテランラッパーが集結しているが、オリジナル曲の足元にも及ばず。
ZEEBRAは良かったけど。

ONCE AGAIN / RHYMESTER


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/184-37dab25a
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。