--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THA MASTA BLUSTA / ILLMARIACHI

2010年01月18日 23:00



01. Intro
02. TOKONAIZM
03. The Masta Blust
04. まあわや
05. ドンファン DA MARIACHI feat. BLAZE
06. NAGOYA QUEENS
07. ビートモクソモネェカラキキナ
08. 荒療治
09. TOKONA 2000 GT
10. Younggunnz feat. Shigechiyo & Kent
11. 博徒九十七
12. 今昔物語 feat. TWIGY
13. For Da Bad Boys & Ladies feat. EQUAL
14. MARIACHI (GOLD)



26歳と若くして亡くなった天才ラッパーTOKONA-Xが若干19歳の時に刃頭とともに作り上げた作品。
この後彼がM.O.S.A.D.の作品やソロで見せる、ぶち切れたオリジナルフロウはこの時すでに備えているのだが、
イマイチ使いこなせておらずラップに抑揚がつけきれていない。
この時点でも十分にカッコ良いのだが、この後の彼の作品が凄過ぎてそれと比べるとどうしても霞んでしまう。
刃頭のRZAの影響も感じるトラック群はさすがの出来で、アルバム構成もよく考えられており
ラップがもう少し良ければクラシックアルバムになっていただろう。

TOKONA-Xの生前最後の録音曲となった刃頭の「日本代表」収録の「P×××Y」は、この時の不満をみごとに解消し、
刃頭とトコナ両者の強烈な個性がぶつかりあい楽曲としても非常にタイトなものに仕上がっていた。
その後に製作されるはずだったILLMARIACHIの2ndアルバムの前に彼が亡くなってしまったのは非常に残念だ。
あと本作は、東京一点集中だった当時のHIPHOP地図に名古屋の名前を記した重要な作品らしい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/166-7388e628
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。