--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王道楽土 改 / MICROPHONE PAGER

2010年01月09日 23:30



01. 改正開始08 (DJ YAS remix)
02. 王道楽土 (Spellbound Remix)
03. 号外 (Total Eclipse Remix)
04. たまんねえ (Civil War Remix)
05. HEY!FELLOWS (Phoenix REMIX)
06. CYPHER (from 92'under ground Mix)
07. HARDCORE (OBRIGARRD REMIX)
08. 必勝 (Silent Killer Remix)
09. 隙 (CC$ -Hiatus- Remix)
10. MP5000FT (DAY-SUI REMIX)
11. DON&GUN (Golden Soul version)
12. 灯かり消すな (still slow burning remix)
13. 最も危険な遊戯 a.k.a.-Piranha (Cetpsis Remix)



リミックスという手法はオリジナルの曲を如何とでも弄くれ、180度でも270度でも違う曲に変化させることが出来るので大好きだ。
中でもアルバムのトラックを全部差し替えるリミックスアルバムは大好物。
とはいえ日本語ラップ的には昔はTWIGYの「リミキシーズ呼吸法」やRHYMESTERの「リスペクト改」、
ラッパ我リヤの「リミックス伝説」、キングギドラの「最新兵器」等それなりに出ていたが、最近はあまり見られなかった。
そんな中ペイジャーのリニオンアルバム「王道楽土」のリミックスアルバムの本作の発表は結構嬉しい出来事だった。

本作はオリジナル盤の16曲のうちイントロとアウトロとなぜかMESSAGEを除いた13曲が、
DJ YASやBentheAce、DJ WATARAI、刃頭やI-DeA、DJ AMEKENといったプロデューサー陣にリミックスされている。
うち4曲がMUROとTWIGY自身が手掛けている(どうせなら全部外部に振ればよかったのに)。
個人的オリジナル盤ワースト曲M-4はMUROがリミックスしているが、全然改善されず手の付けられない駄曲ぶりは健在。
他のプロデューサーにリミックスを依頼するのが気が引けて自分でやったんじゃないだろうか(勘繰り過ぎ)。

全編MUROが手掛けたオリジナル盤のトラックはゴリゴリしたものが多かったが、本作は耳当たりの良いトラックが多い(特に後半)。
オリジナルをぶっちぎりで超えたのは2曲。躁な爽やかトラックで原曲の無味乾燥な高速フロウ合戦に色を付けたM-9と、
SEEDAらの熱量高いマイクリレーをひたすら煽るノイジーな原曲とは対極の
スムースでブルースなトラックがスマートにラップを援護するM-10はホントに素晴らしい。
M-10なんかはラップはオリジナルと全く変わらないはずなのに全然違って聴こえるから不思議。つまりはラップとトラックのバランスが絶妙だ。
一曲はNYで活動する日本人DJ SUI、もう一曲はそのSUIとSOULJAHのユニットCUT CREATOR$が手掛けている。
全然知らない人達だったけど名前を覚えておこうと思う。

トータルで言うとやっぱりオリジナル盤の方が上だが、ロウに料理され90年代のペイジャーの作風を蘇らせた
DJ YASによるM-1も素敵だし、聴き所の多い作品だ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/161-565fe07e
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。