--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOSCOW DUB / KLLER BONG

2009年12月23日 21:00



01. it comes to want some times to spoil it
02. The cold in Moscow
03. From the cutting interstice
04. Exxsgggrtsyrf Csa
05. Are there any complaints
06. Jewel Rock
07. brown in the pool
08. Isn't there even broken parker well?
09. This Zone is an Cicada
10. zarunen that was abale to be shaken off



さながら大阪の雑居ビルの猥雑さを表現していたのかのような、
KILLER BONGの作風ど真ん中を行く、煙くて煙くてしょうがねぇOSAKA DUB
その流れをしっかり受け継いだTOKYO DUB。そして本作MOSCOW DUBでは、
モスクワの雪山で繰り広げられる荘厳な宴を再現したかのようなスケールの大きな音が鳴らされる。
よく分からない比喩で申し訳無いが、このように都市ダブシリーズのタイトルは個人的に非常にしっくりきている。

自分の中ではBLACK SMOKERの王道的な音が踊り狂っていたOSAKA DUBが最強なのだが、
こちらのMOSCOW DUBもかなり完成度は高い。
OSAKA DUBはKB印の極上ネタがモクモクと燻されていたのに対し、本作の肝の部分はシャープな音で満たされている。
色に例えるとOSAKA DUBは緑、本作は青。

OSAKA DUBはそれなりの速度で音が展開していたが、今作は非常にゆっくりと進行する。
導入部から本格な展開が始まるまで平気で10分以上かかるし。曲単位というよりもアルバム全体で音を起承転結させている印象だ。
その展開の遅さ、溜め具合が音の説得力を増幅させている。ちと退屈だが。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/154-3d89fb01
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。