--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEEBRA自伝 HIP HOP LOVE / ZEEBRA

2009年12月21日 23:50



★★★★★★☆☆☆☆

デビュー20周年を区切りに発表したベストアルバムと同時期に出版された、日本語ラップ創世期からのトップランカーZEEBRAによる自伝本。
本作にはZEEBRAの幼少期からデビュー、そして現在までのアーティスト人生についてバランスよく記述されている。

祖父の横井英樹への想いや公開処刑騒動、ケーダブとの確執など気になることもしっかり語ってくれる。
また彼の歴史を追うことで日本語ラップの歴史もおぼろげながら垣間見えて興味深い。

本書を読んで改めて思ったのはZEEBRAはある意味で超保守的なHIPHOP論者なんだなという事。
話言葉でラフに書かれた本作は一見馬鹿っぽいが、彼の考えが筋道立てて語られており、さながらHIPHOPの教科書のようにも機能する。

生き方そのものがHIPHOPともいえるANARCHY自伝本を読んでも分かる通り、無意識にヒップホッパーというものを体言してるのに対し、
ZEEBRAはヒップホッパーが何なのかをよくよく理解した上でそういった生き方をしており非常に理性的と言える。

正直ピークを超えたようにも見えるZEEBRAの自伝本ということで全然期待してなかったのだが、なかなか読み応えのある一冊だった。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/153-887bd22a
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。