--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.9 / UZI

2009年10月23日 11:30



01. イントロ
02. A.T.L.E.
03. 48.9 feat. HAB I SCREAM, RINO LATINA II
04. スキット
05. HOT SPOT feat. AI
06. プロフェッショナルベースボール feat. G.K.MARYAN
07. FIVE DEADLY MICS feat. KENTA5RAS, DEV LARGE, 秋田犬どぶ六, MACCHO
08. CR 氏物語
09. 開放軍'04 feat. RINO LATINA II, 秋田犬どぶ六, KENTA5RAS, 565, D.O., G.K.MARYAN
10. J.A.M.
11. KONOMI CUP
12. ひとり酒
13. 正眼 feat. AKTION
14. 韻技師 feat. 秋田犬どぶ六
15. チェンジ
16. アウトロ



聴き取りやすい滑舌の良いラップに硬い押韻、一聴してそれと分かる存在感のある声。
自分にとってUZIは愚直さやちょっとダサい所も含め、良い意味でも悪い意味でも、ひと昔前の日本語ラップど真ん中を行くラッパーだ。

そんな彼のデビューアルバムとなった前作はUZI流の武士道が貫かれた気合に満ち満ちた一枚だった。
INOVADER総合プロデュースの元、UBG勢が総力を挙げてサポートし、UZI自身の濃いキャラクターに濃い客演、ゴリゴリのトラック、
スキットすらラップをかます逃げ道の無い構成などにより、曲単位の出来は良かったが聴き通しづらい作品になっていた。

そんな失敗に学んでか、本作は過半数の曲で客演を迎えたりインストを配置したりと、
アルバムを通して聴かせる為の工夫がされている。
また前作の殆どの曲を手がけたINOVADERは今回参加しておらず、
代わりにD-ORIGINU、タイプライター、SUBZERO、FIRSTKLAS、DJ CELORY、DJ YAS、そしてDEV LARGE
彼には勿体無い位(失礼!)の豪華プロデューサーが大挙して参加し、色彩豊かなトラックを用意している。

また前作はひたすら戦いの歌が歌われていたが、
今作の曲のトピックは酒にパチンコや女、野球にゲームと思いっきり個人的趣味の事を歌いまくっている。

UZIとAIという、醤油をプリンにぶっかけるようなトンデモな組み合わせでおくるM-5は意外に美味かった。
舌が馬鹿と言われれば返す言葉も無いが、恐ろしくオリジナルティのある曲に仕上がっている。
よく上手く着地できたなー。

G.K.MARYANとの城南ウォリアーズコンビでかますM-6も好き。
前作では2人でサッカーネタの曲を作っていたが、今回は野球。
その安易過ぎるトピック選びも凄いが、巨人ファンのUZIとヤクルトファンのG.K.のパンチライン合戦も凄い。

「オジンになっても 爺ぃになっても 個人的には母音と巨人」
「野球と人生照らし合わせ 楽しむ筋書きの無いドラマ」とUZIがかませば、
「古田敦也と野村克也」と強烈なラインをG.K.が聴かせる。
後、UZIの「お前と旦那が寝た後に お前の母ちゃんとペタジーニ」も凄い。意味分らんが。

癖になる耳に残るトラックも良いし、何気にこの曲が本作ベストだったりする。
この曲の楽しげにラップするG.K.はホントかっこ良いなぁ。
この曲で使われている、単語で何となく雰囲気を伝える手法は諸刃の剣で、
一歩間違えると次作収録の「JUMP」みたいなとんでも無い駄作になったりする。
今回はギリギリの所で持ちこたえていると思う(多分)。

後、HIPHOP演歌という後にも先にもUZIしかたどり着かないであろう境地を見せたM-12も良い。
ただ、演歌では絶対無いと思う。
あと曲とは全然関係無いけど、昔ダウンタウンのガキの使いで、ネタのお題としてHIPHOP演歌というのがあったのを思い出した。
UZIはそれを知っててこの曲作ったのだろうか。気になる。

UZIはフロウの幅は決して広く無いが、大量の客演とカラフルなトラックでそれらの欠点を補っている。
後、パチンコやゲームという軽いテーマの曲もUZIが歌うと重みが増して違和感無く聴ける。
ひたすら武士な1stアルバムと早くもネタ切れした3rdアルバムに挟まれた本作は何気にUZIの最高傑作だと思う。

UZIを初めて生で見たのはキングギドラ最終兵器のライブだった。
その時は調子が良かったのかも知れないが、その日一番かっこ良かったのはZEEBRAでもK DUBでも無くUZIだった。
UZIの9mmのフックの破壊力はもの凄いものがあった。

ラップのスキルの定義っていうのは、フロウの幅とかボキャブラリーの豊富さ、韻の固さ、リズム感など色々あると思うが、
単純にその場にいる人を盛り上げる能力もスキルの一つだと知った日だった。

ひとり酒 / UZI


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/148-9c314de7
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。