--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANOTHER LIFE / Tony Tha Bull a.k.a. Ganxta Cue

2006年10月31日 22:27





01. OPENING...
02. Ganxta Funk!! feat. Ⅱ-J
03. Sorrow Comes Slowly
04. Calling feat. 來々
05. End-Roll feat. Ⅱ-J & 來々
06. Familia feat. 拳太 for J-Gren & El Latino
07. The Ghetto



フォビア・オブ・サグとして1stアルバムを出した後、ギャングスタ・キューとミスターOZは今度は怒涛のソロ攻勢を開始する。
チカーノラッパーのフロストと共演した際、別名を使った活動をすることをアドバイスされたギャングスタ・キューは
このミニアルバムの中で別人格トニー・ザ・ブルを演じている。
このアルバムではトニー・ザ・ブルが生まれてから死ぬまでのストーリーが語られる。
ノートリアスB.I.G.の超有名なクラシック「Ready To Die」の日本版をやろうという試みである。

1曲目「OPENING...」では決して望まれてはいなかった彼の誕生の瞬間が演出される。
2曲目「GANXTA FUNK!!」では軽快なビートの上で、成長したトニーが街中で好き放題に悪さをする様が語られる。
そんなトニーも逮捕されてしまい、続く「SORROW COMES SLOWLY」では投獄された彼の獄中での苦しみが描かれる。

ようやく釈放された彼は運命の人と出会い恋に落ちることになる。
だがストリートは彼が堅気に戻ることを許さない。
トニーがストリートと恋人の呼びかけの間で悩む様が次の「CALLIN'」で演出される。
そして彼は不幸にも命を落としてしまう。自分の棺の上に腰掛けてラップしてるイメージだったというラスト「END-ROLL」では彼は、
残された恋人とお腹の中の子供に自分の想いをラップする。
更に客演のⅡ-Jがトニーに安らかに眠るよう言葉を添える。そして物語は終焉を迎える。

今作にはボーナストラックとして結婚する友人に奉げた「FAMILIA」、
ゲットーの実態を伝えるその名も「THE GHETTO」も収録されている。
今作は「GANXTA FUNK!!」を除いて暗めの曲が多いため、かなりシリアスな雰囲気が全体を覆う。
また5曲という少ない曲数で話を完結させたためか、若干言葉足らずな印象もある。
しかしアルバム単位で1つのストーリを紡ぐ試みは日本では珍しいのでは無いだろうか。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/14-e7835fb6
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。