--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心臓 / KREVA

2009年09月11日 03:00



01. K.I.S.S.
02. 瞬間speechless
03. これがFall In Love
04. Tears In My Eyes
05. リズム
06. シンクロ feat. 古内東子
07. Tonight
08. 心臓
09. ACE
10. 成功
11. 中盤戦 feat. Mummy-D
12. I Wanna Know You
13. キャラメルポップコーン feat. 将絢 from Romancrew
14. 生まれてきてありがとう feat. さかいゆう
15. この先どうなる?



2ndソロアルバムから顕著になって来た日本語ラップは当然として
J-POP全体を見渡してもここまで徹しているのは無いんじゃないかと思える、クレバのナルスティックでストレートな君が好きだ的歌詞。
それらにはしっかりしたビートと固い韻が装備されており日本語ラップ馬鹿の自分も無理なく聴くことができた(特に前作は素晴らしい!)

とはいえ流石にお前が好きだ、大切だ、言い過ぎだろ、他の事も言えよと思っていた。
そんなところで発表された本作のテーマは心臓。
アルバムの真ん中の曲を心臓とし、前半を静脈に例えメロウな曲を配置し、後半を動脈に例えアッパーな曲を配置している。
これまでの婦女子向けの路線を保持しつつ、野郎共に向けた曲も同時に用意するという非常にマーケティングに長けた方法だ。

と聴く前は思っていたのだが、実際は想像していたものと違っていた。
彼のメロウ路線はメロウが溶けて溶けてトロトロになって、POPどころかイージーミュージックの領域に達していた。
歌に限りなく近い歌フロウで終始するM-2やら、オートチューンで加工された声が最早誰のものか分からんM-7とか物凄いとろけ加減。
特にM-7は最早ラップの必要性を感じず、いっそインストにしてしまえば良いのに。

折り返しのM-8を経ての後半戦はハードラッピンが聴けるのかと思いきやそうでもなかった。
というより前作のPOP路線(本作の前半をイージーミュージック路線とすると)を踏襲した内容でそんなにハードな訳では無い。
前作のストロングスタイル路線のM-9なんかは大好物だし本作で一番好き。
上ネタは綺麗めなのにビートが何気に変則な(極悪そうなイントロから爽やかな曲に入るギャップが凄い)M-10辺りも良い。
Mummy-Dと高速フロウ合戦を繰り広げるM-11はファンキーグラマラスに及ばず。
この後アルバムはまたメロウ路線に戻る。てかハードラッピン路線がM-9,M-11しか無い。

前情報ではメロウ・アッパー両対応とされていたが、結局アルバムの大半はメロウなもので占められていた。
特に前半の緩さは半端無く、こちらの路線を今後貫かれたら個人的には辛い。
本作はしっかり作り込まれておりクオリティ的には高いと思うが自分は苦手だ。

瞬間speechless / KREVA


中盤戦 feat. Mummy-D / KREVA


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/139-aba84445
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。