--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHECK THA NUMBER / DS455

2009年08月16日 23:00



01. NIGHT OF MADNESS
02. PARTY 4 HARK feat. HOKT, AK-69, BIG RON
03. CHECK THA NUMBER feat. Tha DSC [BIG RON, RICHEE(GHETTO INC.),KOZ(S.T.M)]
04. TO THA DREAM
05. WASS UP !! ~Keep My Mind~
06. THA DSC feat. KOZ (S.T.M)
07. BAYBLUES LOCOS feat. MACCHO(OZROSAURUS)
08. SUMMER BREEZE
09. 真夏のバカンス ~Take It All~
10. THA DSC feat. RICHEE (GHETTO INC.)
11. THA DPG WIT THA DSC feat. Daz Dillinger
12. INTO YOU feat. SAY
13. SMOKE CONVERSATION ‘09
14. PUBB’Z GROOVE VI



今年で結成20周年を迎えたDS455が通算6枚目となるフルアルバムを届けてくれた。
前作はメロウな楽曲を中心とした構成だったが、今回はハードな曲が要所要所に配置されたバランスの良い一枚となった。

イントロ的な小曲M-1に続くM-2は、札幌からHOKTを名古屋からAK-69を迎えた定番の煌びやかなパーティーチューン。
タイトル曲M-3では重厚なトラックの上でオフビートのラップがキレキレなDSCの面子とマイクを回す。
M-4で夢を追い続けることを誓い、肩に力を抜いたM-5では未来の自分にエールを送ってみせる。
前座的なM-6のKOZのラップの煽りに続くM-7ではMACCHOを迎え、「Throw Ya Handz Up 」を彷彿とさせるゴリゴリなシットを聴かせる。

M-8でしとやかな夏を、逆にM-9では能天気に夏を歌い、M-10で今度はRICHEEが前座ラップをかまし、
M-11でDaz Dillingerを迎え本作ラストとなるドープシットを聴かせる。
触れれば切れるようなPMXのビートが堪らない。
先行シングルのM-12で包まれるようなSAYの歌声に癒され、アホなスキットM-13、アウトロのM-14でアルバムは終わる。

ケイザブロウのフロウは今回も安定しているが、瞬発力という点では物足りなくその辺は客演陣が補っている印象だ。
PMXは相変わらず高品質なトラックを用意しており、ケチの付けようが無いのだが、
強いて言うとずば抜けたマジックは今回見られなかったかも。

収録曲は全て新曲だが結成20周年という節目の作品らしく、
本作には自分達の過去の様々なスタイルをなぞった楽曲が並び、キャリアを総括するような作品となっている。
非常に聴き易いので入門編には最適の一枚かもしれない(ベストがあるけど)。

INTO YOU feat. SAY / DS455


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/135-32d6b6a8
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。