--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

般若 / HANNYA

2009年07月14日 04:30

4580200370067.jpg

01.HANNYA
02.やってやる
03.フェイク
04.空
05.天使と悪魔
06.あのサ
07.夢
08.ケータイ
09.ボタンひとつ
10.世界が終わるその前に
11.最ッ低のMC
12.のぞみ
13.ゼロ
14.いつでも
15.またね



ULTIMATE MC BATTLE 2008で優勝を果たし、勢いそのままに前作から11ヶ月というスパンで発表された5thアルバム。
前2作がシリアス路線のアルバムだった反動か、今作はタイトルもジャケットも脱力気味。
聴く前はアホな曲ばっかりかと思っていたが、真面目な曲も結構ありその割合は半々くらい。

今回は般若お得意のストーリーものが豊富。
M-5はEVISBEATSの奇怪なビートの上、天使と悪魔の囁きで話が進行し、「決めたら一度はやっちまえって」と綺麗にオチがつく。
何気なく天使と悪魔を演じ分けているが、これ結構凄いと思う。
携帯電話の視点からのストーリーテリングが楽しいM-8、グダグダな新幹線の旅が綴られるM-12。
これらにはシンプルながらきちんとライムが組み込まれている。

お気に入りは、Mr.BEATSのほっこりするビートの上で一番素の般若なんじゃないかと思う(騙されてる?)リリックが語られるM-6、
正直全てを理解は出来なかったが生について綴った歌詞が胸をつくM-13。
同じ路線ではM-4、9も用意され、般若が本当にやりたいのはこの辺りじゃないかと勘繰ってみたり。

硬派と軟派、定番と挑戦、これらのバランスは絶妙だ。
ただ、練り込まれた曲がある一方で、フリースタイル的な歌詞や、ちとチープなトラックがあったりと聴き込むと荒さが見えてくるのも事実。

ゼロ / 般若


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/127-7c8313fb
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。