--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクタートーキョー / 般若

2009年06月29日 23:20



01. カス
02. 夢の痕
03. 月が散りそう
04. 路上の唄
05. ホントのコト
06. へー。
07. FLY
08. 吸われた街
09. SO HIGH
10. 関係あんの?
11. Ah Yeah
12. チャレンジャー
13. プランA



前作で完璧な独自の世界を構築した般若
過激な曲のカットなど紆余曲折を経て発表された今回の4thアルバムでは新たな表現に挑戦している。
前作が引き算で作られた作品だったとすると、今回は足し算で作られた印象だ。

とは言え、M5(同窓会で俺を見てる ダチのガキが俺に似てる)、M6(へー)、ぶっ飛びチューンM11を除くと
本作はシリアスな曲を中心に構成されており、アホなフロウも抑え気味。
この反動が次回作に出たのか。
BACHLOGIC、タイプライター、Mr.BEATS、EVISBEATS、I-Dea、
そして長渕剛が1曲ずつ印象的な仕事をしており、作品にメリハリをつけている。

良曲はたくさんあるが1つ重要曲を挙げるとM7。「ちょっとまって」、「やっちゃった」の流れのストーリーものだが世界観は正反対。
くそったれた世の中をユーモア交じりに歌ったこの曲の爽快感は素晴らしいし、完成度も何気に高い。
4枚のアルバムを出し表現者として高みに昇り続ける般若。彼はどこまで行くのだろうか。


夢の痕 / 般若


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/126-52d7e940
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。