--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内部告発 / 般若

2006年10月29日 18:12





01. 23時59分
02. 理由
03. その男、東京につき
04. みんなのうた
05. 履歴書
06. 向こう側
07. 猿
08. スーパースター
09. ペットショップ
10. 内部告発
11. 時効
12. オレ達の大和



初期衝動を叩きつけた1st、多彩なフロウでラッパーとしてのポテンシャルの高さを見せ付けた2ndに続く、
般若の3rdは日本語ラップにおいては珍しいコンセプトアルバムであった。
今作においては時に三億円事件の犯人の心境と微妙にシンクロしながら、般若の内なる心の叫びが語られる。

前作はかなり多彩なトラックが用意されていたが、
今作はアルバムのコンセプトに合わせてプロデューサーを少数に絞っている。
その為非常に統一感のあるアルバムとなっている。
その中で特に出番の多いノックのトラックは独特で時にチープにすら聞こえるが、
このアルバムの雰囲気に非常にマッチしており般若の狙いは見事に成功していると思う。

前作は様々なフロウを聞かせてくれた般若だが、今作においてはメッセージを伝える事に重きを置いている為か、
落ち着いたフロウの曲が多い。その為一聴したところ地味にも感じるのだが、
聞き込むうちにパンチラインだらけの般若のリリックの世界に引き込まれていく。
時に無骨なフロウで語られる今作は聞き手を若干選ぶかもしれないが、
一表現者としてのある種の到達点を示した非常に重要な作品となっている。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/12-c2671957
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。