--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND

2009年12月28日 23:00

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND[Def Jam edition]

01. NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
02. BAMBU
03. MISCHIEF
04. 3 ON THREE(三銃SH*T)
05. PYRAMID
06. ASAMA131
07. S.K.I.T.
08. REQUIEM
09. となりのお姉さんが…
10. JUS’PLAYIN’
11. INFINITY
12. HARDCORE
13. UNSTOPPABLE(LIVE AT 江戸城ホール)
14. ピコピコポン
15. クチずさんでごらんよ
16. NICE DREAM
17. ボクも
18. SKIT
19. 45 FINGAZ OF DEATH
20. さきっちょだけですけれども
21. LIVE’99
22. T.B.C.



ペイジャーといった日本におけるハードコアHIPHOPのパイオニア達の活動を間近で見ていたヘッズが集まって結成されたニトロ
彼らは先駆者達から受けた衝撃を消化し、今度は自ら放電し本作を作り上げた。
当時ブラストから10年に1枚級の名盤と評され、実際本作の発表から10年経った今でも
マイクリレーもののアルバムで本作を超える作品は出ていない。

現在シーンで高い評価を受けているSEEDAやBESの曲を、普段ラップを聴かない人が耳にしたとしてもイマイチピンとこないのではないか。
彼らのラップの凄さはある程度ラップを聴いていないと理解出来ない性質のものだと思う。
それに対しこの作品はジャンルの壁を軽く超えた訴求力を持っている。

当時は個性豊かなMC達のラップに注目されがちだったが、本作を名作たらしめたのは
超絶トラックを用意したプロデューサー陣と本作のマスタリングを担当したD.O.I.の力が大きかったのではないか。
実際、当時本作を一聴した印象はトラックのかっこ良さと恐ろしい程までの統一感だった。
ラップがニトロというよりこれらのトラックがニトロという感じすらあった。
当時S-WORDが俺達がニトロなんじゃ無くて俺達が集まった時の空気感がニトロなんだよって言ってたが、それに近い印象があった。
ニトロのアルバムが数を重ねるごとに評価が下がっていったのもトラックがイマイチなものが増えたからだと思う。
特にM-1,M-8等の名トラックを手がけたニトロのメインプロデューサーだったDJ WATARAIのトラックの質の低下はかなり大きかっただろう。

MC陣に関して、SUIKENのフロウはキレがあるし、S-WORDはZEEBRA声だし、GORE-TEXはやりたい放題だし、
DELIの声は高いし、BIGZAMは目立たないし、この頃のメンバーは勢いとスキルのバランスでは一番良かった。
10年経ってメンバーはスタイルが変わったりスキルが上がったり下がったり色々あったが、やはり当時は良かったと思ってしまうのであった。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/116-308e2185
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。