--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CODE OF SYNDICATE VOLUME Ⅱ / C.T

2007年12月21日 23:45

3483189.jpg

01. INTRO
02. ト・ビ・ナ produced by DJ MISSIE
03. BAN!BAN!
04. TRU PLAYER feat. SIMON
05. YOU KNOW feat. BIG Z
06. ICE & DICE
07. ON DA ROAD feat. VIKN
08. B****
09. GET A SUCCESS feat. MIKRIS, KGE
10. LOYALTY -OUTRO



前作から1年のスパンをおいて発表されたC.Tの2nd。わりと線の細い声だった彼だが、
今作では少し野太くなっており、一年のあいだ現場で鍛錬したことが伺える。
パーティーチューン目白押しの前作と比較すると、今作は曲のトピックが若干広めになっている。

それでも前半は現場仕様の楽曲で固められており、サイモンを迎えたDJニシミア・プロデュースの「TRU PLAYER」が序盤のハイライト。
バスタ・ライムズの「New York Shit」のビートの上で、スムーズなフロウを聴かせる「ON DA ROAD」は疾走感抜群。
「B****」の内容はタイトルそのまんまで、歌詞にも特に面白味を感じず。

東京に唾を吐く「GET A SUCCESS」は客演のKGEがキレキレ。
「クソみたいな街、クソみたいな人間、クソみたいなシステム」と叫び、「俺は変わらず今日もナイキのシューズを履く」で締めるその感性が凄い。
ナイキのシューズもまたそのクソみたいなシステムに加担してる訳だが。

ひたすらノリ重視の楽曲が並んだ前作の潔さも悪くないが、バランスよく色んなタイプの楽曲が用意され、
構成も考えられた本作はよりアルバムらしいアルバムになったと思う。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://taill.blog72.fc2.com/tb.php/108-2d6ad26a
    この記事へのトラックバック


    最新の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。