--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツレがうつになりまして。

2011年11月08日 23:00

うつ病の夫との生活を漫画家の妻の目線で描いた映画作品。



原作は読んでいないと言うより存在自体知らなかったのだけれど、タイトルから2ちゃんねるの
スレッドが原作なのかと思ったが、もとはエッセイ漫画だった。
そのままうつ病の啓蒙映像として学校で流せそうな作品で、うつ病という病気が脚色せずにそのままに描写されている。
ただしうつ病に詳しい訳ではないので、そのように見えると言わなければいけないのだけれど。

主人公の夫はとても几帳面な人で、正しいことを生真面目に貫こうとするタイプ。
その不器用さが自分を追い詰めることになるのだけれど、それが主人公や職場の後輩に慕われる所でもあり
人の性格は良い悪いで言うのは難しいなぁと思ったり。
宮崎あおい演じる主人公は夫とは対照的でズボラなのだけれど、その許容力でうつ病の夫を支えていく。
とは言っても未熟な部分もあって、弱った夫を意図なく追い詰めてしまうこともあるが夫と共にうつ病と闘う間に大人になっていく。
売れない漫画家であった彼女は人間的な成長と共に漫画家としても大成していく。

うつ病という病気を正面から優しく描いた本作は、ストーリーに意外性は無く演出もとても地味なのだけれど
一見駄目駄目な旦那の素朴な魅力であったり、夫婦の成長であったりで、人の優しさであったりが
丁寧に描かれており見ていて心が洗われる素敵な作品になっている。

自分は映画がそれ程好きでは無いので映画は映画館で見るようにしている。
なぜならテレビの前で2時間も映画を見ていられないからだ。
映画館なら映画を見るか寝るかしか選択肢が無いので、流石に払ったお金がもったいないから見るという低落ぶり。
なのでこういう地味だけれど良質な作品こそ映画館で見たいと思うのだ。

★★★★★★★☆☆☆
スポンサーサイト


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。