--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸川乱歩傑作選 / 江戸川乱歩

2011年07月30日 23:30

日本における推理小説・恐怖小説のパイオニアである江戸川乱歩の、
デビュー作を含む初期の代表作9編を集めた作品集。

41VW.jpg 1960年12月24日発行

01. 二銭銅貨
02. 二癈人
03. D坂の殺人事件
04. 心理試験← My Favorite
05. 赤い部屋
06. 屋根裏の散歩者
07. 人間椅子← My Favorite
08. 鏡地獄
09. 芋虫← My Favorite

この作品で感じた乱歩の魅力として、切れ味鋭い推理の筋と人間の怖さ汚さをどこまでもリアルに描く点が挙げられる。
二重の暗号を使ったトリックが披露される処女作「二銭銅貨」や天才過ぎな明智小五郎が
冷徹な犯人を、その冷徹さを逆手にとって罠にはめる「心理試験」等、前半の作品では直球の推理が楽しめる。
中盤の「赤い部屋」「屋根裏の散歩者」は推理小説としても読めなくもないが、
それよりも犯人の変態ぶりの描写が凄まじくそっちに関心がいく。犯人の行動は客観的に見ると異常だが、
犯人の心情を含めて話が語られていくので、妙に彼らの行動に納得してしまう。

後半「人間椅子」「鏡地獄」になると推理の部分はなくなり、完全に恐怖小説になっていく。
そして犯人(必ずしも事件を起こす訳ではないがここでは仮にそう呼んでおく)の異常性も前半よりも増していく。
これらの作品は人の狂気すれすれの変態性を描いた作品として興味深く読める。
キーワードも「屋根裏」「椅子」「鏡」と明確で、同じ変態でも色んなタイプが書き分けられている。

そして江戸川乱歩グロテスク趣味の極致と称される(巻末解説より)「芋虫」が最後に控えている。
戦争で四肢と聴覚を失い醜い肉片と化した傷痍軍人の夫と2人暮らしの時子は、
世間的には献身な世話をしている風であったが、陰では彼を蔑み玩具のようにもて遊んでいた。
世間から孤立した2人はどこまでもどこまでも堕ちていく。
ある夜彼女は、彼の瞳があまりに綺麗な事に動揺し衝動的に両目を潰してしまう。
後悔の後に必死に彼の胸に「ユルシテ」と指でなぞる彼女であったが、その晩彼は消え、惨劇が起る。

序盤はコテコテの推理小説で幕を開け、事件を通して犯人の変態性を丹念に描き、後半は人間の異常性が表現される。
傑作選というだけあり作品一つ一つの出来もさることながら、その流れが素晴らしい。
惜しむべきは一つの作品のページ数が30ページ程度と少ない為、特に後半の作品ではもっと読みたいと思ってしまう点だ。

★★★★★★★★★☆
スポンサーサイト

BLACK RAIN / 般若

2011年07月26日 23:30

前作から2年、般若6枚目のアルバム。

51KUhVGp3Q.jpg 2011.7.20 Release

01. 足音
02. BLACK RAIN
03. 世界はお前が大ッ嫌い← My Favorite
04. 陽が昇れば feat. JAY'ED ← My Favorite
05. FIRE
06. お前のせい
07. ポイ
08. カバディ← My Favorite
09. 何も出来ねえけど ← My Favorite
10. ビルの向こう
11. 境界線 ~ライン~
12. RIOT

前作「HANNYA」は抽象的な表現が多く般若の迷いが感じられたアルバムだったが、
本作はいつになく真っ直ぐ言葉を聴き手に届けようとする般若の姿勢が印象的だ。

9曲目「何も出来ねえけど」は東日本大震災の歌。被災を敗戦と重ね合わせ復興を促す曲だ。
「幸せ過ぎたのかも 日常が 色ンな事に鈍感だった」「あの瞬間 狂った 地球が憎いとさえ思った」
「瓦礫よりもひとつ屋根の下 瓦礫よりもひとつ屋根の下」「海で覆われたオレ等の国 海に襲われたオレ等の国」が耳に残る。
一方で「持ってく物資 何故受け付けない? 」「補償しろ 漁師 農家を」辺りの歌詞は一辺倒過ぎると思う。
理屈は置いておくとして、気持ちで聴き手を奮い立たせる曲だ。

6曲目「お前のせい」は2年付き合っているが喧嘩が絶えない彼女の歌。
多くの人が共感するように歌詞に具体性を排除した湘南乃風の「純恋歌」に対して、
誰の体験でも無い虚構の歌詞だと批判した般若らしく歌詞に具体性満載。
その一方でサビのメロディーを分かりやすくし、ブリッジで歌う等、曲の構成を歌謡曲風にしているのは
J-POPを揶揄しているのだろうか。

もう一つの女性の歌が8曲目「カバディ」。出会ったばかりで素性は知れないが、惹かれている女性への語りかけで曲は進行する。
このように歌詞の対象を仮に限定すると面白味が増す。「彼氏が居るかもしんない ダンナが居るかもしんない 子供が居るかもしんない 
でもそうじゃないんだ 一番心配 ソレは今が終わる時」が良い。

4曲目「陽が昇れば」では、般若のアルバムには珍しくループが強調された疾走感のあるビートの上で、
これが6枚目のアルバムとは思えない挑戦者としての無邪気なラップを聴かせてくれる。
「行くぜ 前進もう 昨日より今日 雲突き抜けてFLY」なんてストレートな歌詞が般若から聴けるとは思わなかった。
その一方で「街を駆け抜けて 車スリ抜けて 可愛いネーちゃん 横目見ながら」「障害だらけのマリオカート」とユーモアも忘れない。
「目指すのは やっぱてっぺんか それよりも陽はちゃんと照っているか?」は名言だ。
JAY'EDの歌との相性も良く、本作でこの曲が一番好き。

本作と同時期にSIMONの「TWICE BORN」を聴いていた。
「TWICE BORN」はビートの音圧が高く、SIMONのサビの歌もとても上手だった。
それに比べると本作のビートはそんなに厚みがある訳でも無いし、般若のサビの歌もヘタウマだ。
だが言葉の引力は圧倒的に本作の方が上で、聴いていて楽しめるのもやはり本作だ。
般若の言葉に惹かれるのは彼が自分の血肉の通った言葉を使っていること、
普段のしゃべりに近い日本語本来のイントネーションでラップしている為言葉が耳に真っ直ぐ入ってくること、
何より心に響く歌詞を書くことが挙げられる。
前半の2曲こそ言葉を詰め込んだコアなものだが、後は分かりやすい歌詞でキャッチーなサビの曲が多い。
個人的に名盤だと思っている2nd3rdアルバム以来の、当り曲の多い佳作だ。

mic02.gif

[ 続きを読む ]

TWICE BORN / SIMON

2011年07月22日 23:30

前作から3年振りとなるSIMONの2ndアルバム。

2011.6.8 Release

01. Twice Born ← My Favorite
02. Download feat. AKLO
03. Zoo Rock ← My Favorite
04. Best Kept Secret feat. Y's
05. Straight It Up feat. AK-69
06. Guilty
07. Freedom
08. Human Nature feat. PUSHIM
09. Never Die feat. SEEDA
10. Be Me
11. Two Sides
12. Change My Life feat. SALU
13. Zoo Rock (Daylight Remix) feat. MASTA SIMON (from MIGHTY CROWN), CHOZEN LEE (from FIRE BALL)

SIMONはインディーズから発表した1stミニアルバム「STREET KNOWLEGE」の成功によりHIPHOPリスナーからの知名度を上げた。
本場アメリカのHIPHOPに並べても遜色の無い作品を目指したこの作品では、英語的な滑らかな響きの
SIMONの日本語によるフロウが高い評価を得た一方で、歌詞に中身が無いとかアメリカの猿真似等という批判もあった。
それに反応してか続く1stフルアルバムでは自分のルーツを歌った曲等、歌詞に重きを置いた曲を多く配置されていた。
その為名刺代わりのアルバムらしいアルバムになっていたが、音楽性重視だったミニアルバムに比べると窮屈な印象にもなっていた。

中身のある歌詞と音楽的な水準の高さの両立は本作でも強く意識されている。
先行シングルの3曲目「Zoo Rock」はBACH LOGICプロデュースのフロア直送のビートに
オートチューン仕様のSIMONの後ろに引っかかるフロウがバッチリはまる。
「地球の裏側から夜をゲトる」という歌詞も粋で、日本語ラップもここまで来たかと思わせてくれた会心の一曲。
アルバム収録の他のビートもこの曲に似たフロア受けを重視したものがずらりと並ぶ。
その為ビートが似通ってしまっているのと、音圧で聴かせるビートが多いので
整ったオーディオ環境で聴かないと本作を楽しみづらいというデメリットが発生している。

歌詞に関しては1曲目「Twice Born」の「社会はとっくに期限切れの食えねぇケーキ バブルの頃とか記憶にねぇし 一度ぶっ壊れた後の何もない
この地点が俺らの世代のBasic マイナスを見ればその足がすくむ 意識を変えりゃその足が進む 俺なら後者 破壊する負の連鎖」が耳に残る。
「センター街のモニターから どこぞのPOPが 「また会いたくて」とか嘘つけ 本気な愛なら二度と会いたくねぇ」と歌う11曲目「Two Sides」では
失恋の痛みをしっとりと聴かせ、表現の幅を見せてくれる。

その他にも前作以上に歌詞の中身に重きをおいた曲が並ぶが、8曲目「Human Nature」の「なぜ俺らはいがみ合う? なぜ俺らはねたみ合う?
人は自分を保ちたいから 人は人を傷つける If we gotta feeling… 感じあえたら 矛盾したシステムは終わる」を初めとして、
歌詞が理想主義過ぎてあまり共感は出来きず、むしろ客演のSEEDAやSALUの歌詞の方に惹かれる。
特に「人間はいつでも変われる。 変われないやつは人任せ。 自分がどの枠の中に居たとしても、枠の外に出るのに要らない遠慮。
"人の見方にとわれれちゃう" "波を読める" どっちが So much better?」とフロウはともかくSALUの歌詞は良かった。

フロアで流せる日本語ラップアルバムというZEEBRADABOといった先輩達が試んだもののイマイチ成功しなかった挑戦を
きちんと形にしてみせた本作だが、響き重視のフロウやミックスがされている為に歌詞が耳に残りづらいのと
乏しい音響環境では魅力がガタ落ちするという欠点を抱えた作品となっている。

mic02.gif

[ 続きを読む ]


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。