--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEAVEN / SEEDA

2010年11月29日 23:30

「花と雨」で世間からの評価を決定的なものにしたSEEDA。
その後の豪華な客演を多数迎えたメジャーデビューアルバム「街風」の製作は、メジャー特有の制約も多く
フラストレーションの溜まるものだったらしく、それらの不満を払拭する為に
前作から3ヶ月という非常に短いスパンで発表された6枚目のアルバム。

 2008.1.30 Release

01. ヒダマリ
02. 自由の詩 feat. A-Thug
03. Lost Heaven
04. Homeboy Dopeboy
05. Son gotta see tomorrow
06. 空 feat. Luna
07. 紙とペンと音と自分
08. 光
09. I try
10. Nyce Dream
11. Mary Mary
12. Outro
13. Bonustrack

花と雨」の後半部分が好きな人は絶対ツボであろう繊細な作風の本作。
フィーチャリングラッパーは自身のグループSCARS所属のA-THUGひとりのみで、
プロデューサーも馴染みのI-DeAとBACH LOGICの2人にとどめており、
SEEDAのラップを純粋に楽しめる作品だ。
例えるならば醤油にワサビを少し添えて食べる刺身のよう。
良く言えば混じり気が無い、悪く言えば閉じた作風だ。
短い曲が多く、シンプルなビートにSEEDAのラップを乗せ、要所にコーラスを添える、
非常に無駄の無い構成で日本語ラップの作品全体を見回してもここまでタイトなアルバムは珍しい。

歌われている内容はドラッグにまつわる話も少なくないのだがアーティストとして世間の評価を得たという
自信からなのか、「花と雨」のようなガツガツしたハングリーな印象は皆無で
人生や世界の明と暗が、情景描写を絡ませ美しく表現される。
アルバムの中で喜怒哀楽は表現されているが、それらの感情の幅は狭く
ある意味悟ったかのようなニヒルな印象さえ抱かせる。

SEEDAはそんなに韻をガチガチ踏んだり、意識的にパンチラインを作るタイプではない。
それはトラックの音程にはまった美しいフロウであったり、一曲を通して説得力を持たせる歌詞によって
欠点にはなっていない。
いかに韻を踏むか、いかに耳を奪うパンチラインを聴かせるかを競っていた
かつての日本語ラップ創成期のラッパーにとって、彼はまさに宇宙人のような存在なのかもしれない。
そのようなタイプのラッパーとSEEDAは優劣がどうこうというより、
そもそもジャンルが違う存在なのではないだろうか。

このアルバムは構成に無駄が無く、ビートもフロウも歌詞も美しい。
SEEDAのラップを好む人にとっては完璧なアルバムなのかもしれない。
それと同時にライミングやパンチラインを楽しむ向きでもないのも事実だ。
SEEDAは日本語ラップのネクストレベルへ到達した存在なのか。
それは彼に追随するものが今後どれだけ続くかによるだろう。
自分は彼をラップの表現の幅を広げた存在。もしくは新しい表現方法を世間に広めた存在だと思っている。
所謂さんぴん世代を代表とするかつての日本語ラップ。SEEDAを始めとする次世代のラップ。
両者に優劣は本当の所あるのだろうか。
ひとつの方向性としてある意味「完璧な」本作を聴いてそんなことを思った。

mic02.gif

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

CHAMP ROAD / DOSMOCCOS

2010年11月25日 23:30

 2009年3月13日発表作品

01. Go Go Spark
02. めふっ!!!
03. Alien feat. Lyrics Born
04. Yummy, Yummy
05. いつもの
06. Indigo Days
07. リリース
08. 悠々クレイジーランド
09. Drum & Bass feat. Abdominal
10. Brand New Day
11. On My Way feat. ahhco
12. Friday Night feat. Coma-Chi (Mountain Mocha Killimanjaro Remix)



餓鬼レンジャーの1stアルバム「UPPER JAM」収録の熊本弁ラップ「ばってんLINGO」をきっかけに結成されたDOSMOCCOS。
餓鬼レンジャーのポチョムキン、VOLCANO POSSEのKEN-1-RAW、DJ MO-RIKIの3人からなるグループの通算3枚目となるアルバム。

DJ MO-RIKIに加えてDJ TAIKIやGP、EVISBEATSなど多数のプロデューサーが用意したトラックは、
DOSMOCCOSのスタイルの軸であるファンクに標準が合わせられ、
ダンスミュージックというHIPHOPの魅力を押さえられたものばかりで非常に高品質。
それに乗っかる2MCのラップはトラックの良さを殺さずよりファンクに彩り、海外勢との共演にも違和感は無い。
お得意の熊本弁ラップに加えて文法が怪しい英語もガンガン歌詞に織り交ぜてくるので、リリックが聴き取りづらい箇所もあるが、
基本的には歌詞の内容の大部分は頭に入ってくる。
ノリで曲を作っているように見えてその実、一曲一曲の構成及びアルバム全体の流れは緩急織り交ぜられ良く考えられており、
アルバムに数曲あればラッキーな良曲が12連発される。

豊かな才能と勢いで偶発的に生まれた名盤「UPPER JAM」に対し、
長いキャリアの上で熟成されたスキルが駆使され綿密な計画のもと作られたのが本作だ。
現在の日本語ラップのオーバーグラウンドの主流ともアンダーグラウンドの主流とも違う独自のオリジナリティーが突き詰められている。
「CHAMP ROAD」というタイトルも、アルバムを聴く前はホントかよ?という感じだったが作品を聴いた後だと実にしっくり来る。
ヘンテコなジャケットにも因り、聴かず嫌いをする人が多そうなのがもったいない作品だ。

[ 続きを読む ]

BREATHE / SEEDA

2010年11月21日 23:30

 2010年8月25日発表作品

01. SET ME FREE
02. FLAT LINE feat. TYC
03. THIS IS HOW WE DO IT
04. TAXI DRIVER
05. ReBARS feat. MoNDoH
06. BIX 90's
07. BREATHE (skit1)
08. MOMENTS
09. 電波電波 feat. D.FOCIS, 4WD
10. LIGHTS feat. lecca
11. skit
12. 道(23区) feat. MC 漢 from MSC
13. 影絵(川崎~太田) feat. bay4k from SCARS
14. alien me
15. 鋭利
16. DREAMIN'
17. WISDOM CRADA REMIX feat. EMI MARIA, ILL BOSSTINO
18. BREATHE (skit 2)
19. LIFE SONG feat. DAVID BANNER



ビーフや引退騒動、ベストアルバム発表を経てのSEEDA8枚目のアルバム。

「GREEN」までの突き詰められたバイリンガルスタイルを捨てた「花と雨」以降、
言葉の響きを大切にしながらも様々なフロウを試してきたSEEDAだが、本作で「花と雨」以降のスタイルを完成させた。
前作「SEEDA」までは実験的な突飛なフロウを曲によっては使用していたが、
本作は攻撃的なビートの上で鋭利に言葉を放り込むにしても、柔和なトラックの上で歌詞を聴き手にフラットに届けるにしても、
「歌詞カードを見なくても言葉を聴き取れること」と「言葉を美しく響かせること」のどちらもを両立させている。
前作までのスタイルから大きくは変わっていないが、良い所が伸ばされ悪い所が取り除かれている。
進化が止まらないBACHLOGICや海外勢のプロデューサーが用意した
バリエーション豊かなフレッシュなビートを抜群の安定感で乗りこなしており、豪華な客演陣の必要性を感じない程だ。
アルバム全編で非常に素晴らしいラップをしているだけに、これ以上改良の余地はあるのだろうかと、次回作以降が心配になってしまう。

麻薬の売人だった過去や姉の死など自身の波乱万丈な人生を切り売りするように綴った「花と雨」以降の作品は、
現在の自分の事を歌ってきた彼だが、本作では「BREATHE」というタイトルからも分かるように日常の生活から感じたことを丁寧に描いている。
彼が多くのリスナーから高く評価されているのは、ラップが単に上手いだけでなく、日常からドラマチックな歌詞を生み出す感性に因るのだろう。
前作「SEEDA」は自分の意見を主張するのを重視し過ぎて聴き辛い所もあったが、表現力が高まった本作では、
様々な比喩を駆使した巧みな表現をしている為に、言葉がナチュラルに頭に入ってきて、例え彼と考えが異なっても不快に思うことは少ない。
むしろ彼の表現力の前で自身の思想が影響を受けそうな位だ。怖い怖い。

SEEDAの躍進はまだまだ続きそうだと思わせてくれた素晴らしい一枚だが、個人的に次回作のハードルは果てしなく上がってしまったなぁ。
[ 続きを読む ]

I'm Back / D.O

2010年11月20日 23:30

51xpfIh32YL.jpg 2010年9月8日発表作品

01. I'm Back
02. Don't Listen feat. JASHWON & PIT GOb
03. -

BOUNCE TRACK
04. EVERY SMOKIN' feat. SEEDA, SMITH CN
05. OTO feat. ZEEBRA, JESSE, L-VOKAL, T2K, Toul Roll



リンカーンに出演し一般層にまで知名度を高めたものの、その後大麻所持で逮捕され、
悪い意味で世間に話題を振りまいたD.Oの復帰作品となるワンコイン・シングル。

表題曲M-1で自身の逮捕にまつわる見解をラップしているが、
その内容はステレオタイプのHIPHOP価値観による逆切れ的なもので、
共感も出来ないし面白いとも思えない。
ただゴールデンタイムの民放で自分のラッパーとしての存在を演出して見せたのと同様に、自分の逮捕ネタまでも曲にする、
どこまでもエンターテイメントに徹する貪欲な姿勢は素敵だ。綺麗目なトラックの上にあえてシンプルな言葉とフロウを乗せ、曲としても良い。

自殺しようとする人や殺された娘の仇をとろうとしている人に天からの視点から言葉をかけるM-2は、
説得の言葉がただただ軽く浅く全く響かない。何でこんな曲を作ったんだろう?ボツにしろよって程の駄曲。

無音のトラックM-3に続くボーナストラックが本編よりずっと良い。
全く懲りてないことがタイトルからうかがえるM-4は草仲間達と緩いラップを披露する。
SEEDA一人が目立つこともなくD.OもSMITH CNも草ネタで生き生きとラップする。
お洒落なトラックに誤魔化されがちだが冷静に考えると最悪だ。
「音」をテーマにしたM-5は、中毒性抜群のピアノループの上で無名有名ラッパーが入り乱れてラップしているのだが、
皆同じ水準のバースを披露している。
つまり皆ZEEBRA並みにスムーズなラップをしている。JESSEのバースが足を引っ張っているが短いので問題無い。
5分半の大作なのにあっという間に聴き終えてしまう。まさに隠れクラシック。

500円という価格を考えれば素晴らしい作品だ。1000円だとちょっと高いかな。

[ 続きを読む ]


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。