--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りぐらしのアリエッティ

2010年07月30日 23:30


借りぐらしのアリエッティ / 米林宏昌
★★★★★★★☆☆☆

※本レビューにはネタバレが若干含まれています。

小人のアリエッティは郊外にある屋敷の床下に両親と隠れ住んでいた。
ある日アリエッティは、屋敷へ療養にやって来た少年に姿を見られてしまう。

今夏公開のスタジオジブリ最新作。企画・脚本を宮崎駿、監督を米林宏昌という体制で作られている。
設立以来名作を連発してきたジブリだけれども、宮崎駿の集大成的な「もののけ姫」の後から徐々に様子がおかしくなっていった。
娯楽性へ舵を振り切った「千と千尋の神隠し」まではまだ良かったが、
その後の宮崎駿作品はどうにも説明不足で内容のまとまっていない、取っ付きにくいものが増えていった。
全盛期の宮崎駿が手掛けていたら「天空の城ラピュタ」級の作品になっていたかもしれない題材の「ゲド戦記」は、
息子の吾郎監督が超ローテンションでつまらない作品に仕上げてしまったし、
森田宏幸監督の「猫の恩返し」も何かのおまけ映画のような微妙な出来で、後継者育成も上手くいっていないようだった。

自分の中でジブリブランドは失墜しまくっていたが本作への世間の期待は大きかったようで、
前売り券は前作「崖の上のポニョ」の3倍売れたらしい。
結局みんな小奇麗な美少女が主人公のジブリ映画が見たかったのだろうか。自分もだけど。

そんな感じであまり期待せずに見たのだが、予想外に粗の少ない作品だった。
最近の宮崎作品は風呂敷を広げすぎて、結果まとめきれていない作品が多かったが、今回はそんなことはなかった。
というか風呂敷全然広げてないんだけれども。世界の危機を救うような壮大な展開をしがちなジブリ作品にあって今回のお話は、
「小人のアリエッティは人間に見つかったので引っ越した」と一言で言えてしまう程の小ぶりさ。
けれどもそのおかげで支離滅裂な内容にならなかったのは良かった。

滴すら決して小さくない小人から見た壮大な世界を、丁寧に描いた本作の演出はとっても美しいんだけれども、
宮崎駿作品に見られる圧倒されるような力は無くて少しもの足りない。

住む世界の違う小人のアリエッティと人間の翔は決して一緒にはなれず、それどころか一方が一方の存在を危うくしてさえしまう関係だ。
「もののけ姫」で言うとアリエッティがサンで、翔がアシタカにあたる訳だ。
「もののけ姫」では一緒になりたくてもなれない二人の悲しい想いがしっかりと描かれていたのだが、
本作ではその描写が希薄で、二人の間に恋愛感情があったことに気付かない人もいそうな程。
しかも両者が相手に好意を抱く理由が殆ど描かれていないので、
容姿だけでお互いが惹かれあったようにも見え、二人の気持ちを軽く感じてしまう。

また小人と人間の関係についてもストーリーは突っ込んだ展開をすること無くあっさり終わってしまう。
例えばスピアーの少年と翔がぶつかったりとかもっと熱い展開をして欲しかった。
宮崎監督特有の暑苦しさが無いので、逆にこれぐらいがあっさりしていて良いっていう人もいるのかもしれないけど。
そんな訳で不満もあるけれど綺麗にまとまっていて、「猫の恩返し」以降のジブリ作品では一番いい出来だとは思う。

スポンサーサイト

高級ヘッドフォンの世界

2010年07月27日 21:00



きっかけは仕事で行ったアメリカでの出来事。
ロサンゼルス空港のオーディオショップでMonster BeatsというDr.Dreプロデュースのヘッドフォンを見つけたことだ。
視聴させてもらうと物凄い音の再現力で、繊細に音を拾いつつもダイナミックなサウンドで耳を楽しませてくれた。
税抜299ドルで衝動買いするか迷った訳だ。Dr.Dreがヘッドフォンを出してるのは知っていたけれど日本での販売価格は覚えてなくて、
この価格が安いかどうかが分からないし、他に良いヘッドフォンがあるかもしれないということで結局買わなかった。

日本に帰って調べてみると実売4万円程で、円高の今だと現地で買った方がはるかに得だったということが分かったが、時すでに遅し。
そんなに頻繁にアメリカに行く訳でもないし、今更4万出して日本で買うのもしゃくだということで、他の良いヘッドフォンを探すことにした。
家で使っているヘッドフォンはテクニクスのRP-DH1200(実売1万5千円位)なので、それ以上のランクのものを探すことに。

ネットでヘッドフォンについて調べてみると世には、オーディオマニアならぬヘッドフォンマニアの人々がいることを知った。
ヘッドフォン100個以上持っているなんてのは序の口で、今年はヘッドフォン関係に国産の新車買えるくらい費やしたなんていう猛者も存在する世界。
ヘッドフォンにはそれぞれ特徴があって、種類によって得意な音・出す音が異なるそうで、彼らはヘッドフォンを使い分け音楽を楽しんでいる。
ヘッドフォンレビューサイトなるものも発達していて、特に国内最強のヘッドフォンサイトと言われている
He&Biのヘッドホンサイト」さんなんかは数多くのヘッドフォンの音を細かく分析していて、それはそれは凄い。

そうやってヘッドフォンの知識を増やしつつ、実際に聴かないとよく分からないので、
家電量販店とかで視聴しまくった結果以下3つの購入候補が決まった。

20461010807.jpg
1つ目はオーストリアのAKGという音響機器メーカーのハイエンドヘッドフォンK701。
「けいおん」というアニメのキャラクターが作中に使っていたということでそっちのファンからも騒がれた一品らしい。
正規の輸入代理店経由だと8万位するが、直輸入品だと3万以下で買える。
音は非常に細かく柔らかに再現してくれるが、繊細過ぎてパワーが足りない印象。
クラシックやジャズが得意でポップスは若干苦手。性能を引き出す為にヘッドフォンアンプ等、それ相応の環境も必要なようだ。

20465010334.jpg
2つ目はドイツの音響機器メーカー、センバイザーのHD650。
ほとんどのヘッドフォンレビューサイトで最高評価を受けており、
最強の開放型ヘッドフォン(ヘッドフォンには音が漏れない密閉型と漏れる開放型に分かれる)とも言われている。
非常に魅力のある音を出すが、性能を生かすにはかなりの環境が必要とされ、100時間以上ものエイジングという慣らし運転も必要なようだ。
クラシックを圧倒的に得意とするが、他ジャンルもそこそこの音を鳴らす。実売4万程度。

20461510570.jpg
3つ目は日本を代表する音響機器専門メーカー、オーディオテクニカの開放型ヘッドフォンATH-AD2000。
同メーカに密閉型ではもっと上のランクの製品もあるが、開放型では最高級とされる。
候補の3つの中では最もオールマイティに音を鳴らし、不得意なジャンルは特に無い。得意なジャンルはロック・ポップス等。
比較的劣悪な環境でも良い音を出してくれる。実売5万でコストパフォーマンスはあまり良くない。

かなり悩んだが、結局3つ目のATH-AD2000を買った。
理由は、視聴して値段を気にしないで選ぶとしたらこれだったからだ。
また、ヘッドフォンを複数買って使い分けるつもりがない事、聴くジャンルは圧倒的にポップスが多いこと、
オーディオ環境が決して良いとはいえないので、オールマイティなジャンルをフラットに鳴らし、環境に影響を受けづらいATH-AD2000を選んだ。

K0000005244.jpg

さすがに5万近くするヘッドフォンだけあって今まで聴こえなかったような音も聴こえる。
値段分の価値があるかと聴かれたらそれは微妙な所だけど。
プレーヤーにヘッドフォンを直刺しして聴いており、性能を完全には引き出せていないのだが、
性能を引き出すようなヘッドフォンアンプは10万円くらいするので購入するのはさすがに躊躇する。

プレデターズ

2010年07月26日 23:00

500.jpg
プレデターズ / ロバート・ロドリゲス
★★★★★★★☆☆☆

見知らぬジャングルに突然ヘリから落とされた主人公。
直前の記憶が無く、自分がその場にいる理由も分からない彼は同じ境遇の者達とジャングルで出会う。
この場から脱出をしようと共にジャングルを彷徨った彼らは、地球での殺しのプロフェッショナルである自分達を、
プレデター達が狩りを楽しむ為に自分の惑星に連れてきたことを知る。

アーノルド・シュワルツネッガーの出世作「プレデター」を10年以上温めていた脚本を元に再構築させた物語。
地球の殺しのプロ達がプレデター"達"と死闘を繰り広げる。
シリアスにストーリーが進むので最初まじめな映画だと思っていたのだが、だんだんと突っ込み所が目に付き始め、
仲間の一人の日本のヤクザが日本刀を手にプレデターと一騎打ちを始めたシーンからあることを確信した。これは馬鹿映画だ。

設定に多少の無理があってもかまわないのだけれども、登場人物の行動に不自然な点が多いので、とてもまじめには見られない。
ジャングルで出合った主人公達がまともな話し合いも無く団結したりとか、
10シーズンもこの惑星で生き延びている猛者が主人公達を煙で殺そうとしたり
(あんな事したら主人公達が騒いでプレデター達に隠れ家が見つかること位分かりそうなもんだし)、
そしてヤクザVSプレデターが繰り広げるチャンバラ等…。

視聴者の多くが予想した通りの展開を見せて、予想通りの結末を迎える。
意外性なんて全然無いんだけどそのお約束丸出しな感じが、映画プレデターらしくもあって微笑ましい。
アホな映画なんだけどポップコーン・ムービーと割り切れば結構楽しめる。
後この映画を見てる人のほとんどは主人公達をこの惑星に連れてきたものの正体も、連れてきた理由も分かってるはずなのだけれど、
そのネタばらしをするまでがすんごく長いのはどうなのか。一作目ならともかくみんな知ってることを引っ張ってもしょうがないと思う。

告白

2010年07月24日 23:30


告白 / 中島哲也
★★★★★★★★☆☆

事故で娘を亡くした主人公は教師を辞職することになった。最後のホームルームで彼女はある告白を始める。
「娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」

湊かなえの真っ黒なベストセラーを中島哲也が完璧な形で映像化してくれた。
毒をもって毒を制すこの話には、悪に立ち向かうには、悪を叩き潰すには、
自分自身も悪にならなくてはならないという強烈なメッセージが込められている。
孤独に悪に立ち向かう女教師を、これ以上の配役は無いであろう松たか子が演じる。
その他にもモンスターペアレント、能天気な熱血教師、そして犯人の生徒、それぞれハマリ役が顔を揃える。
とは言え、冷徹な演技で気を吐く松たか子がひとり際立っている。

原作がパーフェクトな作品なだけに映像化は難しかっただろうけど、
元CM監督らしい秀逸な映像と音楽を駆使して、美しくもおぞましい作品に仕上げている。
自分は小説の方好きだけど、原作には無い魅力が付け加えられた作品だ。
ストーリーは原作に忠実に丁寧に描かれているので、原作を読んでない人には分かりやすいが、
読んでいる人には間延びしてる感じがするかもしれない。何はともあれ松たか子の怪演が黒光りしている作品だ。

MANHATTAN RECORS THE EXCLUSIVES JAPANESE HIP HOP HITS / DJ HAZIME

2010年07月14日 11:30

 2010年7月14日発表作品

01. I REP (EXCLUSIVE TRACK) / KREVA, DABO, ANARCHY
02. ONCE AGAIN / RHYMESTER
03. デッパツ進行 / DABO
04. 拍手喝采 / DABO
05. NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
06. 虹 / SHAKKAZOMBIE
07. 人間発電所 / BUDDHA BRAND
08. 証言 feat. YOU THE ROCK★, G.K.MARYAN, ZEEBRA, TWIGY, DEV LARGE
/ LAMP EYE
09. Parteechecka (Bright Light Mix) / ZEEBRA
10. 見まわそう / キングギドラ
11. 改正開始 / MICROPHONE PAGER
12. HIP HOP BAND feat. BOO / MURO
13. CHAIN REACTION feat. UZI, DELI, Q, BIGZAM, TOKONA-X, GORE-TEX / MURO
14. 止マッテタマッカ(DL REMIX) / LUNCH TIME SPEAX
15. MASTERMIND feat. ZEEBRA & MUMMY-D / DJ HASEBE
16. 雑念エンタテインメント / RIP SLYME
17. カンケリ02 / KICK THE CAN CREW
18. TOu-KYOu / SOUL SCREAM
19. AREA AREA / OZROSAURUS
20. BAY DREAM ~フロム課外授業~REMIX / サイプレス上野とロベルト吉野
21. THE MC / RYUZO
22. FATE / ANARCHY
23. DREAMS feat. ANARCHY / SIMON
24. 人間交差点~風の街~ / SD JUNKSTA
25. 花と雨 / SEEDA
26. 表裏一体 feat. Verbal, JAMOSA / L-VOKAL
27. Let me know ya… / TOKONA-X
28. ECDのロンリーガール feat. K DUB SHINE / ECD
29. 今夜はブギー・バック(smooth rap)feat. 小沢健二 / スチャダラパー



オールタイムベストな日本語ラップをチョイスするというお題のミックスCDは、有名所だとDJ MASTERKEYの「FROM THE STREET」だったり、
ちとマイナーな所ではDJ REOの「A PLUS 日本語ラップ CLASSICS」とかがあったりするのだけれど、今回そのお題にDJ HAZIMEが挑戦したのが本作。
DJ HAZIMEは奇をてらうより、王道で勝負するタイプという印象があったのだけれど、本作の選曲はまさにそれで、
清々しいほどのコテコテなクラシック達がずらりと並ぶ。
とは言え、有名な曲だからというより単にカッコ良い曲だから選んだという感じがして、変ないやらしさを感じない。

20年以上の歴史があり、スタイルも多用な日本語ラップの全てを一枚のCDに収めることなど元々無理な話で、
あの曲が入ってないとか言い出したらきりが無い訳だけど、この手のミックスCDの中で選曲的に一番しっくり来てる。てかかなりツボ。
シーンの内側しか見てない選曲なので、MASTERKEYの作品とかに比べるとキャッチーさには欠けるけれど
入門盤としてもぜひ活用していただきたい一枚だ。

新曲「I REP」は「ONCE AGAIN」の二番煎じ丸出しだけど、「ONCE AGAIN」に負けない出来なのは凄い。
ANARCHYKREVAの競演も違和感が無かった。KREVAと漢あたりがやったら驚くけど、絶対やらないだろうな。

[ 続きを読む ]


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。