--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の聴き方

2010年05月13日 21:00


音楽の聴き方 / 岡田暁生
★★★★★★★☆☆☆

創造力に満ちた聴衆のみが、音楽家たちと協力しあうという課題を果たすことが出来る。
享受し消費することしかしない聴衆は、創造者たちを麻痺させるだけだ。━パウル・ベッカー


音楽を多分に言語的だとする筆者は、音楽に一定の聴き方があると主張する。
平たく言うとそれはお約束とも言うべきもので、
その音楽がなぜそのような音を出すのかを理解することだ。
外国語の文法を学んでその言葉に詳しくなるように、音楽の法則を学んで理解を深める。
あるいは外国語を何度も何度も聴いて身に付けるように、音楽も経験を重ね理解を深める。

音楽は聴くものであり、語るものだとも筆者は言う。
語ること(あるいは読むこと)によって音楽をより深く理解することができる。
ソムリエが味覚に対する語彙を多く持っているように、
音楽を語る言葉を多く身に付けることで音楽をより深く理解出来る。
音楽用語の多くが「音楽を語る」活動の末に生まれている。
そして、その用語をもって音楽はさらに作られている。
また音楽にとっても言葉で語られることで、
その言葉と結び付いて新たな意味を持ち始める場合もある。
ある曲を猟犬達がじゃれ合うようだと言われると、
もう一度それを聴いた時に最初とは違って聴こえるという風に。

音楽が出来ない奴に音楽は語れない。
このような主張にも、著者は映画の一場面を引用して反論してみせる。

毒舌で有名な料理雑誌の編集部に、記事で料理を批判された料理人が
「自分で料理も作れないお前に、料理のよしあしの何がわかる!」とどなりこんでくる。
これに対し編集長はこう切り返す。
「では君はニワトリでもないのに、どうして卵のよしあしが分かるのかね」

つまり音楽に限らず、する能力と味わいを楽しむ能力、あるいは考え語る能力とは、
必ずしも同じではない、という訳だ。

素人は音楽においてもっとも多く「感じ」、教養ある芸術家はもっとも少なく「感ずる」━ハンスリック

音楽の理解の方法を導いてくれる本作だが、1つ疑問が。
あるジャンルの音楽に深い感銘を受け、そのジャンルにのめり込んでいく。
その時の感覚を求めて多くの作品を触れるが、そのジャンルに詳しくなっていくにつれて、
初期のような衝撃に出会える機会は少なくなっていく。
つまり音楽を深く理解することと、音楽を楽しむことは時に相反するのではないか、という疑問。
スポンサーサイト

制約が生む自由

2010年05月10日 23:30

ある時代のピンク映画・美少女ゲームは内容が自由だという。
ピンク映画ならば濡れ場が、美少女ゲームならば萌え要素があれば、後は何をしても良い。
上記の条件を満たせば絶対に買ってくれる消費者がいるから自由にできる。

ラップは韻を踏めば後は何をしても良い。時には押韻すらしなくても良い。
ラップをすれば良い。それが上手ければ言うことはない。
後は何を言っても良い。自己主張しようがストーリーを紡ごうが自由。

大衆を相手にする映画や音楽はそうはいかない。内容が見られる。メロディが聴かれる。
それが大衆の興味・趣味にそぐわないと失敗する。
監督やアーティストの名前だけで作品を購入する消費者もいる。
しかしその裏にはこの人ならばこのような作品になるであろうという、隠れた期待がある。
それが制約を生む。

ラップはもっと自由になれる。
狭義のHIPHOPとしてのラップではなく、単にラップミュージックとして。
その結果がHIPHOPであるかかどうかは問題ではない。
良いものは残る。それがHIPHOPかどうかは問題ではない。

はんなりごんげ / ANTY the 紅乃壱

2010年05月08日 23:30

ant002.jpg 2006年12月20日発表作品

01. Welcome
02. PICKY GIRL
03. 酔い猫
04. P.Holic
05. ex Boy friend
06. 雨の日
07. Break
08. MK5
09. 大人の童話
10. 桃源郷
11. タワケ
12. 春夏秋冬
13. DRUNK!
14. Happy Birth Song
15. See U
16. let go

mic02.gif

名古屋を代表する女ラッパーANTY the 紅乃壱の2ndアルバム。

飲み過ぎてハメを外したり、友人の誕生日を祝ったり、気に入らないラッパーその他を叩きまくったり、
四季に重ねて恋愛を描写したり、痛々しい愛を歌ったりと、本作の彼女は喜怒哀楽激しい。

女性が歌う恋愛の歌は当然女性目線で、男が歌ったものとは異なるものに仕上がる。
女性ラッパーの絶対数が少ない中でそれをやるのはフレッシュなものが作りやすいだろう。
そんな敷居の低さは別にして、粒が揃った曲が並ぶ。
恋愛を歌った歌は紛れも無く自分の事を歌っているのだと思わせつつ、共感の有無に関わらず興味を引き付ける歌詞を聴かせる。

メッセージを直接言わず童話ちっくな物語に昇華したM-9、マクロな視点になりがちなテーマをあえてミクロに、
核戦争の恐怖を理屈じゃなく感情で歌ったM-10、ラストM-16(大丈夫あんたは愛されてる♪)辺りは本作で一番歌いたかった曲だろう。

これらの路線の曲のみでアルバムを固めていれば、非常にコンセプチュアルな一枚になっていた。
他のグータラな曲やオラオラな曲も素敵だけれども、無理して一枚に何もかも収めない方が良い。
これもそれも私なんだよと言われればそれまでで、「はんなりごんげ」な私が本作のテーマなのだろうが。


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。