--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE ORIGINAL / DJ PMX

2010年01月31日 23:50

PMX51GNxYC0.jpg 2008年6月25日発表作品

01. Intro (THE ORIGINAL) feat. KOZ
02. Stay By My Side feat. DAZZLE 4 LIFE
03. Miss Luxury feat. HI-D, GIPPER
04. Try So Hard feat. AK-69, May J.
05. Skit feat. ONE-G
06. Recollection (80’s Night) feat. PHOBIA OF THUG, JAMOSA
07. Look At Me feat. MACCHO, BIG RON, KOZ, SAY
08. 4:20 feat. MACCHO(OZROSAURUS)
09. Keep On Rollin’ feat. DESTINO, Mr.Low-D,Iz
10. My Baby Girl feat. FINGAZZ, EL LATINO
11. Seaside Lover feat. BIG Iz' MAFIA, ZANG HAOZI, SHIN TAI
12. Reason (This is why we rap) feat. ZEEBRA, Mummy-D, MACCHO
13. Footprint feat. TWO-J, Iz, KSKtheONE
14. Just Another Day feat. 青山テルマ, Kayzabro
15. 4 My City feat. AK-69, HOKT, RICHEE, HIRO of LGYankees & BIGIz' MAFIA
16. Turn Off The Lights feat. BIG RON, MACCHO, KOZ
17. Last Mail feat. HYENA, SAY
18. Outro feat. Lil Tintin’
19. Pubb’s Groove V
20. Miss Luxury feat. MACCHO, GIPPER, KOZ, HI-D, Foxxi misQ (Bonus Track)



日本におけるWEST SIDE HIPHOPのパイオニアであり、ウェッサイシーンの要と言えるDJ PMXが
キャリア20年にして初めて発表したリードアルバム。
2002年発表のミニアルバム「NO PAIN NO GAME」の男気溢れる内容とは180度違う作風となっており、
全編をメロウな楽曲に覆われている。

DS本体のアルバムでは1MCというグループ構成による為か、メロウ・ハード様々なタイプの曲が並び全体のバランスがとられている。
それに対し全国各地のウェッサイラッパー+アルファを迎えた本作では、
多くの曲でシンガーを招き、歌⇒ラップ⇒歌のコンビネーションがひたすら繰り返される。
歌ものが珍しくないウェッサイものでもこれだけ徹底的している作品も珍しい。

全編を歌もので通しつつも、無骨なラップを聴かせるスキット、様々な作風・構成の曲を並べることで飽きさせることなく聴かせてくれる。
歌詞は恋愛ものが多いものの、J-POPになることも無く、コテコテの日本語ラップになることも無く、
当然だがウェッサイな仕上がり。独自の進化を遂げてきたウェッサイシーンを象徴する作品だ。

後、本作はトラックの質はとっても良いのだが、ラッパーがそのレベルに追いついていないと思える箇所が結構ある。
ラップがあんまり上手く無いとか、キザ過ぎとか言われることもあるKayzabroだが、
結局PMXのビートが一番似合うのは彼なのかも知れない。
語尾を上げる新スタイルでラップをかますMACCHOは、本作最多の5曲に参加して存在感を示しているが、
正直DSがMACCHO+PMXの1MC体制だったら飽きそうだ。

お勧めはリード曲を勝ち取ったGIPPERの、ナンパな内容ながらスムーズで刺激的なラップが耳に心地よいM-3。
後、フォビアとPMXが素晴らしすぎる科学反応を引き起こしているM-6。
クソかっけぇ。この3人でアルバム出せば良いのに。

それとM-20のゴージャスさも素敵。何気にレベルの高いマイクリレーです。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

発売日別レビューリスト

2010年01月27日 23:30

img086000000.gif

本ブログでレビューした日本語ラップ作品を発売日順にリストにしました。
作品名をクリックするとその作品のレビューページへ飛びます。
レビューが増えるごとにリストに加えていきます。
発売日が不明な作品は除外しています。

【2011/01/19】 ネリル & JO / D.O
【2011/01/01】 THE LABORATORY / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND

【2010/12/15】 MESS -KING OF DOPE- / メシアTHEフライ
【2010/12/15】 THE EP / SCARS
【2010/10/20】 24 HOUR KARATE SCHOOL JAPAN / SKI BEATZ
【2010/09/15】 OASYS / KREVA
【2010/09/15】 052 BIG BOSS / DJ MOTO
【2010/09/08】 I'm Back / D.O
【2010/08/25】 BREATHE / SEEDA
【2010/08/04】 GOOD TIMES / RIP SLYME
【2010/08/04】 UNIVERSAL FORCE/ DJ Mitsu the Beats
【2010/07/14】 THE EXCLUSIVES JAPANESE HIP HOP HITS / DJ HAZIME
【2010/03/31】 D.O.P.E. / DOPE BOYS
【2010/03/17】 BLACK RECORDER BOX / DJ BAKU
【2010/02/24】 SWORDFISH / EQUAL
【2010/02/03】 MANIFESTO / RHYMESTER
【2010/02/03】 SA-KE-BE / 籠獅
【2010/01/25】 VICE / AKIRA

【2009/12/09】 夜の盗賊 / MEISO
【2009/12/02】 BLACK RAIN / THE SEXORCIST
【2009/12/02】 WHERE'S MY MONEY / STICKY
【2009/11/18】 赤マスク / ポチョムキン
【2009/11/11】 G.A.N.X.T.A. / G.CUE
【2009/09/08】 心臓 / KREVA
【2009/09/02】 王道楽土 改 / MICROPHONE PAGER
【2009/07/29】 CHECK THA NUMBER / DS455
【2009/07/22】 THE 12JAPS / DJ BAKU
【2009/06/24】 HANNYA / 般若
【2009/06/17】 【其の五】その後は吾郎の五曲 / V.A.
【2009/06/03】 P・R・A・Y / SHIZOO
【2009/05/02】 LOST TAPES / KILLER BONG
【2009/04/08】 MASTERPIECE / ラッパ我リヤ
【2009/03/13】 CHAMP ROAD / DOSMOCCOS
【2009/02/25】 The Doberman / DJ DOPEMAN
【2009/01/21】 21g with Strawberry Fields / Mr.OZ & CITY-ACE
【2009/01/21】 王道楽土 / MICROPHONE PAGER

【2008/12/31】 NEXT EPISODE / SCARS
【2008/12/03】 TETRAD THE GANG OF FOUR / TETRAD THE GANG OF FOUR
【2008/12/03】 PRIDE / 籠獅
【2008/09/17】 The Lyricist / GANXTA CUE
【2008/09/10】 Dream and Drama / ANARCHY
【2008/07/23】 ドクタートーキョー / 般若
【2008/06/25】 THE ORIGINAL / DJ PMX
【2008/06/25】 Simon says / SIMON
【2008/04/20】 The Wizard Of・・・ / Mr.OZ
【2008/01/30】 HEAVEN / SEEDA

【2007/12/28】 ALBUM / Mr.OZ&EL LATINO
【2007/12/19】 DOCUMENT / RYUZO
【2007/11/07】 SPECIAL FORCE / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
【2007/10/17】 World Of Music / ZEEBRA
【2007/09/27】 眠る男 / PRIMAL
【2007/09/19】 DAWN OF NEW ERA / GANXTA CUE
【2007/09/05】 よろしくお願いします / KREVA
【2007/08/15】 Hysterical / OZROSAURUS
【2007/08/08】 Xカリバー / 剣桃太郎
【2007/07/18】 KING&QUEEN / EQUAL
【2007/07/04】 Risin' To Tha Sun / DS455
【2007/06/15】 I am … / bay4k
【2007/06/13】 FROM THE STREETS VOL.2 / DJ MASTERKEY
【2007/05/23】 NITRO CAMP’06 / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
【2007/04/20】 Original Zenius : BETWEEN THE BRIGHT AND THE DARK / Mr.OZ
【2007/03/28】 AKASATANA / TWIGY
【2007/03/07】 Still Neva Enuff / AKTION
【2007/01/24】 FROM THE STREETS / DJ MASTERKEY

【2006/12/23】 花と雨 / SEEDA
【2006/12/20】 It's My Thing / Mr.Itagaki a.k.a. Ita-Cho "The Big Bambu"
【2006/12/20】 はんなりごんげ / ANTY the 紅乃壱
【2006/12/15】 DOU-DELL / 籠獅
【2006/12/13】 MOSCOW DUB / KLLER BONG
【2006/12/13】 ROB THE WORLD / ANARCHY
【2006/11/29】 Bunks Marmalade / SWANKY SWIPE
【2006/11/29】 EPOCH / RIP SLYME
【2006/11/29】 THE ALBUM (ADMONITIONS) / D.L
【2006/11/22】 Between the bright and the dark / Mr.OZ&EL LATINO
【2006/11/22】 TOKYO TRIBE 2 / MURO
【2006/10/04】 NO HIPHOP NO LIFE / ラッパ我リヤ
【2006/09/27】 7 DAYS / EQUAL
【2006/09/21】 STOP,LOOK,LISTEN / DOBERMAN INC.
【2006/09/20】 CASANOVE / AKIRA
【2006/09/02】 THE ALBUM / SCARS
【2006/08/23】 美髯公 / UZI
【2006/06/02】 TWELVE VIPER'S + ONE / ILLMARIACHI
【2006/05/17】 エネルギー革命 / YOSHIPY-DA-GAMA
【2006/04/20】 JAPANESTA~Little Boy&Fat Man~ / Phobia Of Thug
【2006/03/15】 Rhyme&Blues / OZROSAURUS
【2006/03/08】 HEAT ISLAND / RHYMESTER
【2006/03/03】 STREET KNOWLEDGE / SIMON
【2006/02/22】 内部告発 / 般若
【2006/02/15】 The New Beginning / ZEEBRA
【2006/02/01】 愛・自分博 / KREVA
【2006/01/11】 SUGAR FREE / black COFFEEZ

【2005/12/28】 IDENTITY / Mr.OZ
【2005/12/14】 荒獅子 / 籠獅
【2005/12/07】 RELOADED / RYUZO
【2005/10/05】 M.A.D. / MIKRIS
【2005/10/26】 ANOTHER LIFE / Tony Tha Bull a.k.a. Ganxta Cue
【2005/09/09】 白い三日月 / STERUSS
【2005/07/20】 BLOCK to BLOCK / MARS MANIE
【2005/07/20】 Original Zenius:THE DARK SIDE / Mr.OZ
【2005/07/15】 OSAKA DUB / KILLER BONG
【2005/06/22】 Original Zenius:THE BRIGHT SIDE / Mr.OZ
【2005/06/08】 デラコスタ / MABO
【2005/06/05】 SAMURAI SWORD / 565
【2005/04/20】 Hydrophobia / Phobia Of Thug
【2005/02/25】 Blood Sugar Sex Camp / Night Camp Click
【2005/02/16】 根こそぎ / 般若
【2005/01/26】 導~みちしるべ~ / 漢

【2004/12/22】 AIN'T NO STOPPIN' THE DJ / DJ HAZIME
【2004/12/22】 おればむ / 三善善三
【2004/12/22】 日本代表 / 刃頭
【2004/12/17】 わたしは起爆装置なわたしか / MAKKENZ
【2004/11/24】 No.9 / UZI
【2004/11/03】 MASTER PIECE / RIP SLYME
【2004/10/20】 GAME PLAN / THE BROBUS
【2004/10/06】 RELOAD / GORE-TEX
【2004/09/29】 4 ring Ku-do / 4WD
【2004/08/25】 STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
【2004/07/23】 SORAMIRO / DJ QUIETSTORM
【2004/07/21】 BEST,LAST AND LOST / mach25
【2004/06/05】 黄面者演義 / SHITAKILI IX
【2004/03/18】 おはよう日本(無修正Version) / 般若
【2004/02/25】 Get Big"The Ballers" / EQUAL
【2004/01/28】 大災害 / KAMINARI-KAZOKU
【2004/01/28】 トウカイテイオー / TOKONA-X

【2003/12/17】 MASSIVE / MAGUMA MC's
【2003/12/10】 NO.1ドラフトPICK / BIGZAM
【2003/10/08】 姫始 / 姫
【2003/07/16】 STAR ILL WARZ / S-WORD
【2003/07/16】 三味 / LIBRO
【2003/04/23】 3on3 / V.A.
【2003/04/15】 MEGA CITY FIVE / DOBERMAN.INC
【2003/03/26】 PROJECT(妄) / 妄走族

【2002/12/28】 OBEY OUR WAY / POUND
【2002/12/18】 THE GREAT SENSATION / M.O.S.A.D.
【2002/12/04】 NO PAIN NO GAIN / DJ PMX
【2002/11/13】 エンドルフィン / アルファ
【2002/10/17】 最終兵器 / キングギドラ
【2002/07/03】 DELTA EXPRESS LIKE ILLUSION / DELI
【2002/04/30】 BLACK SMOKER / THINK TANK
【2002/03/27】 MIDORINOGOHONYUBI MUSIC/ONE FOOT / NIPPS
【2002/03/16】 Suger Chill Gang / 夜光虫
【2002/01/23】 Life goes on / Dragon Ash

【2001/11/07】 クリスマス・イブ Rap / KICK THE CAN CREW
【2001/10/24】 ザ・アカイメジェットコースター / DJ PAT→504
【2001/09/25】 AIMING HIGHER / ILLMARIACHI
【2001/09/05】 UPPER JAM / 餓鬼レンジャー
【2001/08/25】 CHIN ATTACK / MACKA-CHIN
【2001/08/25】 PLATINUM TONGUE / DABO
【2001/04/25】 ROLLIN’045 / OZROSAURUS
【2001/03/03】 ONE DAY / 韻シスト
【2001/02/07】 THINK TALK PART 3 / THINK TANK

【2000/10/27】 Keep On Movin' Vol.1 / G.K.MARYAN
【2000/10/07】 NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
【2000/08/23】 BACKGAMMON / BACKGAMMON
【2000/07/19】 ラッパ我リヤ伝説 / ラッパ我リヤ
【2000/03/15】 病める無限のブッダの世界 / BUDDHA BRAND

【1999/10/08】 THE PROFESSIONAL ENTERTAINER / YOU THE ROCK★
【1999/04/25】 WATER PROOF / GORE-TEX
【1997/09/10】 THA MASTA BLUSTA / ILLMARIACHI
【1996/09/25】 ヤバスギルスキルPARTⅡ / ラッパガリヤ
【1995/12/10】 空からの力 / キングギドラ
【1995/07/25】 Don't Turn Off Your Light / Microphone Pager

Simon says / SIMON

2010年01月24日 22:00



01. INTRO (S.I.M.O.N Is Back)
02. Who Got The Next ? feat. Tomogen (DobermanInc.)
03. The Locus -軌跡- Produced by 318
04. Skit-interview-
05. Knock Out
06. SIMON SAYS
07. Super Fly feat. Jay'ed
08. Live On Stage
09. Skit
10. 23区 Game Part.2 feat. Smoke=S
11. Gooday feat. STY
12. Runnin' feat. 4WD
13. Jesus feat. 日の丸 240
14. ある日突然
15. Dream feat. Anarchy



確かBLASTのライターの誰かがSIMONはUSのHIPHOPを綺麗に翻訳してくれる、
ZEEBRADABOと続く日本語ラップの最も華やかなスタイルを継ぐものだと言っていた。
だが前者の2人がデビュー当時圧倒的な支持を得ていたのに対し、SIMONの評価というのは微妙だ。
向こうのノリを無理なく再現してくれる貴重なラッパーと評する人もいるが、
中身の無いラップを垂れ流すだけと言う人も少なくない。何でこんなに差があるんだろう。

その原因の一つはSIMONのスキルへの懐疑だ。
全盛期のZEEBRAやDABOがスキル的には最高レベルの評価を得ているのに対し、
SIMONは下手では無いけど特別上手くも無いという意見が多い印象だ。
ZEEBRAやDABOが粋なパンチラインを連発していたのに対し、SIMONはリリックはオーソドックスで、
ドキッとするようなラインはあまり見当たらない。
また韻をガンガン踏んだり様々なフロウを駆使するタイプでも無いので、スキル面ではなかなか評価されないのかも知れない。
ただビートに対する嗅覚は抜群で、M-7やM-11のような日本のラッパーでちゃんとはまる人が皆無な、
スムースなビートへの順応性はZEEBRAやDABOの遥か上を行く。彼のスキルは理解されづらい性質のものなのかも。

もう一つの原因はSEEDA~NORIKIYO~鬼の活躍によって、
実生活や過去の境遇に根差した、より個人的な歌詞が共感を呼んでいるというシーンの状況だ。
そんな風潮のなかでは、極端に言えばアルバムを通して基本的に「俺凄いだろ?」しか言っていないSIMONの作品は評価されづらい。

そんな声に対してか本作には、自身の出所を語ったM-3、仲間の損失を嘆くM-14、
日本語ラップの輝かしい未来をANARCHYと歌うM-15等、俺自慢以外のトピックを意識的に取り込んでいる。
とは言え本作の軸はやはり俺自慢であり、これはもうスタイル的に仕方が無いだろう。
正直、単純にイケてるHIPHOPを再現しようとしていた前作「STREET KNOWLEDGE」の方が思い切りが良くて好きだったりする。

アメリカのHIPHOPと並べても違和感の無い日本語ラップを作る方が、日本独自のHIPIOPを作るより遥かに難易度は高いと思う。
きちんと日本語でライムしながら、それを実行出来る数少ないラッパーのSIMONにはぜひ頑張ってもらいたい。
勿論日本独自のHIPHOPも好きなんだけど。

[ 続きを読む ]

ここでキスして。 / 椎名林檎

2010年01月24日 21:30



01. ここでキスして。
02. 眩暈
03. リモートコントローラー

★★★★★★★★☆☆

束縛愛を爽快な位に思い切り歌い上げるタイトル曲。
本作のスマッシュヒットによって椎名林檎は知名度を一気に広げた。
勿論この後、「本能」の特大ヒットが待ってる訳だが。
名曲感が半端無い彼女の代表曲なんだけど、個人的はカップリングの「眩暈」の方が好き。
この曲の刹那的なメロディと歌詞はツボ過ぎだし、絶対A面にはならないであろうサービス精神の無さも良い。B面クラシック。

I am … / bay4k

2010年01月22日 23:00



01. Intro
02. Game Maker
03. TOKYO摩天楼 '07 feat. JASHWON, L-VOKAL
04. Evil Ways feat. D.O, PIT-GOb
05. 探す
06. Must be Dreamin' feat. 般若, KENJI YAMAMOTO
07. Ghetto feat. RYUZO
08. 窓の外feat. STICKY
09. City to City feat. 4WD
10. I Believe
11. いいか? feat. Mr.OMERI
12. SCARS is… feat. SEEDA, STICKY, BES
13. マニフェスト
14. Outro



SCARSでは天才肌のSEEDAやBES、天然ラッパーのA.THUGやSTICKYの間で練り込まれたリリックとフロウを聴かせていたbay4k。
飛び道具だらけのSCARSにおいて、伝わりやすいリリックや耳辺りの良いフロウを駆使する職人肌な彼は、
グループ内の潤滑油としての役割を果たしていた。
しっかりキャラ立ちしていながら濃すぎず、色んなスタイルをバランスよくこなし個性的なラッパーとも相性が良い。
大部分の曲で客演を迎えた本作ではそんな彼のバランス感覚が冴え渡っている。

ラップゲームへの想いを綴る真摯なリリックが歌フロウと共にすんなり耳に入ってくるM-2でばっちり耳を掴み、
4WDの怒声フロウのフックの間を縫うbay4kの煽動するようなラップが爽快なM-9は中盤のハイライトだ。
SCARSメンバーを迎えたM12はグループのピリピリした緊張感が再現され、
入りのSEEDAのラップから最高でグループ作品でも上位に入る出来。

SEEDAやBESやSTICKYのソロアルバムもそうだし、bay4kのこの作品に関してもそうなのだが、
曲のトピックやリリックの内容がしっかりオーガナイズされてるものばかりで、
彼らはホントに言いたい事があってラップしているんだと思う。
それに加えてキャラクター性やスキルも兼ね備えている訳で、つくづく面白いグループだ。

リンカーンで一時お茶の間に顔を出しSTICKYに「芸能系ならbay4k」とディスられたりもしたbay4kだが、
こんなしっかりした作品を出したんだから別に良いんじゃないかなぁ。あの一連の行動は誰が得するんだろう?って感じだったけど。
[ 続きを読む ]


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。