--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE 12JAPS / DJ BAKU

2009年08月17日 23:00



01.PHOENIXION 09 feat. B.I.G.JOE
02.GOOOOOOOOOOOAL!!!!!!! feat. Shing02
03.WM
04.WALKMAN feat. NIPPS, K-BOMB
05.スサノオ feat. BRON-K
06.ASIAN SEED Ver.2 feat. HIDADDY, INI
07.INCREDIBLE STYLE CLASH
08.眠る街 feat. NORIKIYO
09.TOKYO
10.COAST TO COAST feat. 漢, 般若
11.MY ROOTS feat. FREEZ
12.JAPANESE HIPHOP AND ME feat. ILL-BOSSTINO



過去般若・RUMIとグループを結成していたなんて紹介も無粋なくらいアンダーグラウンドで知名度を持つDJ BAKUが、
キャリア初となるリードアルバムを発表した。

召集された面子はヘッズから圧倒的な支持を集める12人。
超豪華な客演陣が話題になった作品は古くはDJ MASTERKEYの1stリーダーアルバム、DABO主催のBABY MARIOのコンピ、
最近ではペイジャーのリユニオン作といくつかあるが、今回のが一番凄いんじゃ無いかという程の凄さ。

ヤバいトラックを作るDJ BAKUに12人の間違い無いMCの組合せ。これで良く無い訳が無い。・・・はずだったがそうでも無かったようだ。

M-1ではギターをベースにどんどん展開するトラックの上でB.I.G.JOEが自由気ままにラップを乗せる。
両者のバイブスのせめぎ合いが感じられるなかなかの一曲。
続くM-2では輪郭のはっきりしたビートにシンゴ02がポジティブなメッセージをハキハキしたラップでぶつける。これも悪くない。

次の曲をいやがおうにも期待させるインストに続くM-4はシーンが誇る至宝の狂人の競演。
バクは渋めながらもイカれたビートを用意。結果期待通りの一曲が完成。ケーボムがちゃんとラップしてるのを久々に聴いた気がする。
その流れにスムーズに繋がるM-5では和物トラックにBRON-Kの歌フロウがバッチリはまる。

とここまでの流れは悪く無いのだが、次の曲から様子がおかしくなっていく。
今までの流れを断ち切るようなファンキーなトラックの上でHIDADDYがダウナーな、INIが詰め込み系のラップを聴かせる。
「お前らの耳はサンドバック」等のパンチラインをかますHIDADDYも、前のめりにラップするINIも悪くは無いが、
肝心のDJ BAKUのトラックがイマイチなせいで退屈な一曲に。
インストに続くM-8はNORIKIYOが「この国は腕の中 植民地?違うぜ旗がある」と国の先を憂う。
こちらのトラックは地味ながらしっかりと彼を援護。

M-10では東京の汚さを描写させるのにこれ以上の面子はいないであろう漢と般若をフィーチャー。
M-9のスキットでのルミの煽りで高まりまくった期待に曲の出来は残念ながら追いつかず。
やっつけ仕事気味の漢と、「信念1 欲望9 好きで嫌い 今日もMY HOOD」と吐き捨てる般若も悪く無い。
だがそれぞれが自分の仕事をしてるだけという感じで、三者が競演する事による特別なグルーヴというのは生まれず。

地味ながら中毒性の高いビートの上で、FREEZが淡々と自分のルーツをラップするM-11は意外と悪くない。
ラストM-12で日本語ラップと自分について真摯に歌うボスのラップは問答無用でかっこ良い。
トラックもラップに負けじと食らい付いているが、やはりこの曲はボスが持っていっている。

もしDJ BAKUと参加ラッパーが全くの無名だったとしたら、凄いアルバムだと思ったかもしれない。
でも実際はそうでは無く、彼らのポテンシャルの高さを知っている。
そんな訳で本作を手放しで賞賛は出来ず、「もっとやれたはずだろ」とだだをこねてしまうのだ。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

CHECK THA NUMBER / DS455

2009年08月16日 23:00



01. NIGHT OF MADNESS
02. PARTY 4 HARK feat. HOKT, AK-69, BIG RON
03. CHECK THA NUMBER feat. Tha DSC [BIG RON, RICHEE(GHETTO INC.),KOZ(S.T.M)]
04. TO THA DREAM
05. WASS UP !! ~Keep My Mind~
06. THA DSC feat. KOZ (S.T.M)
07. BAYBLUES LOCOS feat. MACCHO(OZROSAURUS)
08. SUMMER BREEZE
09. 真夏のバカンス ~Take It All~
10. THA DSC feat. RICHEE (GHETTO INC.)
11. THA DPG WIT THA DSC feat. Daz Dillinger
12. INTO YOU feat. SAY
13. SMOKE CONVERSATION ‘09
14. PUBB’Z GROOVE VI



今年で結成20周年を迎えたDS455が通算6枚目となるフルアルバムを届けてくれた。
前作はメロウな楽曲を中心とした構成だったが、今回はハードな曲が要所要所に配置されたバランスの良い一枚となった。

イントロ的な小曲M-1に続くM-2は、札幌からHOKTを名古屋からAK-69を迎えた定番の煌びやかなパーティーチューン。
タイトル曲M-3では重厚なトラックの上でオフビートのラップがキレキレなDSCの面子とマイクを回す。
M-4で夢を追い続けることを誓い、肩に力を抜いたM-5では未来の自分にエールを送ってみせる。
前座的なM-6のKOZのラップの煽りに続くM-7ではMACCHOを迎え、「Throw Ya Handz Up 」を彷彿とさせるゴリゴリなシットを聴かせる。

M-8でしとやかな夏を、逆にM-9では能天気に夏を歌い、M-10で今度はRICHEEが前座ラップをかまし、
M-11でDaz Dillingerを迎え本作ラストとなるドープシットを聴かせる。
触れれば切れるようなPMXのビートが堪らない。
先行シングルのM-12で包まれるようなSAYの歌声に癒され、アホなスキットM-13、アウトロのM-14でアルバムは終わる。

ケイザブロウのフロウは今回も安定しているが、瞬発力という点では物足りなくその辺は客演陣が補っている印象だ。
PMXは相変わらず高品質なトラックを用意しており、ケチの付けようが無いのだが、
強いて言うとずば抜けたマジックは今回見られなかったかも。

収録曲は全て新曲だが結成20周年という節目の作品らしく、
本作には自分達の過去の様々なスタイルをなぞった楽曲が並び、キャリアを総括するような作品となっている。
非常に聴き易いので入門編には最適の一枚かもしれない(ベストがあるけど)。
[ 続きを読む ]

21g with Strawberry Fields / Mr.OZ & CITY-ACE

2009年08月12日 22:04



01. Draw a Card
02. Where’s come
03. Back to the 90’s / chorus 來々
04. BIZ. Feat. プリメラ
05. Strawberry Fields
06. You don’t know what is this weight
07. Super Star (remix) feat. PITBULL FIGHTER
08. friends
09. Player on the holiday
10. Baby girl ~sweet sweet lovers~
11. Change your life
12. Hate me

mic02.gif

超低音ボイスを駆使する巨漢ラッパーMr.OZが、爽やかな歌声が魅力のCITY-ACEを相棒に迎え一枚のフルアルバムを届けてくれた。

激渋フロウのMr.OZと人懐こい歌声のCITY-ACEの相性の良さは過去の競演曲で実証済み。
2人のコラボアルバムと聞き期待して手にした本作だが、実際に作品を聴いてみると想像以上の出来で驚いた。これは凄い。

今回Mr.OZはいつも以上にヒップホップでビジネスする事を意識したらしく、
アルバムにはこれでもかという程耳辺りの良い曲がずらりと並ぶ。
だがリリックはギャンブルにドラッグ等々サグさ全開で、曲にPOPな印象は全く無い。
これがヒップホップでビジネスするということならば心強い事この上無い。

もちろんギャングスタなリリックがアルバム全てを覆っている訳ではないが、
ソロ活動以降ハーコーさが徐々に落ち着いていたMr.OZは今回確信的にそういうリリックを書いてる気がする。
また曲自体はキャッチーなものが多いのでリリックのそういった部分が目立つのかもしれない。

トラックが派手なものが多いのも本作の魅力の一つだが、
それ以上にMr.OZが多彩なフロウで楽しませてくれたり(明らかにスキルが上がっている)、
CITY-ACEが抜群のメロディセンスで一曲をどんどん展開させていき全く退屈しない。
構成も凝ってて一曲を楽しませるために色んな仕掛けがある印象だ。そんな曲がずらりと並ぶのだからこれは堪らない。

またCITY-ACEはヒップホップシンガーという存在を確立したいそうで、
ギャングスタなリリックをキャッチーで多彩なフロウで歌い上げそれを体現しようとする。
それは成功していると言えるだろう。

ラストM12がロウ・モードのフォビア作風そのまんまで、最後の最後でしっとりとアルバムは終わる。
ビートが軽かったり、韻をそんなにがっちり踏んでないので(それはいつもの事だが)、
聴き込むとちょと物足りなさを感じるのは事実だが、初聴の印象の良さは物凄いものがある。
BIGG MAC関連作ではフォビアの1stアルバムに次ぐ完成度だ。

[ 続きを読む ]

ボルト

2009年08月10日 11:55


ボルト / クリス・ウィリアムズ バイロン・ハワード
★★★★★★★★☆☆

2009年8月日本公開のディズニーアニメ映画最新作。

ハリウッドのスタジオで育てられ、人気ドラマで活躍するヒーロー犬のボルト。
彼はドラマの中で超犬的な力を持つスーパードッグとして描かれ、彼自身はそれが現実だと思い込まされていた。
ドラマには彼が心から愛する飼い主の女の子も登場する。
ある日ひょんな事からスタジオから外の世界へ迷い込んだ彼は、自分が現実だと思っていたものが虚構のものだと知ることになって・・・。

テレビの中では軍隊を一匹でぶっ潰すスーパードッグとして活躍する彼も、現実世界に放り出されると無力な自分に打ちしがれることになる。
そんな現実を受け入れながらも飼い主の愛を信じるボルトの健気な旅に、ひねくれ者の黒猫とちょっとお馬鹿なハムスターが彩りを加える。

冒頭のスーパーアクション、挫折や苦悩が描かれる中盤、それらを一気にひっくり返すラストと、
ディズニー映画らしく安心してカタルシスを味わえる。
最新のCG技術で描かれたボルトの可愛さは半端無いし、挫折の克服という普遍的なテーマが根底にあるので老若男女問わず楽しめる映画だ。

ただボルトという何の印象も残らないタイトルと、ぱっと見単なる感動犬物語にしか見えないポスター(公開中のHACHIともろ被り)はあんまりでは。
シンプルながらもちょっと捻った面白い映画なのにその辺で損してる気がする。

The Wizard Of・・・ / Mr.OZ

2009年08月09日 23:05



01. The wizard of…
02. It's another story feat. 蝶々
03. Scarecrow : カカシ feat. CITY-ACE
04. Skit ~narrator~
05. Hardknock feat. HANGMAN
06. Ghetto bwoy feat. MACHACO, PitBullFigh
07. Let's nexxx party
08. Skit ~tittle-tattle~
09. Welcome to my castle
10. Soundwitch feat. ANTY the 紅乃壱, 來々, MAC
11. End-roll feat. 蝶々, CITY-ACE, HANGMAN
12. Skit ~writing~
13. The letter send on later
14. …Still in drama



前作が自身の代表曲を詰め込んだ集大成的作品であり、一区切りついた印象だったMr.OZ
そんな彼の次の一手はなんとオズの魔法使いをモチーフにしたファンタジーもののストーリーアルバム。
ジャケットは絵本のような作りになっている。

ソロ活動以降はグループのウェッサイな音楽趣向に拘らず様々なアプローチを作品上で行ってきたMr.OZ。
秀逸なリリックを書く彼はストーリーものを書かせたら日本ではトップレベルだと思う(韻はちょっと甘いけど)。
そんな彼だがこんな一枚を出してきたのにはさすがに驚かされ、聴く前は少し不安もあった。
だがアルバムを聴いた後はそれは杞憂に終わり、本作は彼のソロアルバムの中で一番好きな一枚となった。

オズ役とナレーションをMr.OZが担当し、ドロシーやキコリ等その他の登場人物を客演陣がこなしている。
ただ客演にはフックと少しばかりのバースが与えられているだけで、登場人物の細かな心情の描写は全てOZが行っている。
物語の始まりから仲間達の集結と、前半から中盤までの流れは完璧だが、後半が尻切れとんぼのように終わってしまう。
M-10の後にエンドロールが来るのは不自然だし、せめてM-10の後にもう1、2曲入れて欲しかった。

オズの物語が終わった後、未来の自分にあてたM-13、別の時代と場所の物語M-14がボーナストラック的に挿入される。
どちらも彼の代表曲といえるものだが、過去の作品に収録されたものと内容が同じなのは残念。
彼は過去の曲を再録する場合は大抵リミックス等を施し、オリジナルとはまた違った魅力を見せてくれるのだが、
今回はそれが無く手抜きに感じた。

そのような不満点はあるのだが、発想力とその発想をここまで具現化したのにはただただ頭が下がる。
この人は作品のプロデュース能力が他のアーティストと比べてずば抜けていると思う。

[ 続きを読む ]


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。