--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Original Zenius : BETWEEN THE BRIGHT AND THE DARK / Mr.OZ

2007年04月30日 17:00





01. Into-law feat. 來々, CHISA, G-NIWS
02. Original Zenius feat. Machaco, Kalassy Nikoff
03. A to Z ~a counting song~ feat. AKIRA, Equal
04. Report of a gun (long ver.) feat. HANGTOWN ALLSTA
05. 4 season ~hottest summer~ feat. プリメラ
06. Contrast
07. Made in underground feat. ANARCHY
08. Tearful smile
09. Between the bright and the dark (remix ver.) feat. EL LATINO, Ms Ooja
10. G'z always cry alone (long ver.)
11. Money launderin' feat. SIMON, PitBull Fighter
12. 4 season ~painful autumn~ feat. City-Ace
13. O FIVE TWO (remix ver.)
14. Thank you... feat. ANTY the 紅乃壱
15. Out-law
16. WE GOT IT LIKE THAT / Phobia Of Thug feat. HI-C



ビッグマックのレーベル・オーナーとして毎月のように発表される作品の製作に関わり、
名古屋ひいては全国のヒップホップシーンに多大な影響を与え続けているミスターOZ
彼が今回着手した2ndは、彼の過去の代表作が数多く詰め込まれたなかばベスト・アルバム的な内容となっている。

アルバム・コンセプトとしては、ジャケットに写る黒と白で顔をペインティングしたミスターOZが
犯罪を犯すまでの心の葛藤や犯さなければならない環境や理由を、
現在の国内のヒップホップ・シーンの状態と重ね合わせながらアルバム全体で表現しているらしい。

2枚のシングルのイントロと同じトラックの上でアルバムの始まり及びヒップホップ・シーンを強奪する事を宣言する「Into-law」は、
3バースもありイントロというより一つの曲として成立している。
モサドの2人を迎えた「A to Z」はアキラからミスターOZまでの数え歌というテーマで、
2人が26個のアルファベットを順番に使ってリリックを展開していく。
フックとトラックをイコールが担当しずば抜けてかっこいい曲に仕上げており、新曲の中では間違いなく今作ベストの出来。

スキット的な楽曲「Contrast」に続く、アナーキーとの「Made in underground」では
アナーキーのタイトなラップに触発されたのか、ミスターOZも高速フロウを聴かせてくれる。
サイモンとレゲエDJのピト・ブル・ファイターを迎えた「Money launderin'」では、
ファニーなトラックとピト・ブル・ファイターによるフックがコミカルな印象で、シリアスな曲が続くアルバムの中で異色な楽曲となっている。

再構築された過去の楽曲はクオリティの高いものが揃っているが、
アルバムの流れが若干ちぐはぐな印象もありその点はフォビアの1stに似ている部分かもしれない。
ボーナス・トラックとしてHI-Cを客演に迎えたフォビア・オブ・サグの新曲が収録されており、
ついにフォビアとしての活動が再開されるのか期待が高まる。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

LAST BLAST

2007年04月19日 06:06



13年前に創刊された、国内唯一のヒップホップ専門誌ブラストが、2007年5月号をもって休刊となった。
ブラストのスタンスは、ヒップホップ発祥の地では無い日本という国の立場を踏まえ、
日本独自の視点からヒップホップを捉えていくというものだった。
その為、USの現行のシーンの状況を伝えつつも、過去のUSのシーンに関しての記事にも多くのページを割いたり、
国内のマイナーなアーティストにも出来る限りスポットを当ててきた。

シーンが細分化され、USのメインストリームを追う人や日本語ラップにしか興味の無い人、
その中でも特定のジャンルしか聴かない人など、リスナーも様々なスタンスを取るようになった。
それは国内のシーンが成熟してきている証だと思うし、日本のヒップホップ好き皆が同じように
ナズのイルマティックを聴いていたような時代は終わったのだ。
そういった状況で、ヒップホップ全てを包括せんとする、ブラストのやり方では、
細分化されたリスナーを引き付けるのは困難になっていたのかも知れない。
実際、日本語ラップ特集号は売り上げも良かったらしいし、いっその事日本語ラップ専門誌になっていれば、
休刊は避けられたのかもしれないが、それはブラストの望む所では無かったのだろう。

多くの商業誌が人気や売り上げを基準にアーティストに割くページを決定しているのに対し、
あくまで雑誌として推したいアーティストにページを割くブラストのやり方は、
客観性に乏しい面がありつつも、貴重なものだったと思う。
筆者は6年間定期購読していたのでその間の事しか書けないが、
最近はアーティストインタビューを始めとして、記事のボリュームが減っていた。
ディスクレビューにおいては昔はかなり突っ込んだ批評が行われていたのだが、
最近は表層をなぞっただけの当たり障りの無いレビューが多くなっていた。

今回ブラストが休刊に追い込まれたのは、ブラストのスタンスが細分化されたリスナーの要求に答えきれなくなった事と、
記事のボリューム及びクオリティの低下に起因していると思う。
シーンの停滞も原因の一つではあるかもしれないが、それが大きな理由だとは思わない。
しかし、国内唯一の専門誌であるブラストの休刊はシーンの停滞に拍車をかけるのは間違い無く、その点が心配でならない。
4月25日に創刊される日本語ラップWEBマガジン、COMPASSがシーンの突破口になる事を期待したい。

[ 続きを読む ]

Still Neva Enuff / AKTION

2007年04月09日 21:05





1. Still Neva Enuff feat. ZEEBRA
2. Ash to ash Dice to dust
3. Still Neva Enuff feat. ZEEBRA(Remix)
4. Still Neva Enuff feat. ZEEBRA(TV Track)



ジブラ最大のヒット曲「Neva Enuff」に客演として参加、
当時ラッパーとしてのキャリアはまだ浅かったものの圧倒的な存在感でリスナーに強烈な印象を与えたアクション。
その後も俳優業・監督業を行う傍らUBGメンバーの作品を中心に多くの客演をこなし、
確実にスキルを磨いていった彼が「Neva Enuff」から6年、ついにソロデビューを果たした。

「Neva Enuff」のフックの引用から始まるタイトル曲は、
アクションの過剰なテンションに合わせたかのようなタイプライターのひたすらアゲアゲなトラックも印象的で、PVはやり過ぎ感すらある。
個人的には前作の延長線上にあるような作風のガス・クラッカーズによるリミックス・バージョンの方が好み。
カップリング曲の「Ash to ash Dice to dust」は、しっかりフロウしながらも勢いだけで押すのでは無く、
リリックもしっとりと聞かせてくれる渋めの良曲となっている。

今作からUBG入りしたアクションのラップスタイルはジブラの影響があちこちに散見出来るが、
ジブラの良い部分を取り入れつつ独特の声質やテンションを始めとして、しっかりと自分のスタイルを確立している。
今作収録曲は割とオーソドックスな内容だったので、今後発表されるであろうフルアルバムではより幅広いトピックが扱われる事を期待したい。
[ 続きを読む ]


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。