--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK RAIN / 般若

2011年07月26日 23:30

前作から2年、般若6枚目のアルバム。

51KUhVGp3Q.jpg 2011.7.20 Release

01. 足音
02. BLACK RAIN
03. 世界はお前が大ッ嫌い← My Favorite
04. 陽が昇れば feat. JAY'ED ← My Favorite
05. FIRE
06. お前のせい
07. ポイ
08. カバディ← My Favorite
09. 何も出来ねえけど ← My Favorite
10. ビルの向こう
11. 境界線 ~ライン~
12. RIOT

前作「HANNYA」は抽象的な表現が多く般若の迷いが感じられたアルバムだったが、
本作はいつになく真っ直ぐ言葉を聴き手に届けようとする般若の姿勢が印象的だ。

9曲目「何も出来ねえけど」は東日本大震災の歌。被災を敗戦と重ね合わせ復興を促す曲だ。
「幸せ過ぎたのかも 日常が 色ンな事に鈍感だった」「あの瞬間 狂った 地球が憎いとさえ思った」
「瓦礫よりもひとつ屋根の下 瓦礫よりもひとつ屋根の下」「海で覆われたオレ等の国 海に襲われたオレ等の国」が耳に残る。
一方で「持ってく物資 何故受け付けない? 」「補償しろ 漁師 農家を」辺りの歌詞は一辺倒過ぎると思う。
理屈は置いておくとして、気持ちで聴き手を奮い立たせる曲だ。

6曲目「お前のせい」は2年付き合っているが喧嘩が絶えない彼女の歌。
多くの人が共感するように歌詞に具体性を排除した湘南乃風の「純恋歌」に対して、
誰の体験でも無い虚構の歌詞だと批判した般若らしく歌詞に具体性満載。
その一方でサビのメロディーを分かりやすくし、ブリッジで歌う等、曲の構成を歌謡曲風にしているのは
J-POPを揶揄しているのだろうか。

もう一つの女性の歌が8曲目「カバディ」。出会ったばかりで素性は知れないが、惹かれている女性への語りかけで曲は進行する。
このように歌詞の対象を仮に限定すると面白味が増す。「彼氏が居るかもしんない ダンナが居るかもしんない 子供が居るかもしんない 
でもそうじゃないんだ 一番心配 ソレは今が終わる時」が良い。

4曲目「陽が昇れば」では、般若のアルバムには珍しくループが強調された疾走感のあるビートの上で、
これが6枚目のアルバムとは思えない挑戦者としての無邪気なラップを聴かせてくれる。
「行くぜ 前進もう 昨日より今日 雲突き抜けてFLY」なんてストレートな歌詞が般若から聴けるとは思わなかった。
その一方で「街を駆け抜けて 車スリ抜けて 可愛いネーちゃん 横目見ながら」「障害だらけのマリオカート」とユーモアも忘れない。
「目指すのは やっぱてっぺんか それよりも陽はちゃんと照っているか?」は名言だ。
JAY'EDの歌との相性も良く、本作でこの曲が一番好き。

本作と同時期にSIMONの「TWICE BORN」を聴いていた。
「TWICE BORN」はビートの音圧が高く、SIMONのサビの歌もとても上手だった。
それに比べると本作のビートはそんなに厚みがある訳でも無いし、般若のサビの歌もヘタウマだ。
だが言葉の引力は圧倒的に本作の方が上で、聴いていて楽しめるのもやはり本作だ。
般若の言葉に惹かれるのは彼が自分の血肉の通った言葉を使っていること、
普段のしゃべりに近い日本語本来のイントネーションでラップしている為言葉が耳に真っ直ぐ入ってくること、
何より心に響く歌詞を書くことが挙げられる。
前半の2曲こそ言葉を詰め込んだコアなものだが、後は分かりやすい歌詞でキャッチーなサビの曲が多い。
個人的に名盤だと思っている2nd3rdアルバム以来の、当り曲の多い佳作だ。

mic02.gif

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

根こそぎ / 般若

2010年09月20日 23:30

 2005年2月16日発表作品

01. レクイエム
02. サンクチュアリ
03. 国際Ver.
04. MY HOME feat. 秋田犬どぶ六
05. 七転八倒 -みんなBAD BOY-
06. あひぃ
07. やっちゃった
08. Skit
09. 花金ナイトフィーバー
10. 遠吠え
11. サイン
12. 根こそぎ
13. かいじゅうたちのいるところ
14. 心配すんな
15. 東京ONE feat. dj honda & Nashawn



現在ではラッパーとして日本で有数の実力者として認められている般若だが、
妄走族の「Project妄」の成功の後に1stソロアルバム「おはよう日本」を発表した頃は、勢いのある若手の一人位にしか見なされていなかった。
そんな状況の中で般若の評価を急上昇させたのが、彼の高いスキルを見事に切り取った本作だった。
今でこそ般若のアルバムでは当たり前となっているが、本作でフィーチャリング・ラッパーを一切呼ばなかったのは当時は意外で、
全曲で異なるテーマとフロウを使い分け一人で捨て曲の見当たらない傑作アルバムを作り上げた彼に影響を受け、
DABOの「THE FORCE」、OZROSAURUSの「Hysterical」、EQUALの「7 DAYS」(これは若干客演いるけど)等、
客演を呼ばずにアルバムを作るちょっとした流れが出来た程だった。

十八番の名指しディスに、右に出るものはいないストーリーテリング、どぎついブラックユーモアや下ネタをかましたと思ったら、
音楽シーン、家族や故郷の事をシリアスに歌ってみたりもする。非常に喜怒哀楽の激しいアルバムで、
どの般若が素なのか誇張しているのかは謎だが、エンターテイナーとして見事に般若という存在をを表現している。
般若の声質って同世代のTOKONA-XやMACCHO等に比べると案外平凡だったりするのだが、
感情をフロウやリリックに落とし込むのが非常に上手く、声の欠点を殆ど感じさせない。
元々根が真面目なのだろうか、次の作品以降シリアスの比重が高まっていく般若がラップを最もエンターテイメントさせた一枚。名盤。
[ 続きを読む ]

般若 / HANNYA

2009年07月14日 04:30

4580200370067.jpg

01.HANNYA
02.やってやる
03.フェイク
04.空
05.天使と悪魔
06.あのサ
07.夢
08.ケータイ
09.ボタンひとつ
10.世界が終わるその前に
11.最ッ低のMC
12.のぞみ
13.ゼロ
14.いつでも
15.またね



ULTIMATE MC BATTLE 2008で優勝を果たし、勢いそのままに前作から11ヶ月というスパンで発表された5thアルバム。
前2作がシリアス路線のアルバムだった反動か、今作はタイトルもジャケットも脱力気味。
聴く前はアホな曲ばっかりかと思っていたが、真面目な曲も結構ありその割合は半々くらい。

今回は般若お得意のストーリーものが豊富。
M-5はEVISBEATSの奇怪なビートの上、天使と悪魔の囁きで話が進行し、「決めたら一度はやっちまえって」と綺麗にオチがつく。
何気なく天使と悪魔を演じ分けているが、これ結構凄いと思う。
携帯電話の視点からのストーリーテリングが楽しいM-8、グダグダな新幹線の旅が綴られるM-12。
これらにはシンプルながらきちんとライムが組み込まれている。

お気に入りは、Mr.BEATSのほっこりするビートの上で一番素の般若なんじゃないかと思う(騙されてる?)リリックが語られるM-6、
正直全てを理解は出来なかったが生について綴った歌詞が胸をつくM-13。
同じ路線ではM-4、9も用意され、般若が本当にやりたいのはこの辺りじゃないかと勘繰ってみたり。

硬派と軟派、定番と挑戦、これらのバランスは絶妙だ。
ただ、練り込まれた曲がある一方で、フリースタイル的な歌詞や、ちとチープなトラックがあったりと聴き込むと荒さが見えてくるのも事実。
[ 続きを読む ]

ドクタートーキョー / 般若

2009年06月29日 23:20



01. カス
02. 夢の痕
03. 月が散りそう
04. 路上の唄
05. ホントのコト
06. へー。
07. FLY
08. 吸われた街
09. SO HIGH
10. 関係あんの?
11. Ah Yeah
12. チャレンジャー
13. プランA



前作で完璧な独自の世界を構築した般若
過激な曲のカットなど紆余曲折を経て発表された今回の4thアルバムでは新たな表現に挑戦している。
前作が引き算で作られた作品だったとすると、今回は足し算で作られた印象だ。

とは言え、M5(同窓会で俺を見てる ダチのガキが俺に似てる)、M6(へー)、ぶっ飛びチューンM11を除くと
本作はシリアスな曲を中心に構成されており、アホなフロウも抑え気味。
この反動が次回作に出たのか。
BACHLOGIC、タイプライター、Mr.BEATS、EVISBEATS、I-Dea、
そして長渕剛が1曲ずつ印象的な仕事をしており、作品にメリハリをつけている。

良曲はたくさんあるが1つ重要曲を挙げるとM7。「ちょっとまって」、「やっちゃった」の流れのストーリーものだが世界観は正反対。
くそったれた世の中をユーモア交じりに歌ったこの曲の爽快感は素晴らしいし、完成度も何気に高い。
4枚のアルバムを出し表現者として高みに昇り続ける般若。彼はどこまで行くのだろうか。

[ 続きを読む ]

おはよう日本(無修正Version) / 般若

2006年12月17日 12:07

おはよう日本(無修正Version)

01. おはよう日本 (無修正ver.)
02. 春一番
03. 残党
04. おはよう日本 (INSTRUMENTAL)



メジャーから出した1stアルバム収録の「おはよう日本」はクリーン・バージョンということで、
あちこちの歌詞が修正音で消されていた。
今作はインディーズから出しており、「おはよう日本」の無修正バージョンとアルバム未収録のカップリング曲が二曲収録されている。
タイトル曲の歌詞に関しては肯定するか否定するかは人それぞれだと思うが、とりあえずテレビでは絶対に流せない事は間違いない。

お勧めなのはタイトル曲よりむしろカップリング曲で、「春一番」は自分の目線から命の大切さを説いた曲で、自殺反対を熱く訴える。
「くたばりやがれ 自殺マニュアル サイトも掴むぜ 作者 胸ぐら」というラインも強烈で、般若の数あるソロ曲の中でも屈指の出来だと思う。
「残党」は原爆に対して歌った曲で、米国軍人の女児強姦事件にも言及するなどアメリカを痛烈に批判している。
「共通語って言えば英語? おまえの世界レベルってどの程度?」というラインも秀逸。

インディーズということで、シングル全体を通して般若は規制に縛られず自分の言いたい事を言いまくっている。
般若はメジャーよりインディーズの方が向いているような気がするのだが。


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。