--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・アカイメジェットコースター / DJ PAT→504

2007年07月05日 21:15

ザ・アカイメジェットコースター

01. ザ・アカイメジェットコースター (ORIGINAL Ver)
feat. RINO LATINAⅡ, UZI, GAMA, SINNOSK8, HAB I SCREAM
02. ザ・アカイメジェットコースター (YAWARA Ver)
feat. RINO LATINAⅡ, UZI, GAMA, SINNOSK8, HAB I SCREAM
03. バビロン灰 -マワリニワナ- feat. HAB I SCREAM



DJとしては唯一の雷オリジナル・メンバーでありクラシック・シングル「カミナリ/夜ジェット」をプロデュースしたことでも有名なDJパトリック
雷の音楽性を決定付けた超ハードコアながらもオリエンタルな雰囲気を残したトラックは唯一無二のものだったが、
寡作な彼はプロデュース作品が非常に少ない。
雷がカミナリ・カゾクとして復活しアルバムが発表された時も、彼が手がけたのは一曲のみだった。
極端な一曲入魂主義の彼だがその分曲単位のクオリティは恐ろしく高い。

現時点において彼名義としては最初で最後の作品となっている本作には、
昭和48年生まれという括りでカミナリ・カゾクからリノ・ガマ・シンノスケートが、
外部から交流の深いウヂとハブ・アイ・スクリームが迎えられている。
全員キャリアの長いベテランばかりだが、パトリックのトラックは演者の能力を引き出す力があるのか、
皆ほぼベストの仕事をしており奇跡の様なマイクリレーが最初から最後まで展開される。
最後に登場するパトリックも含めて皆フロウ重視のラップをしているのでリリックに深みが足りない部分もあるが、
マイクリレーものとしては「証言」や「N.M.U.」と並ぶ大傑作となっている。

スポンサーサイト


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。