--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream and Drama / ANARCHY

2010年04月15日 21:00

 2008年9月10日発表作品

01. Awakening
02. Composition of Pain
03. Fate
04. Blood In Me
05. 60 Bars Dream
06. Interlude
07. Drama King feat. Tina
08. Forbidden Fruit feat. Hirom Jr.
09. Devil
10. Rock Star feat. Tina
11. Better Tomorrow feat. Hirom Jr.
12. My Words
13. Sky Limit

mic02.gif

前作から2年振りとなる2ndアルバム。
インディーズながら「ROB THE WORLD」が成功を収めたのはANARCHY自身の実力もさることながら、
故TOKONA-Xを含む豪華な客演や国内外のプロデューサーを呼んだりしたレーベルのお膳立てによるところも大きかったと思う。
前作は勝ち上がる為にアルバムを売る為に、キラーチューンが意識的に配置されていた。
ANARCHYの魅力の核となる底辺からの成り上がりイズムを歌った曲、US HIPHOPマナーに則った曲、
歌詞の内容よりもラップのインパクトやフィーリングを重視した曲を織り交ぜ、
リアルという軸をぶらさずにアルバムを聴かせる仕掛けを大量に放り込み、ハードコアHIPHOPをエンターテイメントさせていた。

1stとしてやらなければならない事をやりきった前作に続く本作は、
ANARCHYの作品の軸であり、彼が音楽活動をする原動力でもある「夢」を扱った極めてコンセプチュアルな一枚だ。
収録された曲は切り口は違えど夢に関するものばかり。
女やブランドについて歌っているM-5も、成功して自分と周りの人間(この場合は大切な女性)を幸せにするという彼の夢を歌った歌な訳で…。
前作や客演で見せていたインパクト重視の瞬発力のあるフロウは封印され、リリックを聴かせる為にプツ切りで言葉を放り込んでくる。
フロウを楽しむ部分は少なく、聴き手はANARCHYの言霊とライミングに正面から向き合うことになる。
一曲を除くと全て海外プロデューサー製作のビート群も最低限の展開のみをするループトラックが揃い、
客演ラッパーもゼロとかなりストイックな作品だ。

M-2の「アメ車に飛んでくおとんの給料 かっこつけた分家じゃカップヌードル」、
M-7の「夢の中両脇レディーズ 目覚めは作業着のままディッキーズ」等、
カッコ悪い事をカッコ良く歌うANARCHYの伝えたい事が詰まった本作を気に入るかどうかは、
彼の歌詞に魅力を感じるかどうかにかかっている。
HIPHOPど真ん中なANARCHYを一切薄めずに作品化した本作は単調な所もあるのだが、
メッセージとパッションとライムと必要にして十分な骨組みのみで構成され、恐ろしいまでにHIPHOPを感じる作品だ。
特に、女性ボーカルをサンプリングしたド定番のビートの上で故郷の現実と彼の生き様を鮮明に切り取ったM-3は、
前作収録の名曲「Growth」を早くも更新したクラシックだ。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

痛みの作文 / ANARCHY

2008年02月27日 11:10




★★★★★★☆☆☆☆

デビューアルバムが即クラシック入りしたアナーキーの自伝本。
話言葉でラフに綴られた本作は、悪く言えば悪自慢に終始している訳だが、結局の所、自分の人生をありのままに語っただけなのかもしれない。
そして、それだけで十分面白い一冊に仕上がっているおり、このようなバックグラウンドを持っていること自体がラッパーとして武器になる訳だ。
十代の頃の話が作品の大部分を占めているが、それ以降のアーティスト時代の話ももう少し読みたかった所。
彼の作品世界をより深く理解したい人にはぜひ読んで欲しい一冊。

ROB THE WORLD / ANARCHY

2007年02月01日 00:05





01. Intro
02. K.H.B.K.
03. I'm A Rapper
04. Growth
05. Mic Check
06. Change The Game feat. RYUZO
07. Skit feat. TAIGA
08. No Big Deal / RUFF NECK
09. Ghetto Fabulous feat. M.O.S.A.D.
10. 9 Block
11. Rainy Dayz Scratches by DJ HAZIME
12. One For The...
13. You Know I'm A Man
14. Home Sweet Home
15. Represent
16. Luck Last feat. LA BONO and AK-69
17. Ghetto Superstar / G.S.S. feat. WARNERMAKER
18. Happy End



1995年に地元京都にて活動を開始したアナーキーは2000年にラフネックを結成、同年ラフネック名義でのシングルを自主制作する。
その後現場での地道な活動を続けながら2002年にはソロ・シングルを発表、数多くの客演もこなしていった。
その後リュウゾウが立ち上げたR-RATEDに参加、そこで二枚のシングルを発表する。
客演等で多くのリスナーに強烈な印象を与え、周囲の期待が高まる中まさに最高のタイミングでソロ・アルバムが投下された。

本作には国内外の豪華なプロデューサーが参加しており、客演もラフネックのメンバーを始めとした身内は勿論
リュウゾウ・AK-69・モサド等実力派が脇を固め、アナーキーに最高の舞台を用意している。
それらの豪華な舞台装置に負ける事無く、アナーキーも今作にて現時点で出来る最高のパフォーマンスを見せてくれる。

イントロに続く「K.H.B.K.」ではB.L.のUSを露骨に意識したルーズなトラックを嫌味無く乗りこなし、新人とは思えない貫禄を感じさせてくれる。
一転してハードなトラックの「I'm A Rapper」では熱量の高いラップを披露してくれ、フックの爆発力は凄まじくまさに必聴。
ストリート・ヒットを飛ばした先行シングルの「Growth」では、過酷な自分の生い立ちを綴ったリリックを感情剥き出しのラップに乗せる。
ライミングよりもメッセージ性を重視したリリックが生々しい。

リュウゾウを迎えた「Change The Game」はハードな曲かと思いきや、意外にフロア向けの煌びやかなチューンとなっている。
本作重要曲の一つであろうモサドを迎えた「Ghetto Fabulous」では、トコナ・Xのバースも聞く事が出来る。
それに触発されたのか他のメンバーのバースもアベレージを軽く超える出来で、オリジナル曲に勝るとも劣らない完成度となっている。

本作のアナーキーは様々なトラックを器用に乗りこなし、新人としてはトップレベルのスキルを披露している一方で、
リリックやライミングには拙い部分もあり改善の余地はまだあると言える。
またアルバム全体を通してハードな曲が多く、少々聴きづらかった。
せめて中盤にもう一曲位、歌を絡めた曲があったら大分聴きやすくなっていたと思う。
とは言えデビューアルバムにしてこれだけ充実した一枚を完成させたのは脅威的と言える。
[ 続きを読む ]


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。