--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOOD TIMES / RIP SLYME

2010年08月16日 23:30

good time 2010年8月4日発表作品

<Disc 1>
01. STEPPER’S DELIGHT
02. 雑念エンタテインメント
03. 楽園ベイベー
04. BLUE BE-BOP
05. JOINT
06. TIME TO GO
07. Dandelion
08. GALAXY
09. Super Shooter
10. 黄昏サラウンド
11. Rock it!
12. Hot chocolate
13. FUNKASTIC BATTLE ~RIP SLYME VS HOTEI~
14. ラヴぃ (リップスライムとくるり)
15. ブロウ
16. I・N・G

<Disc 2>
01. SCAR
02. 熱帯夜
03. One (CHRISTMAS CLASSIC version)
04. SPEED KING
05. NP
06. Bubble Trouble
07. Tales
08. Remember (RIP SLYME with MONGOL800)
09. 太陽とビキニ
10. love & hate
11. STAIRS
12. Good Day
13. Journey
14. 星に願いを
15. マタ逢ウ日マデ 2010~冨田流~
16. Good Times



メジャーデビュー10周年を記念したRIP SLYMEのベストアルバム。
シングル全曲とアルバム・カップリングの人気曲、配信限定曲に新曲2曲を加えた内容になっている。
「ONE」と「FUNKASTIC」、「マタ逢ウ日マデ」はバージョン違いを収録し、
メジャー5年目に出したベスト「グッジョブ」を買った層にもアピールしている。
CDが入っている紙ケースの内側にまでメンバーの写真が印刷されていて仕事が細かい。
こういう普通は見ないような所にもこだわり、所有欲を満たしてくれるのは大変素晴らしい。

メジャーで成功した頃、K DUB SHINEや妄走族を始めとしてあちこちでディスられまくっていたリップだが、
まともにアンサーも返さずひょうひょうと活動を続け、一時期より売り上げが落ちたとは言えCDの売れないこのご時勢に
コンスタントにメジャーで作品を発表し続けているのは大変タフだと思う。
ポップなHIPHOPの先駆者としてチャートに攻め入ってた頃の超キャッチーな楽曲群のDisc1、そちらの方面をある程度やりつくし
前人未踏の音の挑戦を続けているDisc2へと分かれる。自分はDISC1の方が好きだけれども。

リップが売れた時に他のHIPHOPアーティストのフックアップをしていないって批判もあったのだけれど、
リップの世界観って基本的にはリップだけで完結してて、他のアーティストって必要ないと思う。
日本語ラップってカテゴリーの中で彼らは明らかに異質で、他のラッパーを呼ぶ必要性を感じない。
むしろJポップのアーティストとやる方が違和感が無い。日本語ラップのアーティストとやって音楽的にも面白いことになるとは思えない。
同じクルーのFUNKY GRAMMARの面子がギリギリ合うぐらいだろう。

リップ以降オレンジレンジを筆頭にHIP POPなアーティストが雨後の竹の子の如く大量に生まれ、
成功した者もいればすぐ消えたものもいたのだけれど、リップにはそれらとはっきり境界線を引ける高度なセンスがあった。
フラメンコに攻める「SCAR」と一昔前のディスコを彷彿とさせる「Good Times」と、新曲は挑戦を続けるリップを象徴するフレッシュなものだ。
「YAPPARIP」「グッジョブ」に続き3枚目のベストアルバムを出したリップ。
15周年、20周年と5年おきにベストを出して来そうだけれども20周年の奴は買おうかしらん。

スポンサーサイト

MASTER PIECE / RIP SLYME

2007年01月04日 15:59





01. Prologue
02. Masterpiece
03. Rock it!
04. 黄昏サラウンド
05. ON & OFF
06. GALAXY
07. Mellow Morrow
08. Get Busy
09. MILK
10. AMAR
11. STRANGE (ALBUM Version)
12. Dandelion
13. Unknown
14. Epilogue
15. 朝焼けサラウンド~Bonus Track~



前作「TIME TO GO」は多くのトラックに電子音が使われていたが、
本作は楽器の生音をフィーチャーした曲がアルバムの大半を占めている。
DJフミヤの作るトラックはもともと高品質だが、
楽器の生音を使うことでより深みを感じさせるトラックを製作する事に成功していると思う。

リップの曲はアゲアゲなアッパー・チューンと、しんみりとしたメロウ・チューンに大別出来るが、
本作は所々にアッパー系の曲が配置されつつもメロウ系の曲が中心となってアルバムを形成している。
それだけに歌詞が引っ掛かる曲がアルバムのあちこちに散見出来る。

中でも素晴らしいのは、いつの間にか大人になってしまった自分に感じる違和感を歌った「STRANGE」だろう。
他にも文字通りオンの自分とオフの自分の違いを歌った「ON&OFF」の歌詞もなかなか面白かった。

リップのアルバムはシングル曲に引っ張られて全体が構成されている事が多いが、
本作はシングル曲以外にも聴き所が満載で捨て曲は殆ど見当たらない。

とは言えシングル曲も相当クオリティが高く、中でも必殺のメロウチューン「黄昏サラウンド」は
リップの歴代シングルの中でも屈指の出来だろう。
リップも相当自信があったらしくボーナストラックとして別アレンジ・バージョンも収録されており、
オリジナル曲とベクトルは同じもののやはり素晴らしい出来。
アルバムの構成や流れは素晴らしく最高傑作という言葉にも頷ける。

EPOCH / RIP SLYME

2006年12月30日 06:03





01. EPOCH ~intro~
02. ELEPHANT
03. Hot chocolate
04. ブロウ
05. Island
06. パーリーピーポー
07. DIG DUG
08. レッツゴー7~8匹 feat. スチャダラパー
09. Break beats ERA
10. アゲインスト
11. ラヴぃ
12. Present
13. LINDA
14. Wonderful



メジャーデビュー以来順調にキャリアを積み重ねてきたリップだが、
ベストアルバム発表後DJフミヤが自律神経失調症の為休養期間に入り、
プロデューサー不在のままの活動を余儀なくされる。
フミヤが復帰するまでの間、ペス・プロデュースのシングル「Hot chocolate」を発表したり、
布袋寅泰やくるりといった他ジャンルのアーティストとのコラボレーションを果たしてきた。

そして約1年の充電期間を経てフミヤが復帰し、久しぶりにメンバー全員揃ってのシングル「ブロウ」が製作された。
疾走感のあるトラックに楽しげな掛け合いのラップが乗り、フックの爆発力とキャッチーさも素晴らしく、
まさにリップのシングルの王道を行く安定した出来であった。
そしてフミヤの溜まりに溜まった製作意欲に急かされる様にして、メジャー5枚目のアルバム「EPOCH」が製作された。

精神的には1stに近い心境で製作されたという本作は、曲の濃度の高さやバリエーションの豊富さなど、「FIVE」と重なる部分も多い。
シングル等で様々なコラボをした影響か、リップにしては珍しく本作には
バーバルやスチャダラパーなどベテラン所のアーティストを客演に迎えている。
しかし大した化学反応は起こっておらず、彼らの必要性はそんなに感じなかった。

また曲の繋がりなどは悪くないものの、長めの曲が多くアルバムの流れはかなりゆっくりに感じた。
本作のテーマは自然と人間との共存らしいが、リリックからその様なものはあまり読み取れず
トラックもピコピコの電子音入りまくりで、自然が感じられるのはジャケットと前半の数曲くらいである。
MC陣の中ではやはりペスが一番上手く彼のラップが最もスリリングである。

作品の大きなウエイトをパーティーチューンが占めている一方で、歌フロウが心地良い癒し系の楽曲「Island」は
ボサノバやジャズの要素を取り入れており、ヒップホップの王道から外れているもののかなり素晴らしい出来。
リップはこのように様々なジャンルの音楽をヒップホップのフィルターを通して処理し、
ポップスとしても聴けるような作品に仕上げるのが本当に上手いと思う。



最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。