--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金閣寺 / 三島由紀夫

2016年12月14日 23:00



この本自体は十年前に購入していて、他の三島作品はいくつか読んでいたが、この本は何となく本棚に眠らせていた。
それが今になって、そろそろ金閣寺でも読んでみるかと手に取ってみた次第。その時の自分の年は30歳。
金閣寺を三島由紀夫は30歳で書きあげており、金閣寺を放火した犯人も当時30歳だった。
不思議な偶然もあり、思入れのある作品となった。ちなみに自分と三島は誕生日も一緒だ。

実際の犯人の年齢と異なり、この作品で金閣に放火する犯人は20代前半だ。
そんな彼の生い立ちと犯行までが描かれる。
生まれつきの、どもりのハンディキャップが主人公の中に独特の価値観を育てる。
作品を通して主人公の内面を執拗に描き、なぜ金閣寺の放火に至ったか明らかにしていく。
物語の結果は分かっているが、その過程が気になり作品に引き込まれる。

三島は実際の犯人の心境を分析したりなどしていないと思う。
あくまで自分が金閣を放火するとしたら、どのような理由で行うかを想像し、物語を作り上げたのだと思う。
その為、主人公は三島の価値観が投影され、破滅的な最後を迎える話にもかかわらず、
濃い登場人物達との交流も含めて、三島流の青春を描き切った作品だと思う。

金閣を放火した主人公は、自害したりせず、あくまで生きようと考える。
主人公は死ぬために金閣を放火したのではなく、生きるためを金閣に放火したのだ。
心情描写はかなり難解で、期間を空けて何度も読み返したい作品だ。もっと早くに読んでおけば良かった。

5.0点 / 5.0点満点
スポンサーサイト

ソフィーの世界 / ヨースタイン・ゴルデン

2015年09月23日 21:00

51OxtJZbd.jpg 51OJx9s9.jpg

 ハードカバー版を以前2回読破しており、3回目の通読となったが、ミステリーの核心部分を含め内容をほとんど覚えていなかったのに驚いた。1回目に読んだのが15年位前になるのもあるが。
 膨大な哲学の歴史をサラッと学べたので、気になった思想からより深く勉強していこうと思う。

3.5点 / 5点満点

海辺のカフカ / 村上春樹

2015年08月29日 21:00

41H1JC21R7L[1] 418W7Q0J71L[1]

 登場人物達がそれぞれ抱えている問題を乗り越えていく物語。問題についての直接的な言及は少なく隠喩の嵐。彼らは様々な結末を迎え、それらは一見悲しいようで、実は可能な限りの最善のものであったと思う。

4.0点 / 5点満点

教団X / 中村文則

2015年08月23日 21:00

9784087715903-B-1-L[1]

 荒唐無稽とも言える物語そのものよりも、登場人物の言葉を通して語られる、生と死、人間や世界の在り方についての考察に重きが置かれている。それらは理論的というよりむしろ直観的で、それだけに多くの読み手から共感を得やすいように思う。

2.5点 / 5点満点

満願 / 米澤穂信

2015年08月15日 21:00

41FtdEgl4h.jpg 

 全ての作品に後味の悪い裏切りがある。特に表題作の、容姿も内面も美しいはずであった女性に隠されたどす黒い執念が圧倒的。登場人物の極端な行動に現実味が無いのは、あくまでミステリーということか。

3.5点 / 5点満点


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。