--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TWELVE VIPER'S + ONE / ILLMARIACHI

2010年02月01日 23:50

 2006年6月2日発表作品

20. VIPERZ BEATS
21. 荒療治(MEXICORE Remix)
22. 博徒九十七(H18Remix)
23. TOKONAIZM(さすらいRemix)
24. For Da Bad Boys & Ladies feat. Equal (MARCHBOUNCE Remix)
25. Younggunnz feat. Shigechiyo & Kent from DESPERADO (荒野のRemix)
26. ドンファン DA MARIACHI feat. BLAZE from ARC (サスペンスRemix)
27. カサブランカ
28. TOKONA 2000 GT(70'S Remix)
29. PXXXY(ROCKtheRemix)
30. THA MASTA BLUSTA(壊し屋Remix)
31. NAGOYA QUEENS(最狂音術Remix)
32. SUPER OUTRAW



TOKONA-X亡き後、刃頭がグループの過去の音源を再構築して作り上げたアルバム。
刃頭は本作を追悼盤やリミックスアルバムでは無く、あくまでILLMARIACHIの最新アルバムだと主張している。
その為本作の楽曲のクレジットは1曲目がM-1ではなくM-20となっており(14曲収録の「THA MASTA BLUSTA
と5曲収録の「AIMING HIGHER」に続く作品という意味なのだろう )、
ジャケットも本作の他に過去2作が入る仕様となっており、3部作という事を強調している。
とは言え本作はスキットとトコナのラスト音源を使ったM-29を除くと1stアルバムのリミックス曲から構成されており、
「THA MASTA BLUSTA」のリミックスアルバムと捉えた方が分かりやすいだろう。

「THA MASTA BLUSTA」はトラックは凄いけど発展途上のトコナのラップがちと退屈な作品だった。
本作のラップの殆どはそのアルバムのものが使われている訳だけど、
刃頭の本作を過去作品の焼き増しでは済ませないという強い意思からか、
トコナのラップの魅力を最大限に引き出すべく渾身のテコ入れがされ、まるで新曲のように聴こえる。
音質が良くなっているっていうのもあるのだろうか、原曲よりもかなりカッコ良くなっている。
M-24なんかビートだけでご飯3杯はいけそうな出来だし、ラスト手前のM-31では、
刃頭のロッキッシュなクレイジービートと若し頃のトコナのラップのぶつかり合いが感動的ですらある。

トコナの死後、彼の楽曲を集めたミックスCDが発売されたりした時に、死人を利用した偽善的な金儲けだという意見もあった。
自分はその作品は聴いていないので何とも言いようが無いが、刃頭が己の意地をかけて作り上げた本作からはその様な臭いは全くしない。
ちなみに刃頭は今作で入る印税の全てを、TOKONA-Xの遺族に渡るように取り計らったそうだ。
雑誌掲載の、亡きトコナへ向けたメッセージに馬鹿野郎とだけ言った刃頭の不器用な男気が分かるエピソードだ。
スポンサーサイト

THA MASTA BLUSTA / ILLMARIACHI

2010年01月18日 23:00



01. Intro
02. TOKONAIZM
03. The Masta Blust
04. まあわや
05. ドンファン DA MARIACHI feat. BLAZE
06. NAGOYA QUEENS
07. ビートモクソモネェカラキキナ
08. 荒療治
09. TOKONA 2000 GT
10. Younggunnz feat. Shigechiyo & Kent
11. 博徒九十七
12. 今昔物語 feat. TWIGY
13. For Da Bad Boys & Ladies feat. EQUAL
14. MARIACHI (GOLD)



26歳と若くして亡くなった天才ラッパーTOKONA-Xが若干19歳の時に刃頭とともに作り上げた作品。
この後彼がM.O.S.A.D.の作品やソロで見せる、ぶち切れたオリジナルフロウはこの時すでに備えているのだが、
イマイチ使いこなせておらずラップに抑揚がつけきれていない。
この時点でも十分にカッコ良いのだが、この後の彼の作品が凄過ぎてそれと比べるとどうしても霞んでしまう。
刃頭のRZAの影響も感じるトラック群はさすがの出来で、アルバム構成もよく考えられており
ラップがもう少し良ければクラシックアルバムになっていただろう。

TOKONA-Xの生前最後の録音曲となった刃頭の「日本代表」収録の「P×××Y」は、この時の不満をみごとに解消し、
刃頭とトコナ両者の強烈な個性がぶつかりあい楽曲としても非常にタイトなものに仕上がっていた。
その後に製作されるはずだったILLMARIACHIの2ndアルバムの前に彼が亡くなってしまったのは非常に残念だ。
あと本作は、東京一点集中だった当時のHIPHOP地図に名古屋の名前を記した重要な作品らしい。

AIMING HIGHER / ILLMARIACHI

2006年12月06日 19:30





01. Aiming Higher
02. 尾張ヒールズ feat. Equal
03. Ms.アリハンダ (ちょっとまって~ん Mad Teens)
04. 勇者のテーマ
05. Thuggin' (Eazy-Rec)



クラシックアルバム「The Masta Bulsta」発表後一切音源を出さなかったイルマリアッチ
前作から本作までの間、トコナ・Xはモサドの前身であるマスター・オブ・スキルズとしての活動を、刃頭はソロでの活動をそれぞれ行っていた。
そして前作から四年後、再結成されたイルマリアッチは今作を発表し従来からのファンを熱狂させた。

前作収録の「荒治療」と同ネタ使いのイントロに続く「尾張ヒールズ」は、ビバリヒルズをもろにサンプリングしたトラックで耳を奪われること必至。
それに乗るトコナのラップも前作から大幅にスキルアップしており聴き応えがある。
フックはイコールが担当しガツガツした前のめりなフロウを聴かせてくれる。
続く「Ms.アリハンダ」は、不穏なトラックの上でトコナが口語体を駆使しながらのダークなストーリーもののラップを展開する。
巧みな情景描写にライムを織り交ぜ、トコナのストーリーテラーとしての高い技術を垣間見ることが出来る。
邦画の台詞をサンプリングしたインタールードに続くラストは「THUGGIN'」。
ロウなビートの上に、フロウは抑え気味だがリリックで凄みを感じさせるラップを乗せる。

トコナ・Xはイルマリアッチとしての活動をソロやモサドとはまた違ったものとして位置づけていたようである。
今作は曲単位の出来は良いが、如何せんボリューム不足な印象である。
トコナ・Xはこのアルバム発表後、モサドとしての活動を再開し刃頭もソロ活動に移っていくことになる。
[ 続きを読む ]


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。