--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE ALBUM(ADMONITIONS) / D.L

2006年11月30日 23:43





01. TAKE YOU HOME(BACK TO THE HIP HOP) / D MOTHER FUCKIN`L.
02. MUSIC(VERSION:S.W.A.T.)
03. BACK TO BURN / DEV MOB X feat. CQ & TWINKLE
04. WALFARE
05. KEEPIN’ IT UP!!
06. KIKITE(Lefty) / DANGEROUS MOUTH feat. K-Bomb
07. MILKY WAY
08. 鋼鉄のBLACK / PUNCHLINE B.B. & ミドリのBRUCE BURNER
09. LIFE CHECK / LOW VOICE feat. TADA`S AC
10. 結利大(SUBERIDAI) / D.L
11. FOR MY MEN
12. MANIFEST(粉骨砕身) / DEADLY LION
13. GOD MOUTH(GOD BIRD pt2) / MONEV MILS feat. K5R, TWINKLE, PRIMAL, 剣桃太郎, GOCCI, SUPERB, RINO LATINAⅡ, D.O
14. THE MASTERS feat. ZEEBRA, TWIGY(MASSIVE REPROGRAM DEVMIX)
15. BALANCE
16. CRATES JUGGLER / MR. ANALOG
17. 盲目時代~BLIND AGE 2006~ feat. 響言奏
18. D.L’S MIDNIGHT THEME pt.3



絶頂期にはシーンの頂点に君臨していたブッダブランドだが、ニップスDJマスターキーの脱退などもあり、
フルアルバム発表後は事実上活動を停止してしまう。
それから6年もの歳月を経て、ついにブッダブランドのリーダーであるデヴ・ラージのアルバムが発表された。

近年はK・ダブ・シャインとのビーフや大火傷など紆余曲折あった彼だが、本作でそれらの鬱憤を思う存分に晴らしている。
シークレット・トラックをはじめ、アルバムの幾つかの箇所で、K・ダブ・シャインをディスしていると思われる歌詞が見受けられる。
デヴ・ラージのこのような姿勢に対しては様々な意見があると思うが、
ラッパーとして自分の言いたい事を言っているに過ぎず、良いも悪いも無いというのが自分の考えである。

今作はD.L presentsという事で、ラッパーのD.LをプロデューサーであるD.Lがプロデュースしたアルバムというコンセプトらしい。
ラップに関しては、楽曲によりハードなフロウから落ち着いたフロウまで、予想以上に幅広いフロウを聞かせてくれかなりの好印象である。
トラックに関しては、国内最高峰のプロデューサーだけあって耳を奪われる曲続出で、全曲凄まじいクオリティを誇る。

客演に関しては、ブッダブランドは勿論のこと、ジブラツイギーからエル・ドラド、
シンクタンク、妄走族、雷家族、MSCまで大量に迎え彼らの本気度も非常に高い。
ファンは反応せずにはいられない「GOD BIRD pt.2」では、名曲「GOD BIRD」をアレンジしたようなトラックの上で、
9MCの狂ったマイクリレーを堪能することが出来る。
前作のような爆発的な熱量のラップを各自がぶつけるような内容では無く、
体温低めだがある種の凄みを感じさせるラップを各自が聞かせてくれる。

長い間待たせただけの事はありアルバムの内容は素晴らしく、豊作であった今年の日本のヒップホップ・シーンの中でも最高の作品だと思う。

スポンサーサイト


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。