--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒップホップ・ドリーム / 漢

2015年08月17日 21:00



 自伝と共に語られる哲学、リアルの定義。アルバムの表紙で、日本の日常においてまず目にする事の無い拳銃を構える行為、言葉で聴き手を射抜くと殺し屋を演じる行為、それは日常との乖離から表現に緊迫感が無いと。

2.5点 / 5点満点
スポンサーサイト

導~みちしるべ~ / 漢

2011年05月30日 22:00

新宿を拠点に活動するMSCの頭である漢の1stソロアルバム。

2005.1.26 Release

01. 陰と陽(INTRO)
02. 漢流の極論
03. ネタ披露
04. 毒立毒歩 feat. DEV LARGE
05. 余韻
06. 巡回 feat. MSC
07. Take candy from a baby
08. 需要と供給 feat. YOUTH
09. 旋風 新宿路団
10. 覆水盆に返らず 新宿路団 feat. VAL
11. スクラッチ狂
12. 紫煙 feat. MAKI the MAGIC
13. 成るべくして成る漢の考え
14. 破壊と再生 feat. RUMI, KEMUI
15. 一所懸命
16. 無法者(OUTRO)

他のジャンルの音楽でも何かを主張する曲というのはたくさんあるけれど、
歌詞に多くの情報を詰め込めるラップとう手法は、何かを批判するのにとても適している。
HIPHOPの中で支配的な価値観として、偽物と本物を見分けろということが良く言われる。
「俺はドープであいつはワックだ」と歌うのはラップの王道だ。
HIPHOPという文化の成り立ちにも因るのだろうが、HIPHOPというのは批判性の高い
もっと言えば攻撃性の強い音楽なのだと思う。良くも悪くも。

基本的に性悪説に基づいて作られることの多いこの音楽、それを好む人の傾向も同じで
HIPHOPリスナーのブログは批判精神満載の所が少なくない。
自分がHIPHOPを好む理由も同じだ。この音楽のそんな性質に惹かれるのだ。

そんな価値観ど真ん中を行くのが漢だ。
「隣家の幼児虐待に興味無い」とまで言ってしまう身も蓋も無い歌詞全てに共感は出来ないけれど
99パーセントのネガティブの中に1パーセントのポジティブを含ませるやさぐれ加減が良い。
今までの日本語ラップの文脈から離れた斬新なフロウでラップの種類を増やしたのも凄いし
言葉の持つ勢いを殺さず巧みに押韻する高度な技術もそうだが
何より、みんなが言いたくても言えなかった偽悪者な歌詞が素晴らしい。
まわりの優秀なトラックメイカーやラッパーのサポートにもより
ILLMATICのジャケットをパロるだけの作品になっています。




最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。