--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24 HOUR KARATE SCHOOL JAPAN / SKI BEATZ

2010年12月23日 21:00

90年代のHIPHOP黄金期に多数のクラシックを手掛け、現在も通を唸らす仕事を続ける
アメリカの伝説のプロデューサー(らしい)SKI BEATZによる同名コンピレーションの日本バージョン。
R-Ratedが総指揮を担当し、原作のトラックをそのまま使用、
日本の有力アーティストが結集して作り上げた重要な一枚だ。

2010.10.20 Release

01. AMEMURAN DREAM feat. 韻踏合組合
02. GO feat. SEEDA
03. 日本人ラッパー総選挙 feat. 般若
04. 24 BARS TO KILLteat. ANARCHY, RINO LATINA Ⅱ, 漢, MACCHO
05. JAPANESE TOKKOTAI BANCHO feat. TETRAD THE GANG OF FOUR
06. MY CITY feat. GAZZILA
07. HEAVEN’S DOOR feat. RYUZO, B.I.G. JOE
08. RUNNIN’feat. バラガキ, ZEUS
09. REMEMBER SHADOWMEN feat. K.G.E. THE SHADOWMEN
10. ROC RATED feat. ANARCHY, LA BONO, RYUZO
11. MCW (MUCHA CUCHA WARU) feat. TWIGY, DABO
12. FOLLOW ME feat. SMITH-CN
13. HEY TAXI feat. ISSUGI, S.L.A.C.K.
14. 24 BARS TO KILL REMIX feat. DJ TY-KOH, ZEEBRA, D.O., SIMON, SHINGO☆西成

作品をまともに出していない新人は別として、コンピレーションアルバムって
個人名義の作品に比べてアーティストのモチベーションの維持が難しい印象があるのだが、
本家の流用とは言え、SKI BEATZの作品に参加出来ることもあってか、参加ラッパーの鼻息は荒い。

選出されたメンバーはベテランから最近名を上げたものまで幅広いが、
すでに多くの作品を発表している既聴感のあるベテランは複数人を一曲に集め、
新人は一人に一曲を任せており(一部例外あり)新鮮さと安定感のバランスが良い。

生音が多く使用されたSKI BEATZのトラックはトリッキーなものから王道感溢れるものまで幅広いが、
共通するのは「SKI BEATZらしさ」だ。
トラックを作る為の様々な道具や情報が溢れている古今、トラックメイキングで個性を出すのは
ラップで個性を出すよりずっと難しいと思うのだが、それを軽々とやってしまうのは凄い。

歴代の名コンピレーションと比較しても決して劣らない素晴らしい一枚の中でも
お勧めなのは、やはりリード曲M-4「24 BARS TO KILL」。
過去に一度は天下を取ったような新旧カリスマ・ハードコアラッパー4人が気を吐く中、
冒頭のANARCHYが抜群。
彼の2ndアルバム「Dream and Drama」は自分はこけたと思っているし、良い時と悪い時の差が激しいので
同時期に売れたSEEDAに比べてリスナーからの評価が芳しくない彼だが、良い時はホントに良い。
抽象的な表現になってしまうのだが、リリック・フロウ・バイブスから
スター性とゲットー根性を両立させながら撒き散らしている。

YouTubeでは色んなラッパーが「24 BARS TO KILL」のREMIXを公開している。
同じトラックだとスキルの比較も容易で興味深い。

mic02.gif
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト


最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。